FC2ブログ
≪ 2010 03   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2010 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 あら~逆事業仕分け?張り切る自民党』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

毎日新聞 自民党:「逆仕分け」で攻勢 選対に若手起用
 自民党は週明けから与党時代に設置した政務調査会の「無駄撲滅プロジェクトチーム」(河野太郎座長)を再起動させ、政府の10年度予算を「逆・事業仕分け」する。また、今夏の参院選を挙党一致で戦うため現行の選対本部を組織改編し、中堅・若手議員を積極登用する方針。執行部は両院議員懇談会を機に党内対立を収束させ、ようやく反転攻勢に打って出る構えを示した。
 「逆・事業仕分け」は5、6両日に実施。子ども手当(厚生労働省)▽高速道路無料化社会実験計画(国土交通省)--などを対象にする。大島理森幹事長ら幹部が「仕分け人」に加わる。
 一方、選対の新組織は、中堅・若手も役員待遇になり、参院選のキャッチコピーや遊説の企画・立案などを担当。政権公約作りにも関与する。
 谷垣禎一総裁は1日の両院議員懇で「人事を大きくいじろうという考えは毛頭持っていない」と述べ、参院選前の執行部交代を明確に否定した。
 党運営に批判的な舛添要一前厚生労働相を新組織の主要ポストで処遇することを検討しているが、舛添氏は就任を拒否する意向だ。舛添氏と与謝野馨元財務相はこの日の懇談会に姿を見せず、谷川秀善参院幹事長は「ご予定があったのかどうか知らないが、来なきゃあかんわね」と不快感を示した。【木下訓明


与党が、前政権の政策を仕分けをしても、予算がひねり出すのは、財源を得るのに、極めて有効な方法ですが、野党が政権党の事業を仕分けしても、事業が無くなるわけでも予算をカットできる訳もなく、何の拘束力もありません。
自民党が政権のマニフェストの主要事業への批判は、既に国会で常に追及し問題を指摘していおり、今更何で、新たに事業仕分けする意味が分かりません。
仕分けをネット中継するそうで、単なるパフォーマンス政治、ネガティブキャンペーンに過ぎず、国民を小馬鹿にしているとしか思えません。

他人の欠点を見つけ、罵倒するより、己の欠点を見つけ自覚し正すことの方が先です。
それの方が国民の信頼を得ます、
特に、先に政権を握っていた自民党は、自らの失政がたたって、政権を奪われたのだから、何故、選挙に敗北し、下野したかを反省し、総括することが大事で、真っ先にすべきことです。
その分析に基づいて、自民党が考える国の基本政策を策定すべきです。
民主党のマニフェストを仕分けするより、自らのマニフェストを仕分けするのが先、本末転倒です。

政権の座を離れ、支持団体が離れ、政治献金が激減し、慣れない金欠病で、短期での政権還りに必死なのでしょう。
理念やビジョンがないまま、政治と金、普天間、民主党マニフェストを批判するのは、低次元のネガティブキャンペーンにしかとられません。
急がば回れ、自民党の理念やビジョンを定め、対案の政策を作ってこそ、政権党を批判できるのを分かっていません。
民主党が政権に付く前に、予算委員会でも、党首討論でも対案を示したことを自民党は覚えていないのでしょうか。
小泉・竹中氏の新自由主義政治を総括し、新自由主義を旗印にするのか、党が纏まるのか、党の方向を定めるべきです。
新自由主義の総括から逃げていては政権は取れません。

日本の政治はいつまで経っても、表面上の議論で堂々めぐり、本質的な話になかなか入りません。
マスコミも誰と誰がくっつく、離れるなど、人の話ばかり、基本政策の話はありません。
政策より政局ばかりです。
議員たちもまた同じ、人のことばかり、政策の話はありません。
日本人が自分の意見を言わないという習慣がこういう状況を招いているのかも知れません。
情けないぐらい、日本政治の中味は進歩しないですね。


昨日の記事に引き続き、『まるこ姫の独り言 こんな党首討論はいらない!党首討論の限界だ』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

マスコミはどちらかが何点とか、自民党の舛添氏の谷垣氏の評価とか、民主党の誰か名前を明らかにせず、評価はどうだかと言って、ただただ煽っています。

党首討論は正式には、国家基本政策委員会の合同審査会で行われる議論の形式で、国家基本政策委員会は個別の法案についてではなく国の基本政策について討論する委員会だそうです。
前回の政治と金も、今回の普天間基地移設問題も、国の基本戦略ではありません。
政治と金は個人の問題であり、普天間問題は喫緊の問題であって、国の基本戦略を問うテーマではありません。
マスコミは触れませんが、全く評価に値しない内容です。

普天間問題も政治と金も、衆参の予算員会や関係委員会で、耳にたこができるほど議論してきています。
おまけに、攻める野党、守る与党、討論でなく質疑応答で、予算委員会等の焼き直しをみる思いがし、違いは演者の演技力の差しかありません。
印象でもって判断を左右する国民を意識しているのが見え見えです。
語気の強さでもって、評価するなんて、片腹痛いです。

党首討論は、日本の国家の基本戦略や将来ビジョンを討論して、与党、野党の違いを国民に示すべきです。
普天間問題そのものではなく、普天間問題を解く根本にある、今後の日米関係・安保、アジアとの関係、防衛などのテーマにすべきです。
しかし、自民党には、纏まった基本戦略など無いように思います。
谷垣氏、与謝野氏、と新自由主義者の舛添氏では、かなり方向性が違うようです。
自民党が党首討論をしたいのなら、自民党が描く将来ビジョンや基本戦略を定めるのが先です。
それがないから、ただ批難するばかりの自民党に支持が集まらないのです。
その前に、長期政権の失政の総括を国民に向かってする必要がありますね。


1月11日のエントリーですが、新聞などで取り上げられているのを見て、エントリーし直しました。

偶然掛けたラジオから聞こえてきた曲を聞いていくうちに目頭が熱くなりました。
おばあちゃんが言った『トイレには それはそれはキレイな女神様がいるんやで』の言葉に何故かじっと来て、どうなるのかと最後まで聴き入っていました。
ふるさとというか、懐かしさというか、暖かさと言うか、そんな感情がこみ上げてきます。
題名が『トイレの神様』、唄うのは兵庫県出身のシンガーソングライター植村花菜さんです。

植村花菜オフィシャルサイトに歌詞が載っていました。
YOU TUBEで、FMに初登場したときの『トイレの神様 植村花菜』を見つけたら、歌詞付きの『トイレの神様~植村花菜(歌詞付き).。.:*☆』もアップしていました。
上の動画は削除され、発売元のキングレコードからでました『トイレの神様/植村花菜』を聴いて下さい。

他の曲では、植村花菜 - ミルクティー植村花菜『シャララ』PV1曲だけのコンサート 2月の美味しい歌「BLESS」植村花菜 「あなたのその笑顔はいいヒントになる」Uemura Kana - Aitai、Kana Uemura - Hikari To Kage PVKana Uemura - Kiseki、GReeeeNのカバー曲キセキ、ユーミンのカバー曲やさしさに包まれたならなどがありました。

3月10日に『トイレの神様』も入ったミニアルバム『わたしのかけらたち』が発売されました。
オリコンヒットチャートで19位→15位→5位と上昇し、世の中へ広まっているようです。

トイレの神様

作詞:植村花菜・山田ひろし 作曲:植村花菜 編曲:寺岡呼人

小3の頃からなぜだか
おばあちゃんと暮らしてた
実家の隣だったけど
おばあちゃんと暮らしてた

毎日お手伝いをして
五目並べもした
でもトイレ掃除だけ苦手な私に
おばあちゃんがこう言った

トイレには それはそれはキレイな
女神様がいるんやで
だから毎日 キレイにしたら 女神様みたいに
べっぴんさんになれるんやで

その日から私はトイレを
ピカピカにし始めた
べっぴんさんに絶対なりたくて
毎日磨いてた

買い物に出かけた時には
二人で鴨なんば食べた
新喜劇録画し損ねたおばあちゃんを
泣いて責めたりもした

トイレには それはそれはキレイな
女神様がいるんやで
だから毎日 キレイにしたら 女神様みたいに
べっぴんさんになれるんやで

少し大人になった私は
おばあちゃんとぶつかった
家族ともうまくやれなくて
居場所がなくなった

休みの日も家に帰らず
彼氏と遊んだりした
五目並べも鴨なんばも
二人の間から消えてった

どうしてだろう 人は人を傷付け
大切なものをなくしてく
いつも味方をしてくれてた おばあちゃん残して
ひとりきり 家離れた

上京して2年が過ぎて
おばあちゃんが入院した
痩せて細くなってしまった
おばあちゃんに会いに行った

「おばあちゃん、ただいまー!」ってわざと
昔みたいに言ってみたけど
ちょっと話しただけだったのに
「もう帰りー。」って 病室を出された

次の日の朝 おばあちゃんは
静かに眠りについた
まるで まるで 私が来るのを
待っていてくれたように
ちゃんと育ててくれたのに
恩返しもしてないのに
いい孫じゃなかったのに
こんな私を待っててくれたんやね

トイレには それはそれはキレイな
女神様がいるんやで
おばあちゃんがくれた言葉は 今日の私を
べっぴんさんにしてくれてるかな

トイレには それはそれはキレイな
女神様がいるんやで
だから毎日 キレイにしたら 女神様みたいに
べっぴんさんになれるんやで

気立ての良いお嫁さんになるのが
夢だった私は
今日もせっせとトイレを
ピカピカにする

おばあちゃん
おばあちゃん
ありがとう
おばあちゃん
ホンマに
ありがとう


タイトルは『トイレの女神様』の方がよかったかも。

昨日、2回目の党首討論が行われました。
谷垣自民党総裁が前回党首討論で追及が生ぬるいとして、舛添氏や与謝野氏や若手議員たちから執行部批判が相次いでいて、注目されました。
今回は舌鋒鋭く、顔を紅潮させて、普天間基地移設問題と民主党トップの政治と金を追及し、執行部批判の自民党の人達もひとまず、及第点をあげました。
しかし、続く山口公明党代表の方が政権批判が鋭く、谷垣総裁の本来の育ちの良さから来る甘さが対比されました。
鳩山首相は激しい質問を交わすのに終止し、興奮した首相は普天間基地移設で腹案があり、5月末までにそれを地元に直接了解し、アメリカとも了解を得ると明言しました。

毎日新聞 党首討論:普天間巡り熱く 首相「必ず成果を上げる」/谷垣総裁「未決着なら退陣を」
 「政治とカネ」の問題などで内閣支持率が低迷するなか、鳩山由紀夫首相は31日の党首討論でも防戦に追われた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題では「必ず成果を上げる」と強調したものの、具体性は欠いたまま。一方、前回の党首討論で攻めあぐね、批判を受けた自民党の谷垣禎一総裁は、首相の退陣を求めるなど厳しく追及する場面もあり、なんとか踏みとどまった。【須藤孝、中田卓二】
◇鳩山首相「必ず成果を上げる」
 党首討論のハイライトは普天間問題だった。「命がけで、体当たりで行動し、必ず成果を上げる」。首相は普天間問題の5月末決着に並々ならぬ意欲を示した。また「13年かかって辺野古の海にくい一つ打てなかった」と、混乱原因は自民党前政権にあるとも主張し谷垣氏を挑発したが、谷垣氏が「(政府案は)いつになったら明らかになるのか」と具体論を追及すると、「いましばらくお待ちいただく」と途端に歯切れが悪くなり、具体論ではまったく精彩を欠いた。
 首相の元秘書を巡る事件でも、「私が存在していなければ、彼がこのようなことにならなかったことを思えば誠に申し訳ない思いだ」と弱気な面をのぞかせ、「政権交代して政治を変えたいという国民の期待に応えることで、その責めを果たしていきたい」と抽象論に終始した。
 公明党の山口那津男代表には、「命を守る」という施政方針演説で多用したフレーズを持ち出し、「これからは実感を伴ってくる。新たな政治が始まったことを国民に理解していただく」と予算成立や子ども手当の導入などの成果をアピール。だが、山口氏が「政治とカネ」の問題で「率先垂範をやらないとますます支持率は下がる」と指摘すると、「ご心配には及びません」と語るしかなかった。
 民主党内には「政治とカネの話は飽き飽きした。ああいうことなら、やっても意味はない」(平田健二参院国対委員長)と首相擁護論もあるが、中堅参院議員は「野党側にはこれからもいくらでも攻める材料がある」と夏の参院選に向け不安を口にした。
◇谷垣総裁「未決着なら退陣を」
 「5月末までに(決着)できなかったら日米間の信頼を決定的に損なう。その時には首相は退陣なさらなければならない」。自民党の谷垣総裁は持ち時間の最後で、普天間に絡めて首相に退陣を迫った。2月の前回討論では事前に周囲から助言されながら、切り出せなかったフレーズ。党内で執行部批判がくすぶり続ける中、ようやく出た攻めだった。
 自民党は4月1日から3日間、両院議員懇談会を開催し、自由に意見交換することで結束固めをもくろんでいる。その前日の党首討論で谷垣氏が再び失態をさらせば、自身の辞任論が蒸し返されかねない。終了後、谷垣氏は「首相の言葉が必ずしも重みがないことを浮かび上がらせることができた」と手ごたえも口にした。
 2月の討論での谷垣氏を月刊誌で「ふぬけ」とこき下ろした与謝野馨元財務相はこの日、東京都内の個人事務所で論戦を見守り、「前回に比べておもしろかった」と評価した。
 だが、党内には「もともと期待値が低い」という冷ややかな声もある。首相の資金管理団体を巡る偽装献金で国会への資料提出を要求しながら、首相がはぐらかすとそのまま次の質問に移るなど、詰めの甘さものぞいた。
 一方、公明党の山口代表は、「内閣の機能が不全に陥っている。こんな体たらくでどうするのか」と切り出した。民主党への「すり寄り」批判に敏感になっている党内の空気が山口氏の姿勢にもにじんだ。


内容を読むと、国会での予算委員会の焼き直しそのものです。
野党が政権の現在の懸案問題を指摘し、追及し、それに対して、与党が答弁する、何ら委員会と変わりません。
前回の予算委員会は話題は政治と金で、今回は普天間基地移設問題と重点が変わっただけです。
そもそも党首討論は、現在の懸案問題ばかりを議論していても、明日の日本はどうなるか、国家の基本戦略はどうするのかが、そういう将来ビジョンが欠如するので、開かれたはずです。
前回の政治と金は、政策の話でなく、政治家のスキャンダルの話で、今回は政策の話ですが、将来ビジョンでなく喫緊の政策課題です。
党首討論の体をなさず、点数を付けるなら、ゼロ点です。
こんな話は予算委員会や外務や防衛など、それぞれの委員会で、いやというほどしているはずで、時間とお金の無駄です。

党首討論は、与党、野党の国家ビジョンを、国家基本戦略を戦わせる場です。
普天間関連で言えば、日米関係のあり方、対等の関係、日米安保の将来、アジアとの関係など、政治と金ならば、金の掛からない政治・選挙のあり方などをテーマとして、与党の考え、野党の考えを戦わせるべきです。
質問と返答をお互いにキャッチボールして、日本をどういう方向に持って行くかを国民に明らかにすべきです。
そのためには、国家ビジョンを、基本戦略の案を持つ必要があります。
野に下った自民党は、国家ビジョン、国会基本戦略があるようには思えません。
そう長期ビジョンを持つには、長年の失政の総括、下野した総括をし、バラバラな意見をまとめて作らねばなりません。
それが無く、与党の揚げ足取りばかりに終止しているから、民主党だけでなく政治そのものへの信頼は無くすし、自失を棚に上げ、敵失を付くだけの自民党自身も愛想を尽かされていることに気付かないのです。


昨日の記事に引き続き、『まるこ姫の独り言 「オウムのテロ」公安部長の会見、この国は法治国家?』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

警視庁の発表を聴いて、唖然とし、開いた口が塞がりませんでした。
こんな発表、警察トップや中井国家公安委員長が承知してのことだろうかと耳を疑いました。

時効と言うことは、犯人は法的にはいなかったという結果になったと言うことです。
犯人が見つけられなかったのに、疑わしい犯人がいるというのは、どういう事ですか。
国民への説明責任を果たすというのは、テロ集団だったオウムへの責任転嫁ではなく、見込み捜査という初動捜査の過ちであり、畑違いの公安部の実力不足を反省し、見込み捜査をしないという対策を明言することです。
オームだったら犯人扱いして、自らの反省を隠すというのは、正義を守る人達ではなく、自らの間違いを認めない官僚体質であり、オウムを見下すお上目線です。

小泉ジュニアに集まる人達や、マスコミの世論誘導で左右される人達をみると、証拠や事実を積み上げて、理路整然と論理で判断するのではなく、何となくそうらしい、イメージがそうだ、好き嫌いだと、雰囲気やイメージで判断するという、この国はイメージ優先主義の国なんですね。
官僚やマスコミ、自民党などの政治家たちは、付和雷同する国民の性質を十分、承知して、世論を誘導しますが、今回の悪いやつに責任をおっかぶせるという発表はあまりにも見え見えで酷すぎます。
オウムの犯人扱いと言い、小沢問題なども含め、人権を無視するリークや事件報道といい、日本は法治国家として事実や科学的な論理など客観的なものを重視するのではなく、曖昧模糊としたイメージ、雰囲気など主観的なものに流されて世の中が動いています。

狙撃事件ではオウムに決め打ちした見込み捜査のため、基礎的な初動捜査を行わず、証拠が揃わなかったことが、時効の一因となったと、記者会見の前日にNHKクロ-ズアップ現代で言っていました。
その翌日にこの発表、NHKの番組を見た人は、異口同音にオウムに責任転嫁しているとを指摘したでしょう。
小沢幹事長の秘書事件、郵政不正事件など、ストーリーを描いて決め打ちで、捜査し自白を迫る、見込み捜査が冤罪を招く悪しき捜査方法です。
被疑者の人権無視は、小沢氏の検察リークでも、小沢氏がまるで真っ黒の如く、行われました。
こういう、警察・検察は前近代的なところがいっぱい、根本的なところを改革しないといけませんね。

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。