≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

 与野党の票数は拮抗しており、これまで自公が選挙協力してきたから過半数以上が取れ、政権の座についてきました。野党が選挙協力しない限り、政権選択にはなりませんし、安倍一強に一定のダメージを与える2/3未満だって困難です。

 希望の党がリベラル排除と言った時点で、野党敗北、与党勝利を宣言したのと一緒です。前原、小池代表が安倍一強を潰すと言っていたのは大嘘です。反自民、反共産では過半数は取れないのです。
 与党が勝利すれば、その援護射撃をした前原と小池代表は、与党の陰のヒーロー、ヒロインです。

 希望の党に移った人が変節したとして大量敗北しそうなのに、謝罪しない前原代表は民進党を全員移れると言って壊滅させた確信犯だと思います。勿論、責任を取って、民進党代表を辞任し参院民進党に交代すべきです。

 解体せず、共産党と選挙協力すれば、少なくとも自公で2/3、単独過半数を阻止し、総裁三選を拒めたのかも知れません。

 与党優勢の報道を見た無党派層や選挙に行かない人が選挙に行き、判官贔屓で希望・維新を除く真の野党に投票することに期待します。
 

スポンサーサイト

 こんな時ぐらいしか、国民は意見を言うことしか出来ません。安倍政権が世論や国民の声を形式的に聞いて実際は無視すると言うやり方では、国民の声は安倍政権の中枢に直に届きません。
 そういう欲求不満があって、演説に遭遇して、国民の溜まり溜まった鬱憤が出たとしても、許されるべきです。むしろ、安倍政権側がちゃんと国民の声を耳に傾けないことの方が、民主主義のシステムとしても、遥かに大きな問題です。
 国民の声を聞かず、一方通行というのが、自公政権のやり方です。安倍政権では最高に悪質で、個人のトップダウン、まさに独裁的手法です。特に、選挙では、演説など、すべて一方通行で、国民の意見を聞く、双方向の場なんて在りません。国民はフラストレーションが溜まるばかりです。政治との距離が離れるばかりです。(自公政権はそれが狙いなのですが)
 
 自公政権は投票数では過半数を僅かに上回るだけです。反対派を的とするのでは無く、過半数を僅かに下回る人々を大事にする政治をすれば、ヤジは減ると思います。反対派(国民の半数近く)を敵とする政治は民主主義を守るならば大いなる誤りです。

 安倍一強をアシストしているのは小池氏と前原氏です。排除で風向きが変わり、前原代表が残念がらないのは、確信犯だと思います。

 自公で投票数の5割強、勝つには共産党を含め一本するしかありえません。非自民、非共産党で過半数なんかで政権を取れるはずもありません。小池商店では瓦解し、後参加組は元の鞘に戻るかも知れません。そうならせないため、前原氏は代表になるのかもしれません。
 希望は維新と違い、9条改正反対と言っていました。公明党もそうなので、9条改正は難しくなりそうです。

 争点無しに与党が勝てる選挙をする、途中で公約の実現度合いも不明で公約の意味を台無し、突然のため野党が準備を出来ていない、そのため真っ当な議論を国民に提示できない、野党の力を削ぎ野党を弱体化させ離合集散を促す、争点が無いと選挙に行かない、全て民主主義とは真逆の、弱肉強食の卑怯万歳の戦国時代です。

 立憲の枝野氏は民主主義にとって、至極、真っ当なことを言っています。
 国民の政治的な賢さを高めることが、国力を高めることに直結します。与野党、十分準備して、全ての議論を国民の前に提示して、正々堂々t、公明正大に、選挙を行うべきです。それが民主主義を高めると思います。
 この国は政治的には後進国です。

安倍一強に2/3を与えないために、選挙に行きましょう。

 自画自賛する前原民進党代表、船底に穴を挙げて、自分を支持した人だけに救命ボートを出したが、他は見捨てた船長の言う台詞でしょうか。
 解体させた代表としては所属議員(落選中も含め)が全て議員に戻れるようにするのが務めなのに、立憲民主党で出馬する候補には刺客を送る刺客を送られない著名で無い無所属候補は苦戦を強いさせるなんて、小泉・小池的な無慈悲な右翼的体質です。

 前原氏は100%否定の小池氏が選挙に出るかも知れないと、希望の党を援護射撃をしています。選挙後、希望の党に入党し、功労者として要職に就くのでしょう。

 希望の党は首班指名となる人を公表すべきです。小池代表は選挙後は代表を辞め、知事に戻るでしょう。
 希望の党の立ち位置が第2自民党で、自民党内の反安倍派と手を組んで、第1自民党を狙っているように見えます。
 ただ、民進党出身者は、音喜多議員たちのように、小池独裁に反旗を飜し、小池氏の目論見通りには行かないでしょう。

 希望の党、立憲民主党がテレビを独占し、安倍自民党がテレビから遠ざかっているのは、テレビの影響を考えるととても良いことです。

 立憲何とかは失礼千万、自民党よりもリベラル政党を敵視しているようにも見えます。普通は立憲より民主党の方が覚えやすいので、何とか民主なら分かります。これは完全に意図的で、性悪です。

 多大な犠牲を払い持参金まで持ってきて希望の党に大きく貢献する民進党出身者より、維新の会を選ぶ、希望の党から出馬しない民進党出身者に対抗馬を立てる、民進党への国民の金(政党助成金)を根こそぎ持って行く、人後にも劣る行為です。

 安倍首相、菅官房長官、小池知事など、競争や戦いが好きなタカ派の政治家ほど、人格が劣悪に思います。逆に優しい国づくりを目指すリベラル派の政治家は気が優しいような気がします。
 国民は正直者で優しい人より、威勢の良いケンカ好きな人を選ぶ傾向があるように思います。威勢の良いケンカ好きが信頼、安心に変わってしまい、その導く世の中に耳を傾けようとせず、イメージで決めてしまうのでは無いかと思います。

 小池知事は未だまとまった成果は出していません。度胸が良いことだけで、何かしてくれるかもとの期待度で上がっているだけです。化けの皮が段々剥がれて幻滅に変わってきます。

 今朝のモーニングショーは小池政党が標的となって、偉くスムーズでした。田崎氏は立憲民主党が小池政党の勢いを削ぎ自民党が有利になることに、玉川氏たちのリベラル派の受け皿への期待で。船に穴を開けたのが前原氏はまさにそのとおり。
 候補者数から見ても、小池知事は選挙には出ないでしょう。政権選択というなら、小池党は誰を首班指名するのでしょうか。

 候補者が半分超では政権交代は無理です。若狭氏が暴露したように次の次、政権交代は狙っていません。選挙後は、リベラル派排除から野党連携で過半数を狙うこと無く、維新と同じ「ゆ」党です。
 次の次で人数を増やし、自民党に総理と引き替えに合流するのでしょう。

 音喜多都議が離党の動きです。小池知事の独裁政党が馬脚を現し、失速は見え見えです。明らかに、言論統制、密室決定など、小池知事の政党運営は民主主義でなく独裁的です。次も次の次は無いでしょう。

 民進党と違って、安心してリベラル派に投票できます。リベラルの受け皿が出来て良かったと思います。意外と票を集めるかも知れません。
 発起人が6名ですが、もっともっと雪崩を打って増えて欲しいものです。自由党は希望に合流するのは誤りです。山本太郎はこちらに来るでしょう。
 枝野氏の記者会見では立憲民主党の宣伝をして欲しかった。

 小池代表の選別騒ぎで、希望の党の勢いは減衰しました。リベラル派も丸抱えなら候補者も確保でき資金も連合もで拡張し続け、野党が割れず、政権交代できたかも知れませんが、保守右派で小さくまとまろうしている今、総理の目は無く、小池代表は出馬せず、選挙が終われば代表は辞め、都知事専念になるでしょう。4年後の総選挙では希望の党の出来損ないがばれて、保保対決では無理となり、もう女性首相の芽は無いでしょう。
 個異形の狙いは自公で2/3よりもっと少ない議席に追い込み、憲法改正で希望の党を自民党に売りつける代わりに、次期総理を狙っているのかも知れません。

 前原代表は全議員が合流する幅広い政党と言って一任を取り付け、リベラル派を騙しました。これで選挙区に対立候補を出され、資金は全く分配無しとなれば、前原代表は極悪非道の人です。血も涙も無い小池代表と同類です。

 民進党のリベラル派は国民の3割(もっと多いはず)のリベラル派の受け皿となるべく、新党を立ち上げるべきと思います。過去を反省した上で、名は民主党が良いと思います。
 小沢氏が希望の党への合流はこうなっては意味がないと思います。民主党に合流し、社民党も含めリベラルの結集を期待します。

 民進党保守派は小池新党より、自民党左派や公明党に近く、小池新党とくっつくのは無理があったと思います。

 安倍首相は国難突破解散と言いますが、少子高齢化や北朝鮮問題は今に始まったことでは無く、今だけが国難ではありません。
 少子高齢化、北朝鮮問題は殆どの期間、政権を担当してきた自民党政権の対応の失敗、失政です。誰が作った危機、笑わせます。
 国難突破解散ではなく、もりかけ事件や独裁的な政治等、実から出た錆を払拭し、憲法改正のための任期4年を確保する、自分の災難突破解散と言えます。

 安倍首相は小池新党を見誤りました。小池政治・小池新党の化けの皮が剥がれる前に解散に打って出たのは大誤算でした。

 年齢から見て小池都知事が総理になる目は無いと思っていましたが、ホップ、ステップ無しのジャンプ、いきなり女性総理になる、驚天動地の民進党の合流、こんな手があったとはびっくりです。お金、組織、候補者を手に入れ、政権選択ができる2大政党になるとは。都知事を辞めて総選挙に出るしかありません。

 野田聖子議員を後継の都知事に指名できれば、自民党は割れますね。勿論、野田議員は希望の党の後継者です。

 前原代表は名を捨て実を取ると言っていました。与党だった小池派(保守)と野党だった民進党保守派(中道保守)は考えは違います。新人ばかりの小池派と経験者ばかりの民進党出身者とのせめぎ合いが始まります。安保の踏み絵や総理・代表者の排除、小池派の数的有利など、小池派は仕掛けています。

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。