FC2ブログ
≪ 2017 11   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2018 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

 日テレ調査は12月15日〜17日で支持率38%,不支持率45%、日経新聞では12月17日で内閣支持率50%,NHK調査では12月8日〜10日で支持率49%,不支持率35%と、下降したとみるか、横這いか良く分かりません。世論調査はいい加減です。
 下落したとするなら、9日に終わった安倍首相の国会での部下への責任転嫁などの問題行動、12日の増税の選挙後発表が要因でしょう。

 希望の党の支持率は1%台と風前の灯、希望の党は無くなる方向に動いていくでしょう。希望の党より多い共産党が掲載されていないのは日テレの共産党無視の姿勢なんでしょうか。

 国民が森友の再調査が必要と考えているのは,安倍政権にとって思いの外,国民が忘れてくれないと思っているでしょう。
 安倍政治は官邸で全てを決め、自民党にも議論させないし,野党には時間を減らした上、質問に答えないし、さらに国民には十分な説明をしません。
 益々,安倍政権は独裁的になるでしょう。

 北朝鮮に最大限の圧力をと言って、自らトランプ首相の露払いを買って出て、日本国民を危険に晒し、もりかけ隠し、自己保身、政権の延命に国民の命を利用しています。

スポンサーサイト



 安倍首相は国会での野党質問を削減したことに対する共同通信の世論調査で高齢の世代より若い世代が理解を示したと指摘。「SNSなどが発達した時代に多様な情報を集め自分で判断している」と述べ、そうした若い世代の理解に自信を示した。一方で首相と同じ60代からの支持率が比較的低いことも挙げて、「同年代に嫌われたと悲しい思いがする。新聞の愛読者層ではないか。もう少しお手柔らかにお願いしたい」と述べた。

 若者の自民党支持が多いのは、無知と自己主義の蔓延かなと思います。

 戦後70年を経過し、全体主義や右翼が恐ろしいことを教わる環境が無くなってしまったこと、教育では近現代史をやらないこと、政治に関しては教育上、タブーで教えられないこと、自由主義や共産主義などの思想を勉強していないことなど、知らないことが原因です。
 だから、何が保守で何がリベラルなのかも分からないのだと思います。

 勉強して良い学校は行って勝ち組になると言う教育で、社会や政治への関心が乏しく、自分さえ良ければ良いという個人主義が蔓延していることがもう一つの要因だと思います。
 自分は就職できているから,自民党支持、他人がどうなろうが知ったことでは無いのでしょう。

 新聞記者は面倒な仕事と映っているのでしょう。社会や政治人関心が無い上に、勉強も努力も必要だし、時間がなさそうと思っているのだと思います。社会や政治の不正を追及し、公開するという使命感に熱い人が少ないのだと思います。

 60代の安倍不支持者は、戦前の否定など、既に戦後の環境の中で培われたもので、新旧メディアという以前の問題です。得てして,高学歴の人が多いと思います。

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。