FC2ブログ
≪ 2018 10   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2018 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

IT担当にも問題発覚 700万円分領収書宛名なし
 一部報道を受け、この日の参院内閣委員会で立憲民主党の杉尾秀哉氏の指摘に、平井氏が認めた。「事務所に確認を指示し、支出の目的や宛名のない領収書があったとの報告を受けた。選挙管理委員会と相談して適切に対応したい」と述べた。宛名がないのは平井氏側の要求ではないかと指摘されると、「収支報告書にはその(支出)内容も含めてすべて書いている」と述べ、支出自体は問題ないとの認識を示した。問題の領収書は61枚、約700万円分にのぼるとされる。

 宛名無しの白紙領収書が61枚700万円、唖然、言葉が出ません。1枚平均10万円以上の領収書に宛名が無いなんて、あり得ません。
 日付、金額、宛名、発行者、(印紙)が揃っていないと、領収書とは言えないのが常識です。そんな白紙領収書を添付することは、経理担当は勿論、誰もやらないことです。
 虚偽記載として立件し、1枚1枚を発行者にチェックしたら、容易に分かることでしょう。

 新閣僚の資産公開がされました。何と、断トツ1位が虚偽記載疑惑の平井大臣、2位がオリパラやサイバーセキュリティに無知で無関心の桜田大臣、3位が金の亡者の片山大臣、他とは群を抜いています。
 平井大臣はこうやって私腹を肥やしていたのかも知れません。

スポンサーサイト



麻生氏演説「人の税金で大学に」

 敵憎しなら、常識も全て吹っ飛んで、批判する、底抜けの馬鹿、インテリジェンスの欠片も、日本人としての美徳も、微塵も感じられません。
 税金を貰う側を蔑む差別意識と人を攻撃する手段を選ばないという卑怯さが根底にあります。

 学習院大だって、私学助成(平成29年度で573校中56位11億円)があり、麻生自身も人の税金で大学に行っていたことに相違ありません。馬鹿丸出しです。
 自分自身、人の税金で飯食っていることを忘れたのでしょうか。そんなに税金で人を見下したいのなら、議員報酬を全額、返納してからにして下さい。

 こんな人が日本の副総理、財務大臣であることが、とても恥ずかしい。こんな人を議員に選んでる福岡8区の選挙民たち恥ずかしく無いのでしょうか。

北方2島の主権は交渉対象=日ソ共同宣言でロ大統領

<北方領土>安倍首相「対象は4島の帰属」従来と変わらず

 プーチンの完全な嫌がらせですね。
 日本の領土であった二島を返還と言えば、主権とかに区分せず、全て返還が常識です。
 二島にロシアの主権が残るならば、米軍基地は出来ないので、米軍基地を作るなは、矛盾しています。ロシアは主権を含め、返還する意思があること示しています。
 狭い二島に米軍基地を作らなくても、北海道に米軍基地を作れば、同等にロシアへの威嚇になるので、意味はありません。日本国中に米軍基地容認の日米密約を改めるよう、日米関係に釘を差そうとしていますが、主権侵害の日米地位協定見直しにとって、むしろ好都合だと思います。
 国後、択捉は完全に放棄し、歯舞色丹で国境線確定で以て、手打ちしろということだと思います。

 安倍首相が胡麻化す、四島の帰属問題は確かにそうだが、四島一括と言っていた政府方針は今回の二島返還を基礎とする交渉には大きな開きがあり、方向転換が次の交渉で明らかになるのは明白です。
 国後・択捉は千島列島に含まれ、人が住み基地もあり、二つの嫌がらからも国後・択捉まで進展せず、断念せざるを得ません。
 二島先行し、国後・択捉が後に続くことは、現実的にも、交渉ベタの外交的にもあり得ません。
 安倍首相の任期中に解決したいのなら、歯舞・色丹(北方領土面積の7%)プラス国後・択捉の開発費しかないでしょう。四島返還だからこそ70年掛かっても実現しなかったですから、四島返還できたら安倍首相は凄いとなりますが、日ソ共同宣言の二島だけなら、そんな偉ぶることではなく、これまでの総理でも汚名を覚悟出来たら、可能だったと思います。

 家族帯同で永遠に更新は永住を意味し国籍取得に繋がり、移民なのに移民政策では無いと言い、アメリカはサービスを含む交渉と言っているのに、FTAでは無く、TAGなど新語を作ってまで物品だけと言い張る、
 騙す安倍政府(詐欺集団)も騙す安倍政府(詐欺集団)、騙される国民(馬鹿な人たち)も騙される国民(馬鹿な人たち)です。

 北方領土は、日本が無条件降伏した後で、連合国にあったソ連が日ソ不可侵条約を一方的に破棄し、侵入して奪ったものだと、ソ連は火事場泥棒した汚い国だと、安倍首相はロシア国民に真実をアピールする勇気があるのでしょうか。
 そうすれば交渉が有利となり、形勢逆転出来るかも知れません。

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。