FC2ブログ
≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が、underestand の意味を誤解したと釈明した。

アメリカがGsomia破棄を踏みとどまるよう、何度も説得しているのに、破棄を了解したという解釈は、流れから見るとあり得ません。

苦しすぎる言い訳です。

韓国と協議し、共同発表で無く、別々の発表の場合、韓国の言うことは信用できません。

もっと、まともな国になって欲しい。

スポンサーサイト



 安倍首相がウインウインと言っていました。何処がでしょうか。
 アメリカは農産品のTPP並み関税引き下げでウインですが、日本は自動車関税ゼロは実現せず、何処がウインなんでしょうか。

 米中貿易戦争で、対中農産品輸出減で、農家票が逃げるので、日本が農産品を勝って上げて、トランプを助けて上げたことになります。

 見返りに何か、得することを確約して貰えていないとしたら、お人好し過ぎです。対等でない、ポチ外交です。外交の安倍はどの辺がそうなんでしょうか?

 そもそも、最初から農産物はTPP並み、最初から譲歩していては、交渉になりません。馬鹿すぎます。

 おまけに、米朝貿易摩擦で、中国が買わなくなった余ったトウモロコシを買って揚げる、何処までもお人好しなんでしょう。

 このトランプ政権がもう一期4年続いたら、日本にとっても、世界にとっても最悪です。それに手を貸すなんて、安倍政権は国益だけで無く、世界益に反しています。

 林市長が将来に危機感があるから、カジノ誘致と言っていましたが、横浜がそんなくらい未来しかなかったら、他の都市はどうなるのでしょう。
 他の地方都市に譲るべきでは無いでしょうか。ギャンブル会社は大都市しか関心が無いのですが。

 経済的に、統合型リゾートが必要というなら、カジノ抜きのがあってしかるべきです。カジノ無しのIR推進なら賛成します。

 ハマのドンがカジノは瞬殺、だから反対と言っていました。パチンコだけで無く、公営ギャンブルはいっぱい、宝くじも、十分でしょう。瞬殺は入りません。

 そもそも、多数のお金を掛けさせて、胴元が取り分を取って、勝者に残りを分配し、敗者はゼロ。こんなことがまともな生産活動とは言えません。ギャンブルの構造自体反対です。
 人生はギャンブル、そこに命とお金を掛けて下さい。

 徴用工問題は1965年の日韓協定で解決済みです。個人補償も韓国政府が任せてくれと言うことで、約束したのです。そして、疑義が生じた場合も解決方法法も知らされているのです。
 時代が変わったから、政権が変わったからと言って、約束を守らないのは国際法違反です。おかしいというなら、日韓協定に基づき、解決すべきです。

 日本政府の呼びかけに無視を続けました。それも協定の手続きに従って。それでも文政権は無視続けました。最高裁の判決には介入しないと言ってです。田中均氏は、国内法と国際条約が齟齬することはあり得ること、国際条約を優先するのは当たり前のことと言っていました。
 最高裁判決は日本に飲ませる言い逃れに使っただけです。日本と相談せず、一方的に飲ませようとしたのです。

 安倍政権はこんな文政権の低次元のやり方を真似し、報復と取られる形で安全保障三品とホワイト国外しを行いました。日本都市疎通したくない文政権が原因で、正当な行為ですが、参院選前と報復に映ることになりました。
 文政権は、まるで輸出規制のように貿易戦争と煽り、国民の潜在的な反日意識を煽りました。反撃したことが、文政権を助けたことになりました。
 今度は逆に、正論なのですが、ホワイト国外しは協議することでは無い、自国で決めることと、文政権を無視しました。

 文政権がやったそのまま、安倍政権がそのまま返しました。
 日本が先進国と思うなら、文政権と歩調を合わせた低レベルの争いはすべきではありませんでした。
 反日教育を受けた、恨の炎を燃やすい韓国民に油を注いだように思います。

 文大統領は就任の時、パク政権で日韓合意の慰安婦の基金を見直すこと、GSOMIAを再検討することを公約に挙げています。敢えて公言すると言うことは、慰安婦の基金の解散とGSOMIAの破棄を意味しています。

 慰安婦の基金の解散は既に実現しました。残るGSOMIAは北との戦争終結時には解消する予定でしたが、良い口実ができたので、早めただけです。
 パク政権が進めたことを全否定するのが、文政権の存在理由です。積弊清算が文政権の1丁目1番地です。韓国内の親日派だけでなく、日本の排除が目的なのです。
 歴史教科書でも漢江の奇跡を削除しました。歴史の改竄も手段の一つです。目的のためには、嘘もつくし隠蔽もする改竄もする、手段も選びません。愛国無罪と言っているかに聞こえます。
 もうリベラル政権とはほど遠く、むしろ北朝鮮や中国と同じ独裁政権に近いです。

 レーザー照射に見るように、日本の自衛隊とは組みたくない、日本はお断りなのです。将校の日韓交流も破棄しました。

 アメリカが何度もGSOMIAの継続を促しました。GSOMIAは対北朝鮮だけで無く、中国、ロシアに対して、三国の連帯協力を象徴するシンボルです。北と和解したからと言って、不要になるものではありませんし、GSOMIAの無かった2016年以前に戻るだけというのも誤り、東アジアの状況は変わり不安定に傾いています。アメリカが了解していると嘘まで言って、破棄しました。

 理由がホワイト国外しで信頼が無くなったというものです。
 そうでしょうか、渡りに船なのでは無いでしょうか。就任時から日本を無視続けた文大統領は、日本を切る最高のきっかけ、今しか無いと考えたと思います。

 対抗措置というなら、日本のホワイト国外しに対して、韓国もホワイト国外しで返したので、五分五分です。さらにGSOMIAの破棄、その前の、WTOへの日本悪しの訴え、韓国民を煽って起こった不買運動や日本旅行反対運動の容認、オリンピックや輸入品への放射能の言いがかり、意趣返しのオンパレード、完全に文政権は異常な政権です。

 7月に韓国を訪れた日本人は前年同月比20%増です。韓国製品の不買運動や日本旅行反対運動は起こっていませんし、市民交流も日本側から、報復的な中止や延期は無いと思います。

 声の大きいネトウヨは騒いでいますが、殆どの日本人は至って冷静、理性的です。

 今を生きることに重きを置き、歴史に過度に縛られない、バランスの取れた、成熟した国民、誇りに思います。

 車は命までも奪う凶器です。煽り運転はその凶器を振り回して、威嚇しているのと同じことです。振り回された側は恐怖でしかありません。
 煽り運転そのものを適切な罪に問う、早急な法制度整備が求められます。

 高級官僚だから優遇措置を行った疑いが拭いきれません。
 他の事件と比較し、逃亡の恐れが無い、証拠隠滅の恐れがないという特例を適用した具体的な説明を警察がするべきです。

 むしろ人権を重視して、逮捕要件を具体化して、逮捕は特例にして、もっと緩和に動くべきでは無いかとも思います。

 高齢で足が動かないから、踏み間違いをし、重大事故を起こし、上級市民で、老化しすぎて逮捕されず、仮に、急速に頭の方も老化すれば、禁固刑を受けないことにもなりかねません。
 2人死亡で7人重軽傷、誰も責任を取らないことがあってはなりません。何らかの法整備が必要ではと思います。

 日韓を分断する八代弁護士は論外ですが、JOC山下会長の「逆にあのような質問が出て良かったと思う。他国の人も同じように思っていたかもしれない」は神対応の発言です。

 徴用工に言及しなかった文大統領のトーンダウンの発言直後に、東京五輪の放射能脅威発言は絶対、妥協しないという意思表明に感じました。
 報復のためには関係のないことでも使うのだと思いました。それも国際の場で日本をディするのだと。少女像と同じ思考・行動です。
 また風評被害に苦しんでいるのに、福島県産と名指しで言明したことも、弱者に配慮しない表現でした。
 これで謙韓の人が増えたと思います。文政権のやり方は間違っています。

 理性より感情を優先する韓国は勢いで、GSOMIAを解消するかもしれません。アメリカに止められるのは火を見るより明らかで、弱腰と見られないための国民へのパフォーマンスなんでしょう。

 安倍首相の敵イコール味方では無いと思います。物事によります。

 ホワイト国外し・不買運動も含めて、拡散複雑化せずに、原点である徴用工問題だけに戻って、話し合うべきです。経産省は協議に応じるそうなので、日本側は柔軟になろうとしています。

 韓国研究のアメリカの研究者が言うように、国際法を守り、尊重するには、戦後補償で大発展した韓国企業(財閥)が徴用工の補償するしか方法は無いと思います。
 田中均氏が言うように、国内法より国際法が優先するため、最高裁判決があっても問題はありません。

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。