FC2ブログ
≪ 2018 10   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2018 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

 介護離職ゼロを謳っているのに、現実は2万人増加し、公約が実行できないのでは無いかという質問に、自説を主張する前に、現状を認め、対策を含め、答えるべきでしょう。

 その自説も、働きながら介護する人が5年で55万人増えたのであって、働きながら介護が可能になったとは一方的な自己都合の解釈です。まるで、首相が働きながら介護できるようにしたというような口ぶりです。
 こんなアバウトな調査では、働きながら介護が可能になったとは言えません。お金が無いため、施設に空きが無いため、やむなく働きながら介護なのかもしれません。困窮度を含めた、内情を知る詳細な調査が必要です。
 言えることは、高齢者の増加により、働きながら介護する人も急激に増えたということだと思います。

 一方で、介護する人は薄給の職業のため、人員不足で、外国人を入れたがっています。
 施設介護でも、訪問介護でも、人員不足であり、十分な介護が得られていないことも想像がつきます。
 家庭介護によらざるを得ず、それも不十分で、中間層の没落を考えれば、介護家族は困難な状況にあることが想像できます。
 スウェーデンでは介護職は公務員であこがれの職業です。最低賃金を上げれば、外国人に頼らなくても、人材が集まります。底辺の職業から脱却し、格差の固定化からの脱皮もできます。仮に、外国人を入れても、健全な社会の形成に貢献します。

スポンサーサイト



愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。