≪ 2015 11   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2016 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

森会長、新国立「B案がいい」…決定権なしも影響力心配の声
スポニチアネックス 12月15日(火)7時1分配信
 ◇新国立競技場 最終2案公開
 新国立競技場の2つのデザイン案が公開されたことを受け、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は14日、「外見だけならB案」と私見を語った。白紙撤回されたデザインを「生ガキ」と発言。紆余(うよ)曲折を経て動きだした計画に、早くも“森節”をさく裂させた。
 森会長は2つの案ともに完成時期が、国際オリンピック委員会(IOC)の要望より早い19年11月に設定されたことについて「マジック」との表現で歓迎の意を表した。
 記者団からどちらの案がいいかと尋ねられた森会長は「外見だけならB案の方がいい」と述べ、「いかにもスポーツという雰囲気が出ている。ギリシャの神殿みたい」と上機嫌で持論を展開。
 一方、A案については「大会をやっているという明るさがない」などと評した。さらに「デザインよりも中身がどういう仕様になっているか、求められていることができるかが大事」などと述べた。“待った”がかかった新国立建設が少し前進することで安心したのか、森会長の口は久々に滑らかだった。
 ただ、日本ラグビー協会名誉会長らしく「あと2カ月前にできると言ってくれれば、ラグビーもできるんだけど」とチクリとやる場面もあった。
 どちらの案を採用するかは日本スポーツ振興センター(JSC)が行うため、森会長に決定権はないが、東京五輪運営の重要人物。一方に肩入れするような発言に、影響力を心配する声も漏れる。
 新国立をめぐって森会長は、英国の女性建築家ザハ・ハディド氏のデザインについて「もともとあのスタジアムは嫌いだった」「生ガキがドロッと垂れたみたい」と語って物議を醸したことがあった。また、当初の予定よりも建設費が高騰した際には「国は2520億も出せなかったのかね」とも。さらに、責任を問う声が一部にあることを聞かれ「大変迷惑している」などと話していた。


森喜朗氏は新国立競技場、エンブレムのすったもんだの総責任を取って、辞めるべきでした。
発言を聞いても、彼は招致委員会会長のポストに相応しくない人物です。

ザッハ案に参加していた大手2社が、別々に出した2案、恐らくJOCの情報も共有しており、そっくりなのは頷けます。
工期短縮を理由の2社限定の出来レース、隅研吾と伊東豊雄氏、おもしろみの無い、わくわくもしない案です。
若手の自由な発想が明日の日本を作ると思うのですが。
敷地を観ると、68000人収容のスタジアムがこの敷地には目一杯入り、周辺の緑地も不十分で、ましてやサブトラックなんかどこをどうやっても無理、メインスタジアムの不適合地です。
建物ばかりで、どこが森なのでしょうか。
オリンピックの施設を合計すると、軽減税率にも相当します。
建設物価の高騰を招くオリンピックは、震災復興の足も引っ張ります。
動機不純なオリンピック招致は至る所で綻びが出ます。

スポンサーサイト

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。