≪ 2014 02   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2014 04 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

袴田巌さんを釈放=逮捕から48年ぶり-検察の拘置停止申し立て退ける・静岡地裁

袴田さんは自分を精神的に殺すことでしか、死の恐怖から平静を保てなかったのだと思います。
間違った警察・検察・裁判所、マスコミは何のお咎めも無く、国民が国家賠償することになります。
日本の司法の状況が、先進国の中では何周も周回遅れ、驚くほどの後進国です。

自白で犯行時パジャマだったというのが、味噌樽の衣類5点に変わったことで、自白の信ぴょう性ゼロとなり、その時点で疑わしきは罰せずで無罪です。
無実となる可能性のある証拠(ズボンが小さすぎる)を出さないどころか、死刑の決め手の着衣を捏造するとは、おぞましい。
突然味噌樽から見つかる不自然さ、黒くならない付着血液、味噌に1年以上付けても色が薄いなど、不自然さが満載だったのに死刑判決、DNA技術の発展で捏造がばれましたが、これまで冤罪で死刑実施された人も多いでしょう。
袴田さんを有罪にするために、衣類が見つかる直前に味噌樽に付けたとしか考えられません。
24時間監視の代用監獄、23日間の拘束期間、さらに別件で長期拘束、精神的な拷問、自白強要・依存など、先進国ではあり得ません。

司法行政が国家権力、お上として権力を行使、権威を守るため、犯人を仕立て、捏造する、抗告します。
裁判員制度ではなく、コペルニクス的転回をして、司法行政が国民の公僕であるという大前提に立たないとまともにはなれないと思います。
国民を統治するために裁くのでは無く、犯罪者を含めて国民の生活が良くするために裁くのだと思います。

日本の統治機構の人権意識が希薄、未だ封建的な国民支配意識が色濃く残っています。

スポンサーサイト

猪瀬前知事を略式起訴=選挙資金の不記載認める―5000万円受領問題・東京地検

渡部氏がDHC会長の期待に外れ、余りのワンマンの個人商店振りに怒りを覚え、ばらしたのでしょう。
メール、振り込み証が公開され、万事休すです。
小沢氏や猪瀬氏を徹底糾弾していた時に、裏金を貰っていたのですから悪質です。
即刻、国会から追放処分です。
知事を辞めるから略式起訴の裏取引、これで徳州会マネーは幕引き、検察もダーティです。
袴田さんの証拠捏造、即時抗告、検察も腐りきっています。
裏金を借りて、政党助成金で返却するシステムで、収支報告書に載せません。
罰金50万に5年間の公民権停止は軽すぎます。
禁固・罰金を重くすべき、公民権も永久停止にして、政治家への復帰をできなくなるようにすべきです。
自民党議員、特に幹部議員はいっぱいやっているはずなのに、何故明らかにならないのでしょう。
司法、行政、マスコミも、お上としてお仲間なんだからでしょうか。


みんな・渡辺氏、資産報告訂正へ=DHC会長からの借入金

DHC会長がばらさなければ、闇の裏金のままでした。
金を返さなかったからばらしたのかもしれません。
猪瀬前東京都知事と全く一緒です。
8億もの金はプライベートで使える額ではありません。
8億の借入を2億の借入に間違える訳がありません。
額だけ比較すれば、小沢氏の場合をも超え、使い道が不明な点も考え合わせれば、金額も大きい、極めて悪質です。
猪瀬氏は都知事を辞めました。
政治家には戻らないようですから、犯罪を認めました。
渡辺代表は議員辞職すべきです。
ダーティな金で運営されてきたワンマンな個人商店、みんなの党も解体すべきです。

野党でこれだけなのですから、体質自体がお金に執着する自民党議員なら、真っ黒い議員がいっぱいいるはずなのに、何故ばれないのか、何故小沢氏のように執拗に追及しないのか不思議です。
これだけ企業と不健全な関係が度重なって判明しているのに、企業・団体献金の禁止に結びつかないのも不思議です。

この頃、有名人の嘘つきばかりが目立ちます。日本はどうなっているのでしょう。清く正しく美しくは死語になってしまっています。

大阪市長選 白票4万5098票 橋下氏再選も最低投票率

府民のお金、6億円が橋下氏の完全な無駄遣いです。
選挙前と選挙後、どこがどう変わったのでしょうか、選挙する、何の意味もありませんでした。
野党は都構想に反対していますが、その他では考えは一緒では無いので、統一の対立候補が出るはずもありません。
橋下氏支持者しか選挙に行かない筈なのに、わざわざ白票や無効票を出すために選挙に行く人が沢山いて、橋下氏が獲得したのは、全投票の7割余りしかありません。
クリミアの100%近くとは言いませんが、もっとあってしかるべき、橋下の人気は完全に落ち目になっています。
敵を作って勝負を仕掛けるやり方が飽きられてきたのだと思います。

自分たちの政治スケジュールしか眼中に無く、市民は置いてけぼりです。
市民は都構想が何故、必要なのか理解できない、理解しにくいと言うことは都構想自体に欠陥があるに違いありません。

理研のノーベル賞受賞の野依理事長をはじめ、上層部の無責任振りには驚かされます。
まるで、トカゲの尻尾切り、小保方さんを批判すれば自分たちの責任に目は向かないとでも思っているようです。
批判する前に、ちゃんと小保方さんたちをバックアップする姿勢を彼らは採ってきたのでしょうか。
若い力を活かすというのは、放任主義では無く、未熟な部分をフォローする体制を取るのがあり方だと思います。
マスコミは騒ぎ立てず、小保方さん自らか、第三者か、世紀の発見となるステップ細胞を科学的論拠を積み上げて、再現できるか、を見守ることが一番のすべきことのように思います。

川内原発、再稼働へ「一番乗り」か 優先審査を決定

原発の再稼働の一番の問題は、原発から放射能が漏れれば、周辺住民は必ず被爆すると言う事実です。
原発の直径60km圏内は人口希薄では無く、多くの人が殺到し渋滞し、逃げ切れる前に、放射能が到達してしまいます。
20140313そもそも総研_日本では、原発事故が起きたら安全に避難できない。
避難計画を立てても、実効性がありません。
この重大な批難できるかが、再稼働の要件に故意に入れていないのが最大の問題です。
経産省も原子力規制委員会も、避難にはノータッチです。
避難計画は広域に移動するため、行政単位で済むはずもありません。
地震だけで無く、人口密度の高い日本には、原発に適した場所が無いのです。
触らぬ神に祟り無し、寝た子を起こさないようにして、再稼働しようとしています。

河野談話「見直し考えていない」首相が明言 「歴史問題を政治・外交問題化すべきでない」

安倍首相は、従軍慰安婦問題を調査検証すると言っていたのに、その舌の根も乾かないうちに、河野談話を見直さないと、ぶれまくりです。
安倍首相は、図に乗って、天下取ったように自説を押し通そうと偉ぶりましたが、結局、アメリカには頭が上がりませんでした。
「歴史認識については歴代内閣の立場を全体として引き継いでいる」と『全体として』を入れて、まだ我が意を入れようとしていています。
往生際の悪い人です。

賃上げ非協力企業には「経産省が何らかの対応」と甘利担当相 
大手賃上げ「5月までに公表」=中小企業も調査―茂木経産相 

名前を公表することは一種の制裁措置、法的な根拠が必要と思います。
まるで、中国のよう、民間の自由であるべき経済活動に対して強権的です。
お上の言うことが聞けないのか、そんな昔の全体主義の声が聞こえてきます。
金を刷っただけの小手先のやり方では一時的に川上がよくなっても、持続的な好循環はあり得ません。
おまけに財政再建のため、10%まで消費税増税が決まっていて、それに吸い上げられるのです。
本来、労働者の味方をしない自民党が労働者のベアアップを経営者に要求する聞いたことがありません。
安倍政権は焦っています。
引き替えに、法人税減税を早急に実施することを約束しているのでしょう。

日本は貿易立国とTPP交渉参加の時に声高に賛成派は叫んでいましたが、輸出依存度は10%強で、実態は内需の国になってきています。
輸出の中心をになった大企業は、海外進出し、空洞化していて、円安にしても、量が伸びないのです。
その内需も消費税増税、構造的には少子高齢化で期待できません。
円安差益で儲けた大企業と金融緩和で儲けた金融業だけが羽振りが良いだけで、それらにかつての牽引力は無く、一般大衆は円安でエネルギーや生活必需品の値上がりしむしろ生活はしづらくなっています。
GDP13年10~12月期速報値は実質1.0%増(年率換算)で市場予想大幅下回りました。
もう貿易立国では無いので、内需が高まらないと、財布の紐が緩まないと、成長は見込めないと思います。
公共事業の景気対策と駆け込み需要のまやかしの経済成長です。
増税3%分のGDP3%の成長は見込めず、成功していると自慢する安倍首相のアベノミックスは失敗する公算が見えてきました。
日本の経済構造や社会構造の実態に留意せず、お金を刷れば上手く行くなんて、根本問題に手をつけず、単純な公式で済むと思った、浅はかさが証明されつつあります。

東日本大震災の政府の追悼式は東京で無く、被災地で開くべきです。
復興庁も東京で無く、被災地で設けるべきでした。
復興予算も全国のゼネコンにばらまくのでは無く、被災地に限定すべきでした。
復興予算もハードではなく、ソフトを重視すべきです。
仮にオリンピックを開けるものなら、東京では無く、被災地にすべきでした。
何から何まで、上から目線、お上目線、中央集権的、東京一極集中です。
被災地の復興、まちづくりは、国や県や市町村等、行政の押しつけ、コンクリートや箱ものでは無く、地域の人々の生活や意向に根ざすべきです。
安倍自民党政権の上から下への押しつけ政治では展望は見えず、下から上への民主主主義に則った政治でないと、閉塞感を脱しきれないと思います。

原発問題や被災地の復興において、安倍政権の顔が見えません。
安倍首相は原発や被災地の復興には乗り気では無い様子です。
関心は戦争のできる、戦前の日本のような国にすることに関心があるようです。
それを実現するには支持率を維持し続ける必要があり、景気浮揚対策がその次に熱意があるように見えます。

佐村河内氏「私のうそで迷惑かけた」 新垣さんに反論も

主犯の佐村河内氏が共犯が悪いと言って問題をすり替えようとしていましたが、マスコミも佐村河内志を祭り上げた自分たちの責任を覆い隠すが如く、佐村河内氏を寄ってたかってバッシングしていました。
テレビカメラに取り囲まれたペテン師は今が絶頂でした。
勝てる相手には集団でとっちめていますが、安倍首相のような権力者には絶対にこんな感じで立ち向かわないでしょう。
弱きを挫き、強きを助けるのが日本のマスコミです。

首相「福島の復興を実感」大熊町など視察

どこにフクシマが復興しているのでしょうか。
もともと地方は過疎化で、そこに放射能の致命傷、年寄りは戻りたいでしょうが、将来ある若い人は1ミリシーベルト以下で無いと戻らないでしょう。
役人は人が減ると飯の食い上げなので、必要以上につくろうとします。
お金が掛かるから戻らせようとしていますが、もう元には戻れないでしょう。

所得税の課税対象を個人から「世帯」単位に 政府・与党が見直しへ

日本は1950年まで、世帯単位の課税でした。
1950年まで戦前を引きずっていたと考えられるので、戦前の制度と言えます。
道徳教育と言い、古い価値観の押しつけ、安倍首相の理想の美しい日本の一環と言えます。
夫婦子供2人主婦専業は少数派になっており、家族は多様化、夫婦も多様化、世帯も多様化、価値観も多様化しています。
北欧などの大概の先進国は個人課税です。
世帯ベースはフランスぐらいで、フランスは子供のいる世帯への公的支出は日本と比べものにはなりません。

日枝会長との蜜月さらに深まり…「安倍首相の甥」フジ入社へ

政府がマスコミを懐柔するために、国民の血税で使途が非公開の、内閣機密費が使われているのでしょうね。
政府と上で繋がり、ジャーナリズムの皮を被った政府広報機関と化しています。
マスコミは政府を批判する立場、政府と緊張関係を保たなければならない、それが不文律の大原則です。
日本の民主主義も酷いが、ジャーナリズムも酷いです。
どちらも表層だけです。

山が迫っていて、漁業で成り立っている集落に巨大防潮堤は何故いるのか。
土建業のため、政治献金のためでしかない。
山が迫っているという言うことは逃げられると言うことです。
巨大防潮堤があれば、漁業がし難くなる。
漁業がし難くなれば、生活が成り立たない、村を出て行くことになります。
巨大防潮堤が残って、守るべき人はいなくなります。


福島第1原発、ALPSまた停止

安倍首相は事実を掌握し対応しているという意味でコントロールしていると国会で返答していました。
原子炉内がどうなっているかも分からないし、汚染水がどこからどう漏れているのかも分かりません。
事実を掌握しているというのは大嘘です。
モグラ叩きのように、起こっていることに追われていて、それが幸い大事(おおごと)にならないでいるだけで、放射能は着実に漏れ続け、どんどん総量は増え続けています。
オリンピック同様、根拠の無い大言に過ぎません。

国内メディアは目をつむっていますが、海外メディアは真実を伝えています。
フクシマの嘘 其の弐(隠ぺい・詭弁・脅迫)
日本のマスメディアだけを見ていると洗脳されることになる可能性が大です。

政府は本腰を入れると安倍首相は言っていましたが、ALPS停止、汚染水洩れ、頻発する不具合、政府の顔が全く見えません。
消えた年金を年内に解決してみせると言ったように、安倍首相は大言壮語の癖があります。

米紙「安倍首相は南京事件を否定」菅長官が抗議

靖国参拝、南京大虐殺・慰安婦問題の否定、特定秘密法案、憲法9条の無力化、戦争できる国へ、政府が国民を支配する国へ、すべて安倍政権の戦後レジュームから脱却の一環でしょう。
すべて安倍首相個人の考えであり、それを日本の考えにすり替えようとしています。
自虐史観と言いますが、政府は良いことも悪いこともします。
悪いことは悪いと認めて、さらに良い国へと高めていくのがまともな考えですが、反省が無ければまた歴史を繰り返すのが常です。

安倍首相の個人的な独善的な考えで戦後の歴史的認識を覆そうとしていることへの先進国メディアの反発だと思います。
翻って、日本の大メディアは権力に従属していて、権力を監視するという役割を放棄しています。
ロシア政府系テレビのキャスターでさえ、ウクライナへの軍事介入を批判しました。
日本の大テレビは見せかけだけで、掘り下げた議論は全くありません。
日本に本当の民主主義は根付いてはいません。
もっと、公明正大に、堂々と、オープンに、不利な情報も全部さらけ出して、トコトン議論し合うという、民主主義の原点が欠けています。
それには大メディアがテレビ、新聞などを支配する構造は多様で活発な議論を阻害するものであり、情報提供が競争状態になるよう、寡占状態を打破して、自由化すべきと思います。


東京都知事選の投票率46%,舛添氏の獲得率43%、圧勝でも都民の支持はたったの20%に過ぎません。
二人に割れたのも要因ですが、浮動票が選挙に行かなかったのも問題だと思います。
選挙に行かないのは選挙民の責任と言いますが、それを放っておくのは政治家の責任です。
政治の方で、投票率を上げる仕組みをつくる責任が在ります。
ところが、自公は組織票があって、選挙に行って欲しくないのが本音で、投票率を高めることをしたくありません。
選挙に行って欲しくないのは民主主義を否定する考え方です。
公約もあっても無視をするため、政治不信が高まるのも、投票に行かない要因で、政治家もわざと、公約違反をしているように見えます。
地方選挙の投票率が低いのは中央集権で地方の裁量権が少ないので変わり映えせず、地方分権が進まないと本質的に解決しないでしょう。
選挙に行けば飴があり、行かなければ鞭がある、などの何か対策を講じるべきと思います。


3・11の記念日化を検討=「震災教訓受け継ぐ」―安倍首相

3.11は廃炉に40年もかかるフクシマは勿論のこと、被災地は、難題山積みで、まだまだ復興途中、記念日どころの話しではありません。
安倍首相は自分が指定したと自慢しそうな、そんな軽く政治利用すべきでもありません。
それより、8.15を平和祈念日として定め、敗戦の反省と大戦の教訓、平和の祈りを捧げるべきです。
敗戦を終戦と言って誤魔化し、談話のような付け足しのようなものではなく、国としての総括をしないから、安倍首相をはじめ、歴史認識が誤った政治家が後を絶たないのだと思います。
だから、アメリカが日韓の不仲を危惧するのです。

安倍首相「賃上げの輪拡大を」=予算案、参院審議入り

安倍首相は数の力で政治は強権的に進められますが、民間の経済行為は安倍首相の力の及ぶところではありません。
円安の恩恵を受けるのは輸出産業、日本の輸出は上位10%の企業で92%を占めており、円安による直接恩恵を受ける中小企業は殆ど無い。
大企業も為替リスクを避けると共に人件費安価な海外へ移転を進め、現地調達を増やし、国内中小企業への依存は低くなっている。
日本の中小企業は就業者ベースで91%にも上ります。
ベースアップは大企業の一部なので、給料が上がる人は僅かに過ぎません。
4月から8%、1年半後に10%に増税を控えています。
笛吹けど踊らずになるのは目に見えるようです。

NHK経営委員の長谷川三千子埼玉大学名誉教授(67)「日本の若い男女の大多数がしかるべき年齢のうちに結婚し、2、3人の子供を生み育てるようになれば、少子化対策は解決をする」

長谷川女史の言うように、思想信条の自由で、憲法や民主主義を否定しても自由ですが、ことは公正中立を大原則とする公共放送の経営委員です。
そんな極右の人が公共放送の経営委員になるのは論外です。
彼らを入れるならば、バランスを保つため、左翼や極左の人も入れるべきでしょう。

女性は子供を産む機械と発言した自民党議員がいました。
こういう古い考えの自民党が低所得の非正規社員を増やし、子供や若い世代への公費支出を減らし、今の少子化・非婚化を招き、日本の退潮をもたらす根源の問題を作りました

安倍首相は分が悪いのか、国会の野党議員の質問に読んでいないから知らないと誤魔化していました。
安倍政治は不利なことは触らない、進める政策はメリット強調しデメリットは触れない、進めるためには手段を選ばない、こういう何でも勝てば良い式の不誠実な安倍政治は、民主主義を後戻りさせ、政治不信を招く要因です。


揉井会長、百田経営委員に続いて、長谷川三千子経営委員も、右翼幹部の自殺を、「わが国の今上陛下は(『人間宣言』が何と言はうと、日本国憲法が何と言はうと)ふたたび現御神(あきつみかみ)となられたのである」と言って礼賛しました。
森元首相の日本は神の国なるぞという発言も思い出します。
天皇家が天照大神の子孫という非科学的な思想(天皇の権威付けるための神話)が今も連綿と続いています。
それも大学の名誉教授が信じているのには驚きです。
NHKに偏った人が3名もいるというのは異常な状態です。
送り込んだ安倍首相自身がそう考えているのでは無いかと思います。
先進国がすべて採用している憲法の立憲主義(世界の常識)を改め、民主主義と真逆のお上と下々という彼の言う美しい国に戻したいのだと思います。

河野談話検証へチーム、有識者も参加 結果を国会に提出

最近の安倍首相のやっていること、本性を剥き出してきたこと、安倍首相個人の思い込みを強引に押し通そうとしているように見えます。
お坊ちゃんがどうしてもやりたいことをどうしてもやりたいと自我を押し通しているように見えます。
捻れ解消時に、絶対多数のこの時に、手段を選ばず、民主主義手続きを軽視して、個人の政策を押し通そうとしています。
日本が安倍首相の個人の考えに乗っ取られたようになっていって、極めて危険です。
靖国参拝と同様、どっちみち中韓と仲が悪いから、この期にやってしまえ、安倍はできないことをやった、偉いだろうとでも言いたいのかなと思います。
子供ですね。

町村氏「規制委は常識外れ」 原発安全審査の長さを批判

フクシマ原発で学んだことは、安全神話が大嘘だったことです。
安全神話は安全より経済優先のためにつくられました。
フクシマで、経済最優先では無く、人命最優先が学ぶべきことだったはずです。
茂木経産相、町村氏は電力業界、経済界の代弁をして、規制委に圧力を掛け、再稼働を急がせています。
規制委は経済の圧力からと開放され、時間を掛けて、慎重で丁寧に審査するのが、フクシマの教訓から得た役目の筈です。
原発事故で何を学んだのでしょうか、日本の支配層の人たちは。
人命より経済最優先、何も変わらない、馬鹿な日本。
ウランとプルトニウムの2発の原爆、フクシマで分からず、次の原発事故が起こって、日本が破滅するまで分からないのでしょう。
東南海トラフの真上にある浜岡原発は直ぐに来る巨大津波だけで無く、震度7を越えるような大きな揺れに建物が傾かないか、とても危険です。
経済が大きくなって豊かになっても、人命や人権より経済優先、根性は発展途上国のままで、いつまで立っても先進国にはなれません。

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。