FC2ブログ
≪ 2018 05   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2018 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

産まない幸せ」は勝手な考え=自民・二階幹事長

 生む生まないは個人の自由、戦前のように天皇の兵隊にするため、産めよ増やせよと言われる筋合いは無い、日本は憲法で個人的人権が認められている民主主義国家です。

 日本の国会議員のなかでの女性議員の比率は10%、193カ国中の順位で日本は158位です。後進国中の後進国、恥ずかしいの一言。
 アイスランドでは閣僚の6割、ニュージーランドでは女性首相が産休6週間です。
 女性議員が4割くらいにならないと、男尊女卑社会は覆りません。その為には有利な男性の意識を変えさせるよりは、容認する女性の意識そのものが変わらないと広がっていかないと思います。

 男女、LGBTなど、差別を許さない、多様性を認める、生きやすい、居場所の見つけやすい社会にしなければなりません。そういう主張をする政党を支持しなければなりません。失言を見ると、自民党ではありません。
 麻生、二階など、昭和の考え方が抜けない政治家は一掃すべきです。

スポンサーサイト

 テレ朝でも、温度差があることから、番組プロデューサーの政治的姿勢の違いのよるものではないかと思います。
 これまで放送されてきたことから、経営側も違いを認めているのだと思いますが、モーニングショーが余りにも突出したため、官邸から経営側に圧力が掛かり、経営側がぷ番組プロデューサーに政治ネタを慎むように圧力が掛かったのではないかと想像します。
 政治ネタを掘り下げるのがモーニングショーの持ち味ですが、羽鳥氏の笑いに特化する小ネタばかりのワイドショーでは、蒼々たるコメンテーターが生かされず、唯々時間だけ浪費する下らない番組になっています。

 大分選出自民党穴見議員は魔の三回生、安倍チルドレン、細田派のトリプルクラウンです。
 議長は聞こえなかったと呟きだと擁護しましたが、参考人は一度でなく、数度、聞いたと言います。
 相手はわざわざお越し頂いている参考人で、それも受動喫煙疑いの肺がん患者で、話しは非喫煙の推進に決まっています。
 新人議員でも無いのだから、参考人に話しを最後まで黙って聞く辛抱すら出来ないのでしょうか、参考人へのヤジはマナー違反であるのを知らないとは言わせません。

 肺がんを誘発する喫煙を擁護する人がガン財団の理事をしていた驚きです。病院の理事が、外で非喫煙運動を妨害するようなものです。

 厚生労働委員会に穴見議員の出入り禁止くらいの措置をとるべきです。

安倍首相「私が先頭に立って沖縄の振興を」あいさつ全文

恒久平和誓う慰霊の日 沖縄全戦没者追悼式 翁長知事、辺野古新基地見直し求める
 翁長雄志知事は平和宣言で、戦後73年を経ても全国の米軍専用施設の70・3%が沖縄に集中し、基地から派生する事件・事故や環境問題に悩まされ続けている理不尽さを訴えた。先日の米朝首脳会談など緊張緩和に向けた東アジアの安全保障環境の変容に触れ、「20年以上も前に合意した辺野古への移設が普天間飛行場問題の唯一の解決策と言えるのか」と日米両政府に現行計画の見直しを求めた。
 さらに、民意を顧みない辺野古新基地建設は沖縄の基地負担軽減だけでなく、アジアの緊張緩和にも逆行していると指摘。「『辺野古に新基地を造らせない』との私の決意は県民と共にあり、これからもみじんも揺らぐことはない」と強調した。


 日本で唯一、地上戦が行われ、20万人が亡くなり、そのうち一般市民15万人で、県民全体の1/4の人が亡くなったと言う悲惨さです。
 当時の日本人口は7260万人、戦争で亡くなった民間人は80万人、沖縄県以外だと7200万人で死者65万人、戦争死亡率1/110以下で、本土より30倍近く、如何に沖縄が本土の犠牲になったかが分かります。

 日本に駐留する米軍施設(面積)は日本国土の0.6%の沖縄県に70%が集中する。県外には99.4%に30%だから、密度にして県外(本土)の400倍の米軍施設が占拠していることになります。沖縄本島の15%も摂取されていれば、沖縄の機能発揮が出来ないのは当然です。

 安倍首相が沖縄戦以降続く沖縄の痛みに寄り添うなら、米軍基地を本土並みにするとこ、ほぼゼロにすることです。沖縄が本土復帰して41年、本土米軍基地面積の60%減に対して、沖縄は15%しか減っていません。今のようなペースなら200年以上掛かります。
 世界一危険な普天間飛行場を無くすのは当然です。代わりに沖縄が反対する辺野古に新設移転したら、沖縄が本土の犠牲に報いる基地負担軽減にはなっていません。
 何処に沖縄に寄り添っているのでしょうか。

 北朝鮮ミサイルの脅威があるから陸上配備型イージス・システム(イージス・アショア)の配備を決めた筈です。北朝鮮の脅威がなくなれば、不要の筈です。新たに中国の脅威を宣伝していますが、アメリカからの購入を止め、配備について議論を一からやり直すべきです。

安倍昭恵夫人〝独演会〟 森友「無反省音声」公開《予告編》

 動物は自己中心的で、主体的動物です。しかし、人間は客観的に物事を見られる、客観的に自分を評価できる生き物だと思います。
 大人としての要素は、自分を客観的に見ることができて、それを考慮して行動できることだと思います。

 昭恵夫人は良いことをしたと思っているのでしょう。森友学園の教育勅語の右翼的教育を素晴らしいと感じ、小学校建設に協力することは良いことだと考えたのでしょう。
 右翼教育礼賛も私学推しも、このこと自体、世の中では、ましてや総理夫人がやってはいけないことなのに。

 財務省に問い合わせたのは昭恵案件としてプッシュ以外の何ものでもない、その為に色んなコトを役人に無理強いさせたことにも気付いていないのでしょう。
 むしろ、自分は利用されたと思っているから、人ひとりが死んだのに痛みを感じないのでしょう。
 変態的と敢えて挑戦的にいうのも、自己主張で有り、自己保身で有り、自己中心的、自分しか無いのでしょう。

 首相は国全体のコトをするが、夫人は抜け落ちた細かなことで自分が出来る良いことをしようと考えたのでしょう。
 しかし、その良いことは夫人に取って、良いことであり、社会や色んな視点から見て、良いことには大きな乖離が有り、首相夫人としては後者の視点は絶対欠かせないことに、思いがいかないのでしょう。

 安倍首相も似たり寄ったり、自己偏愛、自己中心的に充ち満ちています。他者、特に弱い者や意見を異にする者への気遣いは欠如しています。
 二人とも病気です。引退して、治療すべきです。もっと自己を客観的に見る目を養う訓練をしてから、世の中に出て下さい。

「記録も記憶にもない」加計理事長 総理と面談否定(18/06/19)

 誰かに似ている。そうです。ゲゲゲの鬼太郎のねずみ男にそっくりです。人間的な不潔さが滲み出ています。
 教育機関の長にあるまじき、品格の無い、げす野郎です。嘘を嘘で固めた、卑怯な人物が子供を導く教育機関の長とは、世も末です。

 お待ちしている発言は、安倍政権に完全に守られているからの言葉で、出来るものならやってみろという意味です。この発言は逆に、我々は嘘を付いていると言っているのと同じです。
 国民をあざ笑う、完全に逆効果ですね。

 仕事の話をしないと言っていますが、政治の話しはすると言っていました。政治は安倍首相の仕事で有り、戦略特区も獣医学部教育も政治の範疇です。時間が有り余るのに、熟考されていません。
 不徳の致すところなど、答弁が軽過ぎるし、記者(背後にいる国民)を揶揄しています。

 最後の方でやっとまともな質問が来て、嘘を付いた理由を問われ、早く終わらせたいため、調べると言っていました。少なくとも、もう1度、会見を開く義務を負ったと思います。発言が不注意です。
 国会に呼べれば、いっぱい尻尾を出しそうです。

 モーニングショーはモリカケ報道が一気に減っています。官邸から圧力が掛かったのでしょう。

 サッカーは盛り上がせようとしていますが、最初の方から1点多いのと1人多いという絶対有利な条件でやっと勝ったのであって、実力は下です。
 客観的報道部分が少なすぎます。

<安倍首相>自民総裁選、3選に意欲 「拉致解決に使命感」
 首相は「意思は完全に固まっているわけではない」とも述べたが、12日の米朝首脳会談を受け、自民党内では首相の3選を支持する声が相次いでいる。
 拉致問題について首相は「北朝鮮が知っていることをきれいさっぱり話し、すべての拉致被害者を日本に帰国させたときに解決する」と指摘。「解決済み」という北朝鮮の従来の立場を変えるために「金正恩朝鮮労働党委員長が大きな決断をすることが求められる」と強調した。日朝首脳会談に関しては「やみくもに行うのではなく、拉致問題の解決に資する会談にしなければいけない」と述べた。
 首相は、北朝鮮の非核化を巡ってトランプ米大統領が米韓合同軍事演習の中止に言及したことに理解を示し、「北朝鮮が米国の善意を受け止めて、行動を示すことが重要だ」と語った。そのうえで「核の脅威がなくなることで平和の恩恵を被る日本などが費用を負担するのは当然だろう」と述べ、国際原子力機関(IAEA)による査察などへの資金拠出に前向きな考えを示した。


 日朝首脳会談を総裁選に関係させ、首相の座を死守しようという戦略が見え見えです。

 米朝首脳会議はトランプ大統領の方が成果を焦ったように見えます。金正恩委員長は同様の低支持率の安倍首相についても、足下を見られていると思います。
 北朝鮮は中国を後ろ盾に、ロシアも協力的で、段階的な非核化を勝ち取り、経済制裁を徐々に解くとなれば、豊富な鉱物資源を担保に、中国、ロシア、韓国を中心に、色んな国からの投資が可能となります。
 そうなったとき、拉致問題解決のハードルは上がり、戦後補償は更に高くつくでしょう。

 日本の主体性が全く無く、アメリカのポチ政策に安倍政権が依存するため、拉致を議題にお願い費用(輸入増大)、非核化費用、戦後補償に、必要以上、払わされることでしょう。
 
 拉致問題も重要ですが、一番大事なのは「民信無くば立たず」です。最重要課題は国民からの信用です。
 国民を騙す嘘つき安倍政権が何をやっても、信用できません。拉致被害者家族も、信頼できる内閣に問題解決を委ねるべきです。

首相、拉致解決へ決意 「北と会談、私の番だ」「私はだまされない」
 首相は面会で、日朝首脳会談の時期や場所などについては「機微に触れる」として一切明かさなかったが、「私は北朝鮮にだまされない。1994年から拉致問題に取り組んできたが、何度もだまされてきた。北朝鮮のだましの手口は分かっている」と強調した。拉致問題に加えて核・ミサイル問題の包括的な解決が、経済支援の前提条件になるとの認識を重ねて示したという。

 これから交渉せねばならない相手に「私は騙されない」は、北朝鮮は騙す最悪の国と言っているのと同じです。
 この安倍首相の態度は、北朝鮮の心証を最悪にさせ、日朝交渉の難航が予想されます。

 流石に騙しのテクニックを研究し、騙しに精通している安倍首相、北朝鮮の騙しの手口が分かっていらっしゃる。
 最近ではモリカケ、日報、裁量労働制など、国民を騙し続けて早5年、国民を騙すプロになっています。
 国民は国民のアマチュアからいつまで経っても、脱皮できていません。民主主義に反する、「長いものには巻かれろ」が抜けきれません。

 拉致被害者家族も、政府に頼るしか無いのでしょう。客観的な目を持つ蓮池さんをアドバイザーに迎えた方が良いのでは無いかと思います。

 拉致問題は極悪非道なことは当然で、そのことはクリアに国民は受け取るのですが、戦前に朝鮮半島で日本がしたことを軽く見過ぎています。
 中立的に見て、被害の大きさから見れば、拉致と対等条件とは言えません。北朝鮮がそう考えても不思議ではありません。
 非核化が段階的解決が認められようなら、拉致も段階的解決になるかも知れません。日本が得心するまで、戦後補償しないというなら、北朝鮮は平壌宣言をそう読み替えてくるよう、迫るでしょう。

安倍首相が岸田政調会長と会食、総裁選めぐり意見交換
 大阪北部地震が起きた当日に、安倍首相と岸田政調会長が会食とは。地震より、政局運営の方が大事な、自民党の幹部たち。国民を思うより、自分たちの身を思う心の方が強い安倍政権。
 日朝会議を総裁選に絡めるから、岸田よ勝ち目は無い、総裁選に出るなと釘を刺したのでは無いでしょうか。

加計学園問題 「何を今頃。姑息な記者会見だ」立憲民主・辻元清美国対委員長

 加計理事長、ワールドカップ、大阪北部地震、国会会期末、どさくさに紛れて、記者会見しましたね。それも加計問題に精通した記者が来ないように、岡山の記者限定にして、それも直前の朝に予告して昼前にして岡山の記者も来られないようにして。更には時間をたった25分、それも終了間際に質問が鋭くなった時点で、記者の質問を遮るようにして。

 新潟県知事の争点隠しも同様、安倍政治の病毒、勝つためには手段を選ばない卑怯なやり方が、社会の支配層に蔓延しています。卑怯や不正義が正当化されています。
 もっと、正々堂々とした政治が出来ないものでしょうか。民主主義のために、こんな簡単なことが出来ないのでしょうか。マスコミももっと声を大にして叫ばないのでしょうか。

 これで、記者会見や国会招致を免れたとするのは、大間違いです。時機を逸した遅すぎる会見、卑怯な会見は逆効果、国民は許さないでしょう。国会で正々堂々と加計ありきの疑問に答えて貰いましょう。

花角次期新潟知事、原発再稼働「検証踏まえ判断」
 花角氏は選挙期間中から再稼働に関して慎重に判断する姿勢を示してきた、検証後の再稼働同意の判断に関して「県民の皆さんの意思を確認する」と強調。再稼働の判断を争点に出直し知事選を実施し、県民の信を問う可能性を改めて示唆した。

 新潟県新知事は原発再稼働に前のめりの自民党の公認候補者なのに、何故か選挙前は再稼働に慎重だった。これは原発再稼働に敏感な人たちの票を獲得するためと言わざるを得ません。
 当選後は、再稼働に同意する考えに変わりました。変わったと言うよりは、もともとの考えを出したに過ぎません。即座に再稼働とはしたいのですが、県の福島原発事故検証を踏むといった手前、出直し選挙するに言ったのでしょう。
 恐らく、福島原発事故検証の結果は、再稼働に影響無しという方向に誘導するのが見えてきます。

 沖縄県の仲井真知事と同じように、選挙の時の公約が一転することになるでしょうね。
 主義主張が異なるのは当然ですが、原発が争点となれば、負けるかも知れないので、ひとまず前知事までと同じ路線とするとし、選挙に勝てば、徐々に変節していく、というのは勝てば官軍で、県民をダマシても良いというのは、民主主義を否定する行為です。
 ダマシが確実となれば、県民は怒って、住民投票に進むべきです。こんなコトをやっているから、いつまで経っても民主主義の足が地に着きません。

 東電は新潟知事選後に、福島第2原発の廃炉の方針を公表しました。東電で唯一残る、新潟の原発再稼働のために、故意に発表を遅らせ、自公候補に選挙協力したと言うことでしょう。

 安倍政権になって、騙しても、何をしても勝てば良いという政治が顕著になりました。正々堂々と政治を行う、選挙を戦うべきです。民度はどんどん落ちて行っています。

<林文科相>カンヌ最高賞で祝意を 是枝監督は辞退表明
 答弁を受け、是枝監督は同日、HPに「『祝意』に関して」と題した文章を掲載。今回の受賞を顕彰したいという自治体などからの申し出を全て断っていると明かした上で「映画がかつて『国益』や『国策』と一体化し、大きな不幸を招いた過去の反省に立つならば、公権力とは潔く距離を保つというのが正しい振る舞いなのではないか」とつづった。

 スポーツ・文化などで、世界的な賞などを貰うと、受賞を純粋に国で祝うというだけでなく、政権浮揚・イメージアップ等、政治利用するのが習慣になりつつあります。
 特に、安倍政権では、受賞者が断れないことを良いことに、自分が割り込んで、受賞者よりも安倍首相が目立つような演出が行われ、首相の人間性が反映し、より露骨になっています。
 
 北朝鮮のプロパガンダ映像を見ても、時の政府に利用されないよう、政治と距離を置くのは、賢明な行為です。
 一部の芸能人のように、政府に近付いて、互いに利益を貪る人たちから見れば、賞賛に値します。

 アメリカでは直接、トランプ大統領を批判する有名人は居ますが、そういう人は政府が目の敵にして、報復するため、恐くて日本では殆どいません。マスコミも圧迫を恐れ、出演を見合わせ、自己抑制します。
 日本には、政権批判の壁が存在する偽民主主義なのです。

 映画は見ていませんが、物事の表層では無く、深層まで抉って、多面的な視点で、ことの真実に迫るのは素晴らしいことです。
 無差別殺人が起きると、監視カメラなど対処療法に終始する放送ばかりです。事件の背景、社会との関係など、発生そのものを無くす視点が必要で、その為には社会はどうあるべきかが大事だと思います。
 それが公器で放送する意味だと思います。

首相「拉致は北朝鮮と直接、解決しなければならない」

 安倍首相の脳みそは空っぽかな、羞恥心はあるのかなと思います。拉致問題は日朝の問題で、直接交渉が絶対条件であることは、馬鹿でも分かることです。
 解決のため、先頭に立つと言いながら、それも最重要課題と言っているのに、アメリカに大金をはたいて口を利いて貰って、己の行動力の無さに恥ずかしく無いのでしょうか。それもあろう事か、自慢げに言う、羞恥心は無いのでしょうか。
 仮定の質問には答えないという逃げ口上や決まったフレーズを繰り返すことに終止し、先が読めなくない体質になっています。

 そもそも北の核開発はアメリカの核の脅威に対抗するためのものです。何故、日本と韓国が廃絶の費用を持つ必要があるのでしょうか。アメリカが支払うべきと、ちゃんと言うべきコトを言えない、根性無しのポチ、安倍首相です。
 日本はアメリカの属国根性丸出し、自分より弱い国に威張るほどのものでは在りません。未だ自立をしていません。自立を目指す文在寅韓国大統領とは大違いです。
 自立という点では、中米韓露の中で上手く振る舞う北朝鮮よりも劣ります。

 人権や法律違反など、ならず者国家などと北朝鮮を蔑みますが、戦時中、封鎖された日本もあまり変わらなかったように思います。
 上から目線は止めた方が良いです。

 今回の経緯で倍ほど違う若造の金委員長よりも、安倍首相の度胸・決断力の無さ、ケツの穴の小ささがよーく分かりました。

安倍首相「拉致前進に期待」

安倍首相“日朝”に意欲 拉致問題に進展は
安倍首相「北朝鮮と直接向き合い、話し合いたい」

 核がクリアになれば、戦後補償が出せるようになり、北は補償金を必要とし、自ずと拉致問題へと進みます。
 即ち、日本がアメリカに頼まなくても、北との協議が始まるのです。安倍首相の個人的な願望(政権維持)に数千億円(輸出拡大)出さなくても良いのです。

 核の廃棄もそうですが、拉致被害者も全く同じです。北を戦争で占領でもしない限り、完全な核の廃棄、全ての拉致被害者とは行かないのです。 
 戦争しないのだから、交渉して、信じるしか無いのです。敵対していては、良い結果は得られないのは当然です、拉致被害者帰国後の日本のように、疑心暗鬼の地獄です。
 融和的関係を結ぶなら、良い結果が得られる可能性は高いと思います。

 最大限の圧力だけを言って、敵対的な関係を作り、距離を離そうとする安倍政権の姿勢は、拉致問題を解決したい姿勢には見えません。
 経済制裁は核が放棄されるまでは有効としているので、敢えて強調する必要はありません。韓国のように対話が1番、圧力が2番です。
 日本は世界に冠たる平和憲法を持っています。平和憲法を国是とするなら、圧力より対話が上の筈です。

 拉致問題が最重要課題というなら、韓国と共に、アメリカを対話の席に引っ張り出す役を担うべきです。

 安倍首相のやってきたことは、その真逆、北朝鮮に敢えてケンカを売り、拉致問題の根本解決を遠ざけることばかりでした。
 正しい道を選んだらと、安倍首相は上から目線です。北と信頼関係は結べず、日朝協議は前途多難です。

袴田さん再審取り消し=地裁の「無罪」覆す―弁護団、特別抗告へ・東京高裁
 死刑と拘置の執行停止は取り消さなかった。地裁の「無罪」判断は4年余りで覆り、弁護団は最高裁に特別抗告する方針。再審の可否を決める審理は、さらに続く見通しとなった。
 地裁決定の根拠になったDNA型鑑定の信用性が最大の焦点だった。高裁は「科学的原理や有用性に深刻な疑問があり、結果は信用できない」と判断した。


 科学は日進月歩、過去に分からないことも、新しい技術で解明される、新しい技術で過去の過ちが分かれば、直ちに過ちを正すのは自明の真理です。
 裁判所が新しい技術を信用できないとするならば、再審の中で、検察、弁護人の主張を経て、判断すれば良いのです。
 再審棄却するなら、何故袴田氏を収監しないのか。高齢の囚人はいっぱいいます。高裁は完全に矛盾します。
 高裁に間違ったことをしているという良心の呵責があるのか、はたまた悪い役回りを他にさせるためか、いずれにせよ卑怯です。

 一審から二審、三審へと権力が強くなるほど、国民から離れ、支配者的な権力指向へと変わっていきます。
 国民から与えられた権力なのに、権力を使って国民を支配したがります。その結果、同じ権力の検察と同調することになります。
 国家公務員の裁判官だから、国民とは離反し、ヒラメ状態になるのではないでしょうか。
 弁護士を一定期間、兵役のように、裁判員のように、裁判官になり、民間弁護士裁判官の数が国家公務員の裁判官を常に上回るようにすれば、判決が国民目線のものに変わるのではないかと思います。司法種習性が2000人、内裁判官が100人、弁護士が1300人前後、裁判官として50人採用し、残りは弁護士経験者を年数を限って、採用してはどうか。
 苦役を強いる裁判員制度は反対です。

G7首脳「保護主義と戦う」土壇場で合意
 トランプ大統領は米朝首脳会議のため、早退し、合意が成されていないはずです。

 日本の立ち位置が見えません。
 ハッキリ言えるのは、日本は自由貿易を標榜している国であり、保護貿易に傾倒するアメリカとは対立し、EUやカナダと一緒な筈です。
 EUやカナダはアメリカの同盟国で有りながら、ちゃんとアメリカにものが言えています。
 だから、関税やWTOでの対決姿勢を明確にしていますが、日本は報復関税やWTOへの提訴に腰が引けています。

 どっちつかずの中途半端な姿勢は、理由はアメリカを自由貿易に引き戻すためと言います。
 核禁止条約、TPP、地球温暖化、すべて同じ姿勢です。強者にものが言えない、虎の衣を借る腰抜けなのです。
 どう考えても国益が違うのに、100%共にあると言ってしまうから、何事にもアメリカに気を使わなければなりません。
 将来像が描けない、どういう国になりたいか、極東はどうあるべきか、理念が全くないから、軸が無いのです。

 新潟県知事選挙、原発再稼働が争点にならず、争点隠しで負けました。仲井眞前沖縄県知事が、辺野古反対から容認に変節したように、新知事も屁理屈をつけて翻意する可能性大と思います。
 新潟県民は騙されることでしょう。

羽鳥慎一モーニングショー 2018年6月8日
 40分頃から日米首脳会談

 トランプ大統領が国民向けにばらしてしまいましたね。安倍首相が数千億円の農産物等の輸入を増やすから、米朝会議で拉致問題を議題にして下さいと。
 トランプ大統領は拉致問題を、安倍首相の延命のための最重要課題だと認識していることもばらしました。
 安倍首相のモリカケ隠しのため、拉致問題を使って、数千億円、アメリカのものと交換するということです。

 虎(米)の衣を借る狐(日)は、北朝鮮を始め、諸外国には蔑まれ、衣が高額だったことで、笑いものにされるでしょう。
 対話中にも制裁は継続中なのに、敢えて圧力を言い続ける安倍政権は、北朝鮮の心証を害し、ハードルを自ら押し上げています。

 拉致被害者認定は17人、朝鮮戦争が起きれば、日本も標的となり、被害は数えきれず、拉致問題とは桁が違います。拉致という非道行為なので、誰も言いませんが、重要課題ではあるが、最もではありません。
 いずれ、北朝鮮はお金が欲しいので、日朝協議を持ちかけてくるので、安倍首相が自分の手柄にしようと日米首脳会議をしていますが、全く意味なく、日本の産業を犠牲にしています。農業は良いが、車は駄目、全くのナンセンス。

 米朝会議で、拉致問題を議題にして、北朝鮮が拉致問題は解決していると言った場合、トランプ大統領は他国のことでそれ以上問えません。拉致問題を北朝鮮が認めた場合は日朝会議をやることになるでしょうが、別に日本がアメリカに頼まなくても、戦後補償という切り札を使えば、拉致問題に北朝鮮はいつでも乗ってくるでしょう。
 いずれにせよ、拉致問題は、日本と北朝鮮の直接交渉でしか解決しないのです。米を絡ませて、自分の手柄のように見せかける安倍首脳の汚いやり口には騙されてはいけません。

 核ミサイルの完全解決でもっと時間が掛かると言っていましたが、鉱物資源に目が眩み、段階的解決で、韓中露、欧米は経済協力に前のめりになり、早まるのでは無いでしょうか。人権についても、
 そうなったとき、日本の戦後補償への期待は弱まり、戦後賠償金は吊り上げられるのでは無いでしょうか。

 働かせ方改悪法案を強行採決するのを見せて、新潟県知事選から票が逃げないように、採決をずらす、対立候補の票をへ足すため、フェークニュースを流す・容認する、今の安倍政権のやり方、正々堂々ではなく、とても卑怯です。
 安倍首相の性格丸写しです。民主主義を疎んじるものです。

 女性知事は必要ないは、完全に女性差別発言です。マスコミで追及されないこと自体が可笑しいです。女性政治家が少ないから、男女共同参画社会ができないと言われており、女性候補者の比率を一定以上にする国が増えています。
 スペイン新政府では女性閣僚が6割です。G7では、ドイツとイギリスが女性首相です。
 応援演説なら余計に、男女差別を助長する発言を許してはいけません。

「拉致問題で前進」総理 トランプ氏に“直談判”へ
 安倍総理大臣:「核・ミサイル問題、そして何よりも大切な拉致問題が前進するよう、しっかりと大統領とすり合わせを行い、米朝首脳会談を成功させたい」

 北朝鮮は拉致問題は解決した、拉致被害者は居ないと言っています。北朝鮮は米朝協議の議題にしないでしょう。
 トランプ大統領はそれは嘘だ、拉致問題を議題にしなければ、日朝協議は無しだ、帰るという訳にはいかないでしょう。
 先ず会うことが大事としている、前のめりのトランプ首相には、拉致問題が前提条件とはなりません。
 複数回会談を行い、信頼関係が醸成されれば、最後の方では聞いて貰えるかも知れませんが、日朝協議に委ねるという結果しか無いでしょう。

 掛け声だけで、出口戦略が全くありません。どういう姿にしたいのか、全く見えず、手を変え品を変えた掛け声ばかりです。

 安倍首相の威勢の良いアドバルーンは、もうそろそろ空砲だと言うことに、国民は学習すべきです。
 拉致問題は最重要課題、一億総活躍など、スローガンの結果は惨憺たるもの、クールジャパンなどのは魂が入っていないため、無駄遣いばかりで成果はゼロです。

 唯一の成果である株高は、年金や国債を使っての虚像です。拉致問題同様、政権維持のための道具に過ぎません。

外務省、ロシア課長を更迭=セクハラか、停職9カ月
 外務省は「被害者のプライバシー保護のため詳細は言えない」として事実関係を明らかにしていない。関係者によると、毛利氏は人間関係のトラブルがあったことを同省に対して認め、反省の態度を示しているという。 

 今朝のモーニングショーは籠池氏のことを報道するかと思いきや、何も無かったように思います。
 かなり、官邸からの圧力を感じます。

 自民議員全員当選のための参院6増案を滑り込ませる、モリカケだけでなく、全てがやりたい放題です。

 急にことが進むようになった、昭恵夫人登場の部分が重要ですが、省内で、昭恵案件として優遇するという内部会議があったに違いありません。その議事録が絶対ある筈です。

 外務省のセクハラ、固有名詞は不要ですが、抽象的に公開できる範囲は公表すべきです。どのぐらいのセクハラ行為が停職6ヶ月なのかと、物差しを社会に示すべきと思います。
 それと虚偽答弁を連発した佐川長官との軽重を、国民が納得できるように、説明すべきです。

 TVは公器、社会を良くすることに繋がることを報道して欲しいものです。紀州のドンファンの変死事件は、デバガメにすぎず、社会に貢献できるものではありません。
 新妻が犯人へフォーカスしていくでしょうが、連日の報道、いい加減にして欲しいものです。一般庶民には、全く関係在りません。

 モーニングショーなど、でモリカケの頻度が目に見えて減っている状況です。
 安倍政権の有耶無耶作戦に国民が嵌まるか、覚醒を維持しているか、国民が試されています。

 昨日のひるおびで、伊藤氏が官邸の支持は無く忖度と良い、八代氏は財務省の単独犯と言いきり、フェードアウトさせようという雰囲気です。

森友疑惑 菅官房長官が佐川・太田氏から説明受けていた
 安倍首相は菅氏に「(質疑で)特に私の家内の名前も出たから、しっかりと徹底的に調べろという指示をした」(昨年2月24日の衆院財務金融委)と述べており、妻昭恵氏の関与疑惑を意識したことは明らか。安倍首相の指示を受けた菅氏は、佐川氏らから説明を受け、安倍首相に報告をしたことは認めましたが、具体的な日時や説明随行者の氏名は明らかにしてきませんでした。

 安倍首相の辞める答弁の数日後、菅官房長官と、昭恵夫人の関与を調べた財務省佐川理財局長以下と国交省の関係者が作戦会議を開いています。その結果、佐川理財局長の全面否定の強弁となりました。
 昭恵夫人の口利きがバレたら、総理・議員を辞めないといけないため、全面否定の答弁、決裁文書の改竄となったです。他の資料は時間を掛けて改竄し、ほとぼりが冷めた後、公開となりました。

 昭恵案件として優遇を決断したのは、最低でも本省の迫田理財局長、更に事務次官まで?、態度から麻生大臣まで上がっていなかったとみます。

麻生氏が「悪いのは昭恵だろう!」と怒鳴る声が役人に話題

 麻生大臣が悪いのは昭恵夫人と官僚を怒鳴っていたと言われており、発覚後に大臣は官僚に事実を問いただし、事実を知らされたと思います。
 原因は分からないと言うのは嘘、良く知っています。

森友文書改竄 公文書管理 安倍晋三首相が再発防止策指示 今国会中に結論
 背景や原因が究明しないで、対策を立てられないのは非を見るのは明らかです。膿が対策を立てようとしている。国民は騙されないぞ。

 経済が良い、株価が高いから、安倍首相の強権的な民主主義を破壊する政治も見逃そう、許そうとする国民が3割もいます。経済は日本の自律的な経済ではなく、アメリカ経済の好調の恩恵で有り、株価は日銀や年金のお金を注ぎ込んで高値安定を仕組まれていることに気付くべきです。
 出口戦略の無い、危ない綱渡り状態であり、国の借金は1000兆円を越えた、歯止めが利かない状態にあることも自覚すべきです。

 一人だけなら単独犯、複数人が連携していたら組織犯罪です。共謀罪の対象です。

 マフィアが、自分たちの悪事を調査するようなもので、全く真実性が完全に欠如しています。嘘つきが自分たちの嘘を調べているようなもので、結果は嘘に決まっています。

 お手盛りの処罰も、近畿理財局の自殺と比べ、月とすっぽん以上の差が在り、麻生大臣以下、余りにも軽すぎます。人が一人死ぬようなことを、こんな些細な処罰で済ませるなんて、あり得ません。

 首相は公文書管理の対策を命令したと言いますが、原因が特定できない調査結果で、対策を講じられるはずの無いのは常識です。

 日大でさへ、第三者委員会という、中立的な眼で調査しようとしていますが、民主主義に則った官庁が、お手盛りの調査で誤魔化そうとするのは、民主主義、国民への侮辱で、国民は大いに怒らなければなりません。

 佐川長官の答弁がきっかけとしていますが、答弁の理由・背景が追及されていません。あの強弁は首相の口調そのもので、安倍首相の辞める発言のため、答弁は官邸命令と考えるのが筋です。

 日大の悪質タックルの根源は日大の強権体制という環境が原因で、その強権体制を民主的なものに変えるのが対策、公文書の対策も、安倍強権体制が原因で、強権体制を民主的なものにするのが、対策です。
 首相が三権分立の頂点にならないようにする、官僚を人事で支配できなくする、簡単に2/3以上になる選挙制度を改めることでは無いでしょうか。


 日大アメフト部は、安倍一強とそっくりです。認めずにずるずる伸ばす、部員は自由にものが言えないなんてのも同じです。

 賢い視聴者はやっていることは安倍政治と同じだと気付いたでしょう。コメンテーターも、独裁政権が長期化すれば、イエスマンで周りを固め、反対を唱えるものを遠ざけた結果、善悪の見境が亡くなり、暴走してしまう。安倍政権そのものだと何故、言えないのでしょう。

 日大アメフト事件では、弱者側を気遣い、強者側を叩く流れがあるのに、こと国政に対してマスコミは、奥歯に物の挟まった言い方で、本当の強者には情けないかな、弱腰です。

 ロシアは、北方法領土に日本以外の資本をどんどん呼び込み、安倍首相の北方領土政策は失敗しています。何処が外交の安倍でしょうか。

自民幹部、加計氏の記者会見促す=野党、麻生氏辞任を要求

 加計学園、日大共に、ワンマン経営の学校法人、よく似ていますね。普段は偉そうに威張りまくるが、自分に責任が掛かる事態になると逃げまくる。安倍首相も似たり寄ったりです。

 ワンマンだから、何でも前面に立って、引っ張ると思いきや、自分に責任が在るときは、より前面に立つと思いきや、保身に周り、逃げ隠れする、人間的には最低で、蔑んで良いタイプの人間です。
 それが、人の上に立つ、下から文句が言えない、鏡であるべき人が、腐っている。その腐り(膿)が下々、社会に蔓延していきます。
 腐った人間が権力を持つと、より大きな権力へと、こうなるのでしょう。健全な人間が権力を持つと独裁には走らないのでしょうね。

 森友は昭恵夫人、加計は加計理事長が、キー(ウー)マンですね。
 昭恵夫人の森友押しで、安倍政権に取り入りたい財務省が最大限の便宜を払ったのが森友事件、安倍首相の親友である加計理事長のお願いを聞いて、無理やり国家戦略特区に当て嵌め、他をふるい落としたのが加計事件です。
 野党は、昭恵夫人、加計理事長の証人喚問を求め続けなければいけません。

<森友文書改ざん>福田元首相、財務省を批判
 福田氏は首相在任中、公文書管理法の制定に取り組んだ。今回の問題について「改ざんなんてことがあり得るのかと思った。ちょっとさびしい話だ」と述べた。
 佐川宣寿前国税庁長官らが不起訴処分となったことに対しては「おとがめなしとなってしまったら、(近畿財務局で3月に)自ら命を絶った人はいったいどうなるのか」と指摘した。


 かつての自民党政権があれでも如何に健全だったか、今の安倍政権が如何に異常過ぎるかが、福田元首相の発言でよく分かります。

 安倍一強政治が、独裁的権力でもって、国の屋台骨を背負っている財務省の高級官僚までもが、直接的に、かつ間接的に、正直さや良心をねじ曲げ、嘘、隠蔽、捏造を繰り返し、目に余る国民への背信行為です。

 役人が人ひとり心だのに、誰1人お咎め無しには、亡国を感じさせます。検察の上層部により、官邸の指示か忖度かで、不起訴ありきの決断がなされていたようです。
 行政はトップダウン、立法は形骸化、司法は上層部支配、安倍一強政治、三権分立を蔑ろにする、恐るべき独裁、恐怖政治です。

<加計学園>理事長の説明「必要ない」愛媛訪問の事務局長

 支障が来すかも知れない日時や、伝える必要のないも面談の時間、賛同を得たくらいで良いのに、総理の具体の言葉など、ふと思ったことにしては具体的すぎます。

 2月25日に安倍首相に加計理事長が獣医学部を実現に協力するよう直談判、それを受けて3月24日に柳瀬秘書官が加計・愛媛・今治を指南・作戦会議と筋が通っています。

 この事務局長は加計理事長の腰巾着で、理事長の了解を得ない勝手な行動は取らないそうです。

 嘘を付いたこの件について、事務局長の上司で最高責任者である加計理事長は少なくとも記者会見し、記者の質問に答えるべきです。
 日大の理事長も記者会見をせず、逃げてばかり、どちらもワンマン、似ていますね。偉そうに威張りまくるが、矢面に立たず逃げてばかり、卑怯な人間です。

 日大の強権統治と安倍一強政治、全く変わりません。片っ方は徹底的に叩くのに、日本最大の権力に対しては、大分手前で鉾を治めてしまいます。
 この違いは権力の大きさと、マスコミも権力から抑圧されるところから来るものと思います。

 日大アメフト部の学生たちの声明は、指導部を批判するものではなく、自分たちの不甲斐なさを責めるものでした。
 また教職員組合の声明への賛成も、身分の不安から、集まりにくいと言います。

 日本人の個より集団、組織に重きを置く考え方が、民主主義の浸透を押さえているように思います。
 個が合ってこそ、地方が有り、国がある、個の尊厳が守られていない、大事にされていないことが要因です。
 教育もそのような歯車を作る管理教育がなされ、個人を尊び、多様性を重んじる教育がなされていません。
 結局、個人主義・利己主義がはびこり、その次は飛び越えて、集団主義、封建主義が色濃く残っています。

 安倍政権が嘘を言っているのか、愛媛県文書が嘘なのか、日大事件の世に、テレビで議論すれば、安倍首相が政権ぐるみで嘘を言っているという結論になります。

 リベラル政権では個(=人権)を尊ぶ政治をスローガンにして、自公政権との明かな違いを打ち出して欲しいものです。
 個を大切にする政策を行い、個の確立を促し、安倍政権のような独裁政治が出来ない素地、民主主義を重視する国民を作って欲しいものです。

 大阪地検は肝心の不祥事の背景を明かさないまま、捜査は終わりました。森友はこの背景(安倍一強下での昭恵案件)こそが原則一括売買が割賦に変わり、大幅値下げとなりました。
 日大ばかりでモリカケ問題を放送しなくなったテレ朝も大阪地検のように、官邸からの圧力があったのかもしれません。

 日大の構図は安倍一強の姿にそっくりです。そういえばワンマンの加計学園も相似形です。
 日大を報道する際には、必ず、安倍一強政治と連関させ、国民に想起させて欲しいものです。

 安倍首相は国会を軽視しています。自分の政治を行うには通過儀礼、邪魔者ないほうがよいと、心底願っているのでしょう。従って、党首討論なんて、どうでも良いのです。アピールする場は反対の無い言い放しのところを選ぶでしょう。
 党首討論は安倍首相が答えないから、討論にはなりません。そうなれば、マスコミが報道するように、過激なことを演説するべきだと思います。
 私は安倍首相の民主主義を蔑ろにする姿勢を徹底的に糾弾すべきと思います。討論の必要なく、理屈の通った演説の方が効果的です。徹底的な人格攻撃でも良いと思います。
 マスコミが書いてくれる、放送してくれる内容にすべきです。


山本太郎 自由党 対 安倍晋三 総理大臣「安倍総理 膿はあなた!」国会質疑 参議院 予算委員会 2018年5月28日

 山本太郎議員の「安倍総理 膿はあなた!」は、理詰めの質問で最後に、結論で膿はあなただは、にグーの根も出ませんでした。

福山哲郎フルボッコ!安倍総理の「これは委員が作ったストーリーでしょ」発言で紛糾[国会中継・森友加計]2018年5月28日25分頃

 紳士的な質問は、安倍首相には堪えません。福山氏の安倍氏が関与した文書の部分を列挙し、総理はただ言葉で否定するだけという質問にストーリーを作らないで下さいと答弁したのは、首相の関与が時系列に並べただけで、腑に落ちてしまうのを極度に恐れたためのようです。
 もっと嫌がる質問をすべきです。嘘つき安倍首相に伺いますというように、野党議員は接頭語として常に付け加えるくらいのことをした方が良いでしょう。
 証拠はと問われれば、発覚後の被疑者の証言は信用できない、その時の文書が証拠となると返答しましょう。

ひるおび 2018年5月29日 #2/21時33分頃

 今日のひるおびで、決め手が無い、もう飽きているで締めくくろうとした田崎氏に対して、大谷氏が間髪を入れず、まるで日大の広報部長みたいと言われ、発言が帳消しとなり、痛快でした。

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。