≪ 2014 05   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -  2014 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

<政府税調>法人税改革案を大筋了承 中小企業の課税強化へ
毎日新聞 6月25日(水)12時57分配信
 政府税制調査会(首相の諮問機関)の法人課税検討グループ(大田弘子座長)は25日午前の会合で、法人税の改革案を大筋了承した。法人税の実効税率を引き下げる一方、大企業に偏っている税負担を、中小企業も含めて「広く薄く」負担する構造に転換すべきだと指摘。赤字法人にも課税する地方税の「外形標準課税」を資本金1億円以下の法人にも適用拡大するなど、中小企業の課税強化策が多く盛り込まれた。27日の総会で改革案を正式決定する。

 政府は24日に閣議決定した経済財政運営の基本方針「骨太の方針」に、法人実効税率(東京都で35.64%)を来年度から引き下げ、数年で20%台を目指すと明記。政府税調の改革案は、代替財源の確保策を示したもので、中小企業への課税強化では25日の議論で「中小企業は財務基盤が弱い」との批判も出た。会合後の会見で大田座長は「全体の方向性は現在のとりまとめの方向で行きたい」と語ったが、経済界の一部で反発が強く、年末の税制改正論議での調整の難航は必至だ。

 改革案は他に、赤字を翌年度以降に持ち越して黒字と相殺できる「欠損金の繰り越し控除制度」を現行の9年から延長し、上限額は引き下げることなども提案した。【横田愛】


日本の労働者の7割が中小企業に勤めています。
中小企業が元気にならない限り、日本の景気回復は望めません。
その中小企業の赤字企業から税金を取るなんて、競争力を低下させるだけです。
成長戦略は女性とともに、中小企業の力を発揮させることが重要だと思います。
中小企業が力を発揮できるような、仕組みを政府が整えるべきだと思います。
日本の中小企業は品質が高いと言われています。
中小企業の製品は、世界でのニーズは十分あると思います。
単独では、輸出は容易ではありません。
政府が輸出できる仕組みや特許の取得など、国がかりでサポートしていくべきと思います。

スポンサーサイト

太平洋戦争中、沖縄からの学童疎開船「対馬丸」がアメリカ軍のセイン酔漢の魚雷により撃沈されて、ことしで70年になるという。
確認されただけでも780人の学童を含む1500人近くが犠牲になった。
軍艦でもなく、普通の船、それも子供たちが沖縄戦から身を守るために、沖縄を脱出した船目がけて、米軍は魚雷を発射した。
米軍は非人道的な一般人の殺戮を行ったのだ。
アメリカは罪もない子供たちの夢も希望も奪い去った。
ニュースでは日米関係を気にして、一切コメントはない。


先進国標準では、女性差別発言をした議員、それも議会という市民を代表する議論の場で発言をした議員は辞職するのが当たり前です。
その上で、どうしたらセクハラ発言を無くせるのか、男尊女卑社会を直せるのか、期日を示して、具体的な対策を示すことです。
自公は、数の力で、数人居るとみられるセクハラ発言の犯人捜しも、発言を時間が経って認めた自民議員の辞職も無し、今後の対策も無しです。
男尊女卑に毅然とした姿勢を示さない、男尊女卑を解決する意志を全く示さないなんて、先進国でなく後進国です。
世界一の都市とか舛添知事は言っていますが、目指すにはこう言う差別意識を一新してからです。
東京オリンピック、おもてなしよりも、差別意識の解消が先です。

公明党は閣議決定に事実上のゴーサインを出しました。
今までに引き延ばしは、ポーズにしか過ぎず、党是や学会の意志を貫いて野党となるより、与党のままにいて、利権に預かる方を選択しました。
もう与党から降りることはないでしょう。
学会は閣議決定反対なのに、公明党は与党から離れられない濡れ落ち葉、平和と福祉の党は大嘘つきです。
公明党の安定こそ大事というスローガンがありますが、誤った安定は最悪です。
自民党政治に庶民の声を入れたという自負は大きいと彼らは言うが、死にかけて自民党を助けなければ、庶民の政治が実現したはずで、庶民の声は微々たるもの、自民党を生き返らせ、日本の米国化・右傾化させるのに大きく貢献した公明党の罪は大きい。

ワールドカップ期間中に集団的自衛権の閣議決定をやると思っていましたが、そのとおりになるようです。
こんな大事な問題を閣議決定で済ませようとする、それも国民がWCサッカーに目が行っているどさくさに紛れて。
何故、正々堂々とできないのだろうか。
国民に周知徹底して、国民の議論を活発化し、国民の声を聞いて、決定しないのだろうか。
日本には民主主義がない。
公明正大、正々堂々、これが無ければ民主主義は成り立たない。
都合良い情報を流して、できるだけ反対をされないよう、手続きも反対されないよう、強引に進める。
こんな政治を進めて良いものだろうか、朝のそもそも総研が言っていたように経済や科学は先進国になったが、政治は後進国のままである。


サッカーは、農耕民族の日本人には向かないスポーツのように感じました。
日本の実力はあの程度、形ばっかりで、ゴールする執念、強引さ、精度はなく、ゲーム感覚のようでした。
日本人移籍も日本企業のジャパンマネーのためと思います。
本田や香川がビッグチームへ移籍できたのは実力ではなく、ジャパンマネーを期待したからでしょう。
ドイツWCと同じ結果になるのが見え見えなのに、マスコミは真実を伝えず、金儲けのため、横並びで煽りすぎました。
人が金儲けするのを応援するのも馬鹿らしい話しです。


ヤジ問題 鈴木章浩都議が謝罪、辞職は否定
日本テレビ系(NNN) 6月23日(月)16時31分配信
 先週、東京都議会の本会議でセクハラともとれる内容のヤジが飛ばされた問題で、都議会自民党の鈴木章浩議員(51)が、自分が発言したと認め、謝罪した。

 鈴木都議「ご迷惑をおかけしましたことに本当に心からおわび申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。少子化そして、晩婚化の中で、早く結婚していただきたいという思いがある中で、あのような発言になってしまった。本当にしたくても結婚がなかなかできない方への配慮が足りないということで、深くその発言において反省しております」

 鈴木議員は、みんなの党の塩村文夏議員に「早く結婚した方がいい」とヤジを飛ばしたことを認め、謝罪した。

 一方で、「産めないのか」という発言は否定し、自分の言ったことと言っていないことが混じっていたため、謝罪の機会を逸してしまったと釈明し、議員辞職の考えはないことを明らかにした。

 鈴木議員は会見に先立ち、塩村議員に直接、謝罪した。

 鈴木議員「先生にご心痛を与えて本当に申し訳ございませんでした」

 塩村議員「今まで(ヤジが)なかったことになるんじゃないかと思って怖くて、これがひとつのきっかけになると思っています」

 塩村議員は、鈴木議員の処分については「有権者が判断すること」と話した。


マスコミでセクハラヤジ議員はS氏、鈴木議員と言っていたが、そのとおり、彼だった。
記者の取材で私じゃないと公言し、アンケートでもセクハラヤジはしていないと答えていた。
少なくとも、2度以上、嘘を付いていた。
他の発言は自分じゃないので、嘘を言っても良いのか、理由にはならない。
鈴木議員の考え方そのものが間違っているというのが、反省の弁だろう。
議会でのセクハラ発言は即刻レッドカード、おまけに質疑の内容に対するものでなく明らかな個人攻撃、2度以上も自分では無いと公然と嘯く、こんな人が議員をやっていて良いのだろうか。
議員辞職すべきだ。
辞職しないならば、鈴木議員を選んだ人たちはセクハラで個人攻撃の人と一緒と見なされるから、彼らも声を大にして議員辞職を叫ぶべきだと思う。
他のセクハラ野次をした人が彼の言うとおり居るというなら、彼らはもっと悪質、人として失格の人が都民の代表というのは以ての外、早く辞めるべきだ。

モーニングバードの食料自給率が低いのは、米飯からパン食に移ったのが要因の一つだと言っていた。
アメリカは第二次大戦中、兵士のために食糧の大増産をやっていた。
戦後、食糧が余ってしまった。
余った食糧を売りさばく相手に、占領した日本の食事を、パン食に切り替えさせることだった。
敗戦後、困窮する食糧事情の改善に寄与するという善意もあろうが、和食からアメリカの食生活に変えさせ、食料輸出し、食糧からも支配しようとした、将来を見据えたアメリカの長期的戦略だったのだ。

和食はユネスコの世界無形文化遺産に選ばれ、誇らしいことだが、実体的に、日本人は和食をどのぐらい食べているのだろう。
朝はパン食の人が多いし、中華やイタメシなど、和食の依存は益々減っていると言える。
それに言及するマスコミはなかった。
パン食が進む要因は、給食におけるパン食のメニューで、いわゆる食育で、パン食にさせられているのだ。

朝のパン食は、子供時代からずっと続いている。
今週から、パンは止め、朝は米食にする。
和食文化を継承し、食料自給率を高める。

東京(CNN) 18日の東京都議会で、女性への支援拡充を訴える女性都議に対し、男性議員がセクハラとも取れるやじを飛ばしていたことが明らかになり、怒りの声が高まっている。
やじが飛んだのは18日の本会議中だ。一般質問に立ったみんなの党所属の塩村文夏都議は、母親が電車に乗る際、ベビーカーを畳むよう義務付けている現在の規制に言及した上で、妊娠・子育て中の女性が、公的サポートがないために直面しているさまざまな問題について説明し、さらに不妊の問題にも触れた。
しかし塩村氏の質問は、与党自民党の都議からの「自分が早く結婚しろ」というやじに遮られた。塩村氏は弱々しくほほ笑んだ後、男性議員らの笑い声の中、質問を続けた。そして「(子どもを)産めないのか」という2度目のやじが飛んだ後、塩村氏の目には涙が浮かび、声も震え始めた。質問を終え着席した塩村氏は、ハンカチで涙をぬぐった。


男尊女卑のこう言う男は、日頃、偉そうに威張り散らしているのでしょう。
そんな男に鍵って、堂々と名乗り出てこない、卑怯で、サイテーの男ですね。
ヤジの内容は女性議員の発言内容とは直接関係の無い、個人攻撃に過ぎません。
個人攻撃は、民主主義とは相容れない、議会の議論を駄目にする行為で、一発レッドカード、議会から即刻退場です。
恐らく、大声で怒鳴ったので、ヤジ議員の近くの人は、ヤジ議員は誰か知っているはずです。
仲間を庇うと同罪、同僚議員もヤジ張本人の名を言って、何ら問題はありません。
こそこそ、逃げずに、出てこないと、議員辞職に段々追い込まれるのが分かっていないようです。
今の政治はどんな方法でも勝てば良いが横行し、デメリットもすべてオープンにし、公明正大、正々堂々と議論し合うということをしません。

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。