≪ 2018 06   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2018 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

<林文科相>カンヌ最高賞で祝意を 是枝監督は辞退表明
 答弁を受け、是枝監督は同日、HPに「『祝意』に関して」と題した文章を掲載。今回の受賞を顕彰したいという自治体などからの申し出を全て断っていると明かした上で「映画がかつて『国益』や『国策』と一体化し、大きな不幸を招いた過去の反省に立つならば、公権力とは潔く距離を保つというのが正しい振る舞いなのではないか」とつづった。

 スポーツ・文化などで、世界的な賞などを貰うと、受賞を純粋に国で祝うというだけでなく、政権浮揚・イメージアップ等、政治利用するのが習慣になりつつあります。
 特に、安倍政権では、受賞者が断れないことを良いことに、自分が割り込んで、受賞者よりも安倍首相が目立つような演出が行われ、首相の人間性が反映し、より露骨になっています。
 
 北朝鮮のプロパガンダ映像を見ても、時の政府に利用されないよう、政治と距離を置くのは、賢明な行為です。
 一部の芸能人のように、政府に近付いて、互いに利益を貪る人たちから見れば、賞賛に値します。

 アメリカでは直接、トランプ大統領を批判する有名人は居ますが、そういう人は政府が目の敵にして、報復するため、恐くて日本では殆どいません。マスコミも圧迫を恐れ、出演を見合わせ、自己抑制します。
 日本には、政権批判の壁が存在する偽民主主義なのです。

 映画は見ていませんが、物事の表層では無く、深層まで抉って、多面的な視点で、ことの真実に迫るのは素晴らしいことです。
 無差別殺人が起きると、監視カメラなど対処療法に終始する放送ばかりです。事件の背景、社会との関係など、発生そのものを無くす視点が必要で、その為には社会はどうあるべきかが大事だと思います。
 それが公器で放送する意味だと思います。

スポンサーサイト

首相「拉致は北朝鮮と直接、解決しなければならない」

 安倍首相の脳みそは空っぽかな、羞恥心はあるのかなと思います。拉致問題は日朝の問題で、直接交渉が絶対条件であることは、馬鹿でも分かることです。
 解決のため、先頭に立つと言いながら、それも最重要課題と言っているのに、アメリカに大金をはたいて口を利いて貰って、己の行動力の無さに恥ずかしく無いのでしょうか。それもあろう事か、自慢げに言う、羞恥心は無いのでしょうか。
 仮定の質問には答えないという逃げ口上や決まったフレーズを繰り返すことに終止し、先が読めなくない体質になっています。

 そもそも北の核開発はアメリカの核の脅威に対抗するためのものです。何故、日本と韓国が廃絶の費用を持つ必要があるのでしょうか。アメリカが支払うべきと、ちゃんと言うべきコトを言えない、根性無しのポチ、安倍首相です。
 日本はアメリカの属国根性丸出し、自分より弱い国に威張るほどのものでは在りません。未だ自立をしていません。自立を目指す文在寅韓国大統領とは大違いです。
 自立という点では、中米韓露の中で上手く振る舞う北朝鮮よりも劣ります。

 人権や法律違反など、ならず者国家などと北朝鮮を蔑みますが、戦時中、封鎖された日本もあまり変わらなかったように思います。
 上から目線は止めた方が良いです。

 今回の経緯で倍ほど違う若造の金委員長よりも、安倍首相の度胸・決断力の無さ、ケツの穴の小ささがよーく分かりました。

加計問題「疑惑は晴れていない」83% 朝日世論調査
 安倍内閣の支持率は36%で前回調査(4月14、15日)の31%からやや回復した。

 今年の秋に自民党総裁の任期が切れる安倍首相に、総裁を続投してほしいかも尋ねた。「続けてほしくない」は53%(3月調査は53%)で、「続けてほしい」33%(同31%)を上回った。自民支持層に限ると「続けてほしい」62%、「続けてほしくない」28%。

 「辞任する必要はない」と答えたのは、若い世代で目立った。男性は40代以下、女性は30代以下で「辞任する必要はない」が、「辞任すべきだ」を上回った。女性の40代以上は「辞任すべきだ」が多く、女性の60代では60%に上った。


 友人を特別に、利益供与した事実を隠すために改竄したり、嘘を付いたり、戦闘地域に自衛隊を派遣したのを隠すために、日報を隠蔽したり、経営側が望む裁量労働実現のために資料を捏造したりしていました。
 これまでの法案でも、同様のことをしたのでは無いかと疑われます。事実では無く、嘘や虚構で政治が成り立っているのは、これは民主主義の危機です。
 今国会の重要法案である働かせ方改革でも嘘がある可能性があるし、北朝鮮の問題でも、嘘を付いている可能性は大きいと思います。一言でいうと、安倍政権はもはや信用できないのです。
 国民はこの重大さが分かっていません。民主主義を勝ち取ったのでは無く、アメリカから与えられた日本の民度は、韓国以下です。
 だから、喉元を過ぎれば、支持率が回復するのです。

 麻生財務相に対して、世論は甘すぎます。時代錯誤の政治家をのさばらせて、恥ずかしく無いのでしょうか。男尊女卑を肯定するかの日本の民度が低すぎます。
 辞任の必要が無いという女性差別容認が若い世代で多かったのは、女性差別解消に関心が無いことを窺えます。この国の行き先が思いやられます。

 愛媛県から、安倍首相(総理)の関与が証拠となる資料が見つかりました。見つかる資料全てが、安倍案件であることを示唆しています。どんどん腑に落ちていくのです。
 加計理事長と総理が面会し、獣医学大学のゴーサインが出たということで、その後、実現に向けて、秘書官が実働部隊として調整に乗り出しました。

 安倍首相は官邸の記録に無いと言いますが、加計理事長との面会はたった15分です。仕事を終えてから、会うことは十分可能です。

 会ってないとする加計理事長の証人喚問を勝ち取るため、野党5党(維新は非野党)が協力して、命がけに戦って欲しいものです。
 モリカケ以外が大事というマスコミの宣伝に惑わされず、貫いて欲しいものです。

与党、愛媛知事の国会招致拒否
柳瀬氏の報告受けず=加計面会「問題ない」-安倍首相

 一点の曇りは無いと思っているのは、考えられる人は全て、ネット右翼でも可笑しいと思っている人はいるでしょう。
 安倍首相が加計学園のために、加計学園の歪な形に合わせて、岩盤に歪な形の穴を開け、加計学園が通り抜けたと大半の人が考えているでしょう。
 八田氏など、御用学者を選んだ審議会なんか、真っ黒けのけ、チェック機能なんかゼロです。

 そもそも、最後の獣医学新設が、国家戦略特区に適用されること自体、不自然です。岩盤規制突破=国家戦略特区ではありません。これを認めることにより、日本の成長戦略に貢献し、国家全体の経済に好循環をもたらすことにあります。加計学園はこれっきりで有り、恩恵は地元中心で、国中に影響を及ぼし、同様な経済活動が活発化するものではありません。
 経済特区で認められなかった加計学園を、安倍首相在任中に、無理やり国家戦略特区に当て嵌め、手取り足取り指導し、認可して上げたのです。

 自分のやりたいことを通すため、嘘を付くわ、隠蔽するわ、改竄するは、捏造するは、これは民主主義にとって、どれほどの危機か、与えられた日本国民には、重要性や危機感が理解していません。
 シロアリ(安倍政権)が蝕んだ土台に、柱や梁を建てても、屋根を掛けても、ちょっとの地震で倒壊です。
 土台を丈夫な土台に取り替えないと、安全で快適な家とはなりません。

 自公だけでなく、維新も含めた投票率を見るば、共産党を含めた野党協力をしないと、勝ち目どころか、2/3以下に追い込めないのは火を見るよりも明らかです。
 国民民主党が共産党とも共闘が出来なければ、自公を利するだけです。国民民主党が利口か馬鹿かがキーになります。
 連合も労働者のためという一段高い見地から、井の中の蛙状態の矮小化した共産党敵視政策を改め、共産党と力を合わせるべきです。


 共産党員に事実上、共産主義では無いので、名前を変えれば、もっと支持者が増えるのにと言いましたが、頑なに否定されました。

麻生財務相「セクハラ罪という罪はない、殺人とは違う」
 財務省の福田淳一・前事務次官のセクハラ問題について、麻生太郎財務相は4日、訪問先のフィリピンでの記者会見で「1対1の会食のやりとりについて、財務省だけで詳細を把握していくことは不可能だ」と述べ、調査を打ち切る考えを改めて示した。
 財務省は4月27日、福田氏のセクハラを認定して処分し、調査を打ち切る方針を発表。女性社員が被害にあったというテレビ朝日は調査の継続を求めていた。
 しかし、麻生氏はセクハラの認定については「セクハラ罪っていう罪はない」「殺人とか強(制)わい(せつ)とは違う」などと発言。「(福田氏)本人が否定している以上は裁判になったり、話し合いになったりということになる。ここから先はご本人の話だ」とした。
 調査を打ち切ることについて「いくら(調査結果が)正確であったとしても偏った調査じゃないかと言われるわけですから。被害者保護の観点から(調査に)時間をかけるのは、かなり問題がある」などと説明。処分の理由については国会審議への影響のほか、「役所に対しての迷惑とか、品位を傷つけたとか、そういった意味で処分をさせて頂いた」とし、財務省としてセクハラを認定したことは挙げなかった。


 馬鹿に付ける薬は無いと言う、差別的な諺がありますが、麻生大臣に相応しいと思います。地位の極めて高いものが、情報が欲しければ、酒の相手をしろ、下ネタ話につきあえ、性的交渉に応じろ、これを世間の皆が許していないのが、分かっていません。
 この事務次官はテレ朝の女性以外にも、セクハラ行為をしていたと言われている。セクハラ対策をするには実態の究明が大事です。勿論、被害女性たちの人権、プライバシーを守ってです。
 調査の中止は、隠蔽体質の現れであり、セクハラ対策に熱意が無いものとみられます。

 セクハラが罪で無ければ、辞任させるのは可笑しいです。世間が騒いでまともに行政が出来ないということは、罪では無いですが、セクハラという行為はそれも官僚トップによる地位を利用してのセクハラ行為は、罪になって辞任するほど、重いことであると意味しています。

 セクハラを軽視する財務大臣が、続投して、セクハラ防止対策など出来ようはずもありません。
 モラルを破っている人が陣頭指揮をして、モラルを守るなんて、非常識も甚だしい、即刻首にして、セクハラに理解ある大臣に変えて、セクハラ対策を講ずるべきです。
 麻生大臣は首、それが先進国の常識です。


<加計問題>柳瀬氏、面会認める意向 国会答弁へ
 柳瀬氏は、面会の有無が国会で問題になった昨年7月、職員らと会った可能性を周辺に認めていたことが明らかになっている。名刺交換しなかったため、記憶がないという。
 自民党幹部は1日、柳瀬氏の4月10日のコメントを踏まえ「愛媛県や今治市の職員は加計学園関係者の後ろにいたから、記憶に残っていないのだろう。学園関係者との面会を認めても、うそをついたことにはならない」と述べ、従来の説明との整合性はとれるという見方を示した。


 審議拒否が効いたようで、柳瀬元秘書官の参考人招致を官邸は認めました。しかし、米国への飛行機の中で、十二分に口裏合わせをし、準備万端で来るでしょう。
 立民の辻元国対委員長は世論を気にしてか、参考人招致でもとなって、弱腰になりかけています。
 参考人招致で嘘を付かれたので、2度目は偽証罪に問われる嘘がつけない証人喚問が絶対条件と言うのが常識で有り、絶対に引くべきものではありません。

 単なる審議拒否も緩く見えてしまうので、国会の前で、ハンガーストライキをやり、必死さを国民に訴えて、マスコミに加計ニュースを継続させるような戦術をとるべきです。
 野党支持が減るとみての中途半端な行動は、むしろ結果的にはもっと支持が減ります。性根を据えて、命がけで貫き通さないと、民主党政権の二の舞です。

 嘘を1年も付かれ、その間に嘘を下に総選挙が行われてきた、そういう嘘を土台にした政府法案を、審議は出来ないと強力に主張すべきです。嘘を付かない国会にするには、モリカケを始めとする嘘の真相、背景を明らかにすることが大前提ですと国民に訴えるべきです。

 国会招致となった場合、恐らく、会合は思い出したが、首相案件は覚えていないと貫き通すのだと思います。
 愛媛県の担当者も招致して、返答を対比させ、記録と記憶のどちらが正しいか、国民にアピールすべきです。
 愛媛県もに、国会に呼ぶよう要求すべきです。

 証人喚問となった場合、野党の質問は自分らで考えるのでは無く、攻め方は弁護士のアドバイスに完全に委ねた方が良い結果が出ると思います。それも、佐川氏のように嘘を付いていることも考慮に入れた対応が必要でしょう。

「安倍政権は一切取り合うな」と平壌指示——北朝鮮問題で日本孤立浮き彫り
 同消息筋によると、平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会式(2月9日)に出席した安倍首相は、北朝鮮代表団の金永南・最高人民会議常任委員長との立ち話で、「平壌宣言と(拉致被害者らの再調査を約束した)日朝ストックホルム合意に立ち戻ろう」と呼び掛けたのに対し、金議長は「謝罪と賠償が先」と取り合わなかったという。

拉致問題への言及は、日本政府は慎重に見守る姿勢

 対話と圧力と言ってきたのが韓中露、圧力時々対話が米、圧力一辺倒が日本、北朝鮮にとって心証がとても悪いです。
 韓米日の中で、最も敵対関係に無いのが平和憲法を持っている日本、ケンカを買って出た格好です。
 おまけに、韓米に拉致問題を喋って貰うのに、米韓に借りができてしまいました。
 これらを見ると、安倍外交は明らかにマイナス点であり、国益を損なっています。

 国難選挙という名の付け方を例にとっても、自らの保身のために、北朝鮮情勢を緊迫化させて利用しました。
 何処に外交が上手でしょうか。自らの政権延命に利用した最低最悪のリーダーでしょう。

 拉致問題は最大の課題では無く、非核化と平和協定が進めば、自ずと拉致問題が解決します。
 拉致問題のアピールが敵対心を煽り、逆に解決の足を引っ張っています。
 平和への道のりを早めることが、拉致問題の解決を早めることです。
 拉致被害者の情報は全て北朝鮮が握っているのですから。
 北朝鮮が参りましたというシナリオや、戦争して北が敗北するシナリオしか圧力での拉致問題解決は無いのですから、そもそも安倍政権のミスリードです。

 日本が積極的に戦後補償をカードに使わない限り、プレイヤーには所詮なり得ません。
 負の遺産である戦後補償をハッキリ口に出したくないのなら、蚊帳の外は当然ことです。

 嘘つきに過剰反応する安倍首相、レッテル貼りに敏感に反応しています。自分がイメージ操作を専売特許としているので、余程堪えるようです。もっと、嘘つきを連呼し、国民へのイメージを焼き付けましょう。安倍首相が反応すればするほど、潜在意識に擦り込まれます。

 嘘つきの証拠は愛媛県の備忘録ではなく、知事も認めた公文書です。官邸での記録を、翌日、農水省、厚労省、文科省への、安倍首相が自ら推している首相案件だと陳情したのでしょう。その後、知事へのレク用に書き直したものです。
 嘘つきの証拠は示されているので、嘘つきで無い証拠は安倍首相が示す責任が在ります。それも証言では無く、当時の公文書でです。

 嘘を付いているのは安倍首相か愛媛県かと問われ、マスコミや評論家たちも、口ごもったり、公然と安倍首相と明言しません。誰が見ても分かる答なのに。
 これが報道の自由度72位、政治の民主化度46位の日本の情けない実態です。

 公文書管理の法案検討に入るそうですが、事実を解明しないで、何が原因か分からないのに、対策も立てられないのに、法案検討は早計で、何故改ざんしたのか、隠蔽したのかを解明して、原因が分かってからです。

 官邸が官僚の人事だけで無く、重要政策も官邸で決定し、トップダウンで降ろし、官僚の進言も許さず、官邸の強引な決定に無理やり合わせるために、改ざん・隠蔽が行われるのです。

 政治主導では無く、官邸主導に問題があるのです。決定まで多くの様々な考えの人が関与する民主主義では無く、一握りの偏った考えの官邸だけで国づくりが決定することなのです。

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。