≪ 2013 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2014 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

仲井真知事は辺野古沖の埋め立て承認を出す一方、県外移転を求めると理解不能はことを言っていますが、辺野古移転容認イコール県外移転は事実上破棄です。
沖縄の自民党議員も選挙公約を飜しました。
選挙公約違反、民主主義の根本がまたも、崩壊しています。
公約を変えるのなら、辞職して、再度補選に出て、県民に意見を問うべきです。
選挙は、国民の声を政治反映する法的に保証された唯一の手段と言って良いぐらい重要なものです。
日本は悲しいくらい、いつまで経っても民主主義が尊重されない国です。

スポンサーサイト

安倍首相はTPP,、辺野古とアメリカに追随したら、靖国もアメリカは認めてくれると考えているようです。
冷戦構造と同じ、古い思想の持ち主、高い支持率に思い上がり、国民世論を無視し、個人的な暴走は極めて危険です。
経済だって、弱肉強食では長期的上手く行くとは思えませんが、消費税を乗り越えていない時点では評価は付けられません。
国民も安倍首相の本質、戦後レジュームからの脱却政治、戦争できる国への回帰に目を覚まさないといけないと思います。

安倍首相の談話「国のために戦い、尊い命を犠牲にされた御英霊に対し、哀悼の誠を捧げるとともに、尊崇の念を表し、御霊(みたま)やすらかなれとご冥福をお祈りした」ごもっともとは行きません。
尊い命を犠牲にさせた責任者であるA級戦犯にも、尊崇の念を表し、御霊やすらかなれとご冥福をお祈りしているのに気付かないのでしょうか。
尊い命を犠牲にされたと微意麗句で綺麗事のように言っていますが、日本政府の誤った判断で、多くの命は犬死にだったし、大半が戦死ではなく病死であり栄養失調という惨めな死が実態です。
敗戦を終戦と言い換えているのと同じ、お上を覆させないらための騙しのテクニックではないかと思います。
タブーを脱却できない、面と向かえない日本がいつまでもそこにあるのだと思います。

明治維新の立役者である西郷隆盛は西南戦争で逆賊となったため、御英霊として祀られていません。
西郷隆盛は明治維新の功績は極めて高く、逆賊ではなく日本の功労者だと思います。
日本の歴史を俯瞰で見れば、靖国神社の基準は誤っていると思います。
祀られているものは、時の政府に従ったものだけです。
時の政府は正しいかどうかは歴史が示すもの、すべて受け入れ肯定するのは誤りです。
誤りを誤りと認めない、反省しない、反省から正しいものを学び取れない体質があり続け、いつまで経っても日本を刷新できないのだと思います。

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。