FC2ブログ
≪ 2019 03   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - -  2019 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

 元号が変われば、世の中が変わるというのでしょうか。元号が変わっても、安倍政権が、自民党政権が続けば、殆ど変わりません。
 本当に踊られやすい馬鹿国民ですね。時間が少し立てば、騒ぎはパタッと収まるのでしょうが。本当に軽い国民ですね。

 令和時代が始まるの「時代」に大きな違和感があります。旧石器時代、新石器時代、縄文時代、弥生時代ここまでは生活道具、古墳時代ここだけお墓、飛鳥時代、奈良時代、平安時代、鎌倉時代、室町時代、安土桃山時代、江戸時代ここまでは政府があった場所、明治、大正、昭和、平成、令和、此処から元号=天皇の名前です。
 明治以降は東京時代が正しいと思います。更に2つに分けると戦前の立憲君主国家、戦後の民主主義国家。平成時代では無く、平成年間が正しいです。

 天皇制と国民主権、象徴天皇とは、天皇の名を首相がつけて良いのか、女系天皇は等々、天皇制を考える良い機会です。日本国民、もっと本質論に頭を使って欲しいですね。

スポンサーサイト



近寄る安倍首相に「ストップ」と叫んだトランプ大統領…「レッドカーペット上の屈辱」

15097.png

 安倍首相がレッドカーペットに乗ろうと、トランプ大統領に近付くと、ストップとトランプ大統領から制止させられました。
 友好国なのに、立ち位置は屈辱的です。日本政府は抗議すべきでしょう。マスコミは日本国民に伝えるべきでしょう。
 やっぱり、アメリカの属国、ポチの位置として、あの立ち位置をアメリカは考えていたのでしょう。
 ゴルフ外交、武器の爆買い、北に吠える、安倍外交は何だったのでしょう。パシリに貢君、ポチ外交だったのでしょう。

 そもそも今回の外遊、大事な用事の無い、必要に迫った事項も無い、本当に意味のない、行く必要の無い旅行でした。

 韓国が立ち位置云々していますが、そんなことで張り合うのは極東の重箱を突き合っているようなことだと思います。日本と比較して、韓国はどうとか、これも情けなさ過ぎる次元の低い話しです。

「次は私が金正恩委員長と向き合い、解決する」「私が司令塔になる」
 安倍首相は去年の6月からほぼ毎月1回、全く同じ台詞を言っていると言います。これをやるやる詐欺と言います。普通、同じ意味を違う言葉で言い換えたりしますが、安倍首相は全く同じ言葉ということは、丸暗記しているのでしょう。

 安倍首相が政権維持のため、繰り出す言葉です。実際は在任期間中、拉致問題解決の糸口すら、最大の課題と言うほどの見つける努力もしていません。
 今まで、金委員長と向き合いたくなかったが、向き合わざるを得なくなった。司令塔は当たり前のこと、司令塔になりたくなかったが、ならざるを得なくなったと解釈できます。

 トランプ大統領に、金正恩委員長に拉致問題を伝えるために、巨額の防衛品を買わされています。
 1mmも動いていないのに、拉致問題をやっている感を国民に示す為に、巨額の国民の税金を無駄遣いをしています。
 何回も口を利いて貰っているのに、、金正恩委員長からは何の反応もありません。日本は対朝制裁について、独自制裁を行うなど、一番強硬派だったから、日本は北から信用できない存在になっています。
 これまで、完全放棄=完全降伏させて、拉致問題解決の方針を、北が望む段階的解決の方針を打ち出せば、拉致問題は一気に進むでしょう。

 完全放棄前提のアメリカと一線を画した行動を日本が取れるでしょうか。アメリカのポチ外交から独自外交に踏み込めるはずがありません。
 北にとって、核と拉致は切り離さないでしょう。北朝鮮が動くのは、核の制裁解除の時だけでしょう。マスコミが今がチャンスと言っていますが、やはり、拉致は核問題解決の後でしょう。
 勇ましく、繰り返す金委員長と向き合えるのは、米朝が解決した後、自力的な言葉を匂わせていますが、実態は他力本願です。

景気悪化の公算大 専門家「間違いなく下方修正される」

 トランプ大統領となって、アメリカファーストで保護主義となり、中国との覇権争いで、米中の貿易戦争となり、世界経済は去年の秋から減速に向かっています。
 貿易は部品生産が他国にまたがり、日本も当然影響を受け、日本経済も縮小の方向に向かっています。
 米中の貿易問題が解決したニュースも無いのに、歯止めが掛かる筈もありません。
 一段落したとしても、5G等、米中の覇権争いが続き、長期的にも世界経済は上向きとは言えないでしょう。

 なのに、安倍政権は自らの政権維持のために、好景気と嘯きます。今もマイナス金利を続けているのに、一度も物価上昇率2%を上回ったことが無いのに、消費税10%延期を2回も続けているのに、アベノミクスは成功していると嘯きます。

 段々、消費税延期、衆参同日選挙が現実のものとなってきました。幹事長代行にアドバルーンを挙げさせた安倍首相の指令が、滞っていた野党一本化を動かせることになり、裏目に出た模様です。
 維新を除く野党は共通目標を決め、選挙協力を進めて欲しいものです。

10連休「自宅で過ごす」が7割 平均予算は4.7万円

 混雑を予想して、連休中、家で過ごす人が3/4,政府のお祭りに踊らない人が多く居るアンケート結果です。自分、家族の都合が良いとき、観光地がそんなに混んでいないとき、旅行したいと考えているでしょう。

 「全閣僚が外遊大臣」ですね。少なくとも、半分以上が遊び目的で、大使館員をこき使うのでしょうね。外遊大臣のため、彼らは10連休では無くなります。

 そもそも10連休は良いことには思えません。旅行に出掛ければ、交通機関は混むし、宿泊や観光施設は高いし、ストレスは溜まるは、疲れるは、お金は掛かるは、レクリエーションになっていません。
 おまけに、最大混雑時に合わせるため、インフラは過大となり、客が集中する施設も年全体の稼働率は高くありません。
 こう言うお祭り的経済政策は、均してみれば、非効率で不経済です。

 非正規雇用や日給月給の労働者は収入源です。今、インフルエンザが再び流行しています。医療機関の対応は不十分になるでしょう。考えれば、考えるほど、国民の多くが一斉に休むというのはリスクがあります。

 10連休では無く、有給休暇を充実させる方が大事です。
 祝祭日が17日と世界で1位ですが、有給休暇が20日と合わせれば、欧州先進国並みですが、有給取得率は50%と著しく低いため、それほどでもありません。
 子供の運動会のように、個人の実情を無視して一斉に休む、集団主義の一環です。だから、自分だけ休むという罪悪感から有給取得率が低いです。
 集団より個人を尊重する社会へと転換し、祝祭日を減らし、有給休暇を増やし、有給休暇取得を義務化する法律を定めるべきです。また非正規雇用にも、有給休暇が取れるように法制度を整えるべきと思います。

 譲位はずっと前から分かっているのですから、GWを避けるべきでした。年度替わりの4月1日で良かったと思います。

安倍首相、ノートルダム大聖堂再建に協力を表明

 日本が協力的なのは、木造復元の技術的協力ぐらいです。金銭的なものは、カソリックの信者たちが行うでしょう。

 焼けたのは屋根と天井、それに尖塔部分で、それ以外の石造部分は免れたので、寄付金が1000億円、これからも集まりそうなので、それで対応出来るかも知れません。(日本の国立競技場が1500億円)
 パリ五輪に向け、5年以内の再建は明らかに政治利用です。何十年単位で建築されたもの、時間を掛けて検討し、時間を掛けて建築すべきです。

 ノートルダム大聖堂とフランス国民の困窮のどちらか大事かの方が、より重要な問題提起です。
 今の自由市場経済、資本主義が格差拡大をもたらし、明らかに行き詰まっています。格差拡大は社会の不安定化を招き、不幸は不幸の連鎖をおこし、社会の分断をも招きます。
 大企業は法人税は出さないが、ノートルダムには金を出します。富の再分配をし、不公平を減らす方向に向かわないと、世界が不幸に向かっていくように思います。

 日本が協力的なのは、木造復元の技術的協力ぐらいです。金銭的なものは、カソリックの信者たちが行うでしょう。

 焼けたのは屋根と天井、それに尖塔部分で、それ以外の石造部分は免れたので、寄付金が1000億円、これからも集まりそうなので、それで対応出来るかも知れません。(日本の国立競技場が1500億円)
 パリ五輪に向け、5年以内の再建は明らかに政治利用です。何十年単位で建築されたもの、時間を掛けて検討し、時間を掛けて建築すべきです。

 ノートルダム大聖堂とフランス国民の困窮のどちらか大事かの方が、より重要な問題提起です。
 今の自由市場経済、資本主義が格差拡大をもたらし、明らかに行き詰まっています。格差拡大は社会の不安定化を招き、不幸は不幸の連鎖をおこし、社会の分断をも招きます。
 大企業は法人税は出さないが、ノートルダムには金を出します。富の再分配をし、不公平を減らす方向に向かわないと、世界が不幸に向かっていくように思います。

 大阪は特殊、負けるのが分かっていたので、吉本へ行って、リクリエーションをしたのかもしれません。
 選挙演説するよりも、吉本新喜劇に出演した方がテレビに取り上げられ、露出が多い方が、何となく支持率は上がるからと考えたのかも知れません。
 しかし、安倍首相、小泉Jが選挙区に応援演説に行っても、形勢逆転できなかったのも事実で、結果、自民の議席が失ったのは事実です。
 安倍首相、小泉Jでも、形勢逆転するほどの人気や力の無いことも分かりました。

 大阪府民も判断が可笑しいです。国政選挙に維新に入れても、自民と同じ、首長選挙とは違うのに気付かず、勢いで投票して仕舞っています。特に、宮本氏に入れずに維新に入れたリベラル派は間違っています。

 幹事長代理は日銀短観という言葉を口にしたことが無い、総理の専権事項である解散を口にしたことから、受け売り、つまり安倍首相の言葉を代弁していると言えます。
 このまま増税路線で行って、野党が増税延期で戦ってくれば、ひょっとして勝てないかも、2/3を大きく失うかもと考えているに違いありません。
 野党が弱体で、主導権争いをしていて、一本化できないうちに、争点無しのダブル選挙をやれば、現状維持できると考えているに違いありません。

 衆参同日選挙の公算が高くなったと思います。野党(勿論維新は野党では無い)が候補者統一を急がないといけません。

政府、国連に「原発推進」の戦略案提出へ 温暖化対策で

 原爆を落とされ、生き地獄を体験させられ、今度は類を見ない原発事故を起こし、更に何十年も悲劇が続くのです。
 この国はこれらの悲劇や惨事で何を学んできたのでしょうか。何を学んで将来に生かそうとしているのか、この国は賢くないと自覚すべきです。

 燃料棒の取りだし開始に4年半も遅れ、燃料デブリは何十年掛かっても処理できるかどうかも分からりません。原発政策の根本の核のゴミの最終処分も決まっていません。
 核のゴミが自然に存在する鉱石のレベルまで、放射能が減るのに数万年掛かります。今の原発のために、数万年間、管理しなければならず、原発で利益を得る人たちが、人類が存続するかどうかも分からない間、後世の世代に迷惑を掛けるのです。
 原発事故で、万全の安全対策により、原発は高額すぎて採算の合わない物になり、安倍政権の成長戦略?!の原発輸出は不可能になっています。
 それなのに、国連に「原発推進」の戦略案提出とは、目先の利益のみ追及の安倍政権・経団連は日本の未来が見えず、国を導くリーダーたり得ません。

 原発推進の理由が地球温暖化のためだそうですが、ドイツは原発ゼロ、自然再生エネルギー推進により、地球温暖化対策を進めています。
 地球温暖化対策=原発依存ではありません。国民を騙そうとしてはいけません。原発依存が自然再生エネルギー開発にブレーキを掛けています。地球温暖化対策=自然再生エネルギーです。

 原発に不適な地震大国・日本は地熱発電の最適国です。自然に恵まれた日本こそ、自然再生エネルギーが相応しい国です。

日ロ平和条約交渉、6月の合意を断念 2島返還、進展見通せず

 化けの皮が1枚ずつ剥がれ、大嘘が1個ずつバレていく安倍政権の終末期を迎えようとしています。
 参院選まで、安倍首相は小ネタのイベントを次から次へと打って、TVジャックし、国民にマイナスポイントを思い出させないようにするでしょう。

 二島返還先行返還どころか、二島ぽっきり、さらにはその主権は日本には無く、国民に約束した二島返還先行返還から恐ろしく後退です。
 それもロシアに気を遣って、固有の領土と主張しないと譲歩して、この結果です。私の代で解決という手の内を晒す馬鹿、強いものには謙る態度、どこが外交の安倍ですか???

 拉致だって、米朝の核問題が解決しなければ、安倍首相の出る幕はありません。何が金委員長と向き合う、他力本願なのに、笑わせますね。

 参院選に向けて、北方領土は×、拉致も×、アベノミクスも×、最重要課題は軒並み罰点です。日米貿易問題は参院選後に引き延ばすでしょう。
 野党の増税延期に対し、消費税アップでは分が悪いと判断したら、なりふり構わず増税延期で衆参ダブル選挙になるかも知れません。

(ニュースQ3)大学入学式、スーツ「黒一色」なぜ

 安倍元号に安倍麻生貨幣を何の疑いも無く、受け入れる若者たち、彼らに未来を切り開く力や発想があるのでしょうか。

 権力を受け入れ、権力を得る近道は東大的指向、早稲田は自由で伸び伸びしたとカラーがあったはずです。枠の中に納まって、没個性の優等生ではないはずです。

 先進国は個性を大事にする教育を置いて、創造性や活力を導き出しています。しかし、日本は未だに、明治以来の富国強兵の管理教育、集団教育を維持し続け、出る杭は打たれるなど、没個性の大量生産品のような人々を量産してきました。
 先進国では入学式は無いと聞きます。これも、日本式の管理教育、集団教育です。

 先進国となって高度経済成長が終わりを告げ、新たな成長モデルが見つけられず、時間浪費と停滞を続け、世界の上昇からみれば、沈下へと進んでいます。
 先行きの不透明さ、閉塞感があれば、若者が飛躍して、新たな世界を切り開き、思い年金制度を打ち払いほどの活力を示すのが若者である筈なのに、日本の若者は重い荷物を目の前にして同質化し萎縮し、薄いガラスの安定に満足しているのでは無いでしょうか。だから権力者に迎合し、右傾化し、考えることを止め、視野を狭め、今の生活だけに埋没しています。

 今の若者を見ると、日本の未来は、益々沈下して行くしかないようです。大人が切りひらなかった新たな発展モデルや大きなつけを若者に押しつけるのも当然、大きな問題です。

 安倍首相のワンマン振りからして、こんな大事なことを、伊藤氏の言う忖度なんてあり得ません。総理直々の指「令」です。

 安倍政権がこのまま、消費税増税で参院選に臨んだ場合、野党は消費税増税延期で、消費税が焦点となれば、勝てるかどうかを、探ってアドバルーンを挙げたのでは無いかと思います。参院選に勝つために、此処で増税延期を匂わす予防線を張ったと思います。

 前回の新たな解釈で延期したように、今回は別の解釈で再々延期とし、消費税増税を争点から消せば、勝てるのでは無いか、それとも、責任政党として財政規律にも責任ある態度として、増税した方が勝つか、衆参同日選挙をしても2/3は確保出来るか、安倍首相は悩んでいるのだと思います。
  だから、手下に観測球を挙げさせたのだと思います。

 報道1930で若者に聞くと今はまあまあと脳天気状態、1人当たりのGDPや実質賃金が日本だけ下がっていることにビックリ、驚くほど無知でした。
 管理教育から、お上には従順で、現状に我慢する、為政者にとって都合の良い国民です。
 良い指導者が居れば良い方に邁進するでしょうが、安倍首相のように悪い指導者なら、どんどん奈落の底に転落していきます。底を見ないと気付かないのかも知れません。

 アベノミクスは世界経済の好景気に支えられたもので、アベノミクスではトリクルダウンは起きず、大企業、資本家たち、一部が恩恵に浴しただけで、格差は拡大し、実質賃金は増えませんでした。
 アベノミクスでは世界経済拡大期でも経済の好循環は得られないという結果は出ています。

 昨夜の報道1930,小西美術工藝社の社長が言っていたのはそのとおりです。
 日本は競争力があるのに、高度経済成長のモデル、薄利多売の思想、良いものを安く売ることで、常に低賃金圧力があり、賃金が増えないから、先進国で唯一のひとりあたりGNPや実質賃金はマイナスとなっています。
 生産性を上げないない企業は退出し、効率の悪い中小企業を減らしていく、産業構造も変えなくてはいけません。
 それを誘導できるのは、企業に賃金を上げろでは無く、最低賃金を徐々に上げていくことです。実例として、イギリス、ニュージーランドは成果を出しました。
 失敗した韓国の15%のような急激では無く、年間3%くらいです。良い企業に淘汰していくことです。
 その結果、格差は縮まり、実質賃金は上がり、一人当たりGDPも上がります。
 日本国民は管理教育から現状満足に慣れきっています。日本がバブル崩壊以後、陥没していることを、世界から学ぶべきです。


消費増税は6月の日銀短観次第 自民・萩生田氏

 安倍首相に近い萩生田光一幹事長代行が勝手に、忖度でもアドバルーンは挙げません。安倍首相の指令です。
 その証拠に、否定した菅官房長官は幹事長代行を避難もしていません。役割分担です。

 リーマンショック級の不況が政府の見解、日銀短観で増税延期はハードル下げすぎ、これこそ衆参同日選挙でしょう。
 増税延期に対する国民の反応を見ているのでしょう。延期が選択肢になるかを探っているのでしょう。
 その目的は政権維持です。


不祥事巡る予算委、与党が開催拒否 野党「審議拒否だ」

 安倍麻生忖度道路で追及されるから、衆院補選のため、与党は審議拒否をする、何と不誠実な対応でしょう。
 一点の曇りが無いなら、正々堂々と応じ、疑念を払えば良いのでは無いでしょうか。安倍首相自らが任命した閣僚の発言、政権自ら招いたことです。即座に応じるのが正しい道です。

 絶対権力を持ちながら、正々堂々、公明正大にせず、権力任せに、姑息で卑怯な政治がまかり通るから、社会は正々堂々、公明正大にせず、権力任せに、姑息で卑怯な社会になっているのです。
 国民は腐った政権を上に抱いているから、社会が腐るのだと自覚すべきです。
 政権与党の重要な条件は、政策云々よりも、、正々堂々、公明正大、正直、誠実が大事と言えるでしょう。選挙の選択肢も同じだと言えます。
 

首相と省庁幹部の面談記録「不存在」 官邸1年未満で廃棄

 安倍独裁により、民主主義が壊れていきます。政策の成り立ちがオープンになり、国民誰もがそれを知り、納得し、或いは意見を言うことが出来、より良い内容に変えていくことが民主主義です。

 安倍一強の強大な権力に恐れおののいて、安倍首相の目の前でメモできないそうです。記録も1年以内、直ぐに消去するか、マル秘にするか、いずれにせよ、公にしないのがルールなのでしょう。

 安倍様の言うことは、神のお告げのように、ただ従えば良いと言っているかのようです。
 まさに皇帝・安倍様です。本当は元号に安の文字を入れたかったに違いありません。「令」の字の象形から、人がひざまずいて神意を聞く事を意味します。安の代わりに令を入れたとも言えます。
 首相と省庁幹部らとの面談は、「令」そのものです。

安倍首相が「桜を見る会」開催 桜田氏失言騒動、火消しに躍起

安倍首相が福島県訪問 桜田問題に触れず謝罪なし

 安倍元号、安倍麻生新貨幣について、まともな民主主義国家ならば、闇の中で決めることは、主権者国民にとって、暴挙です。
 お上が下々にお告げをするような、独裁国家や封建制の社会のようです。どういう過程で、どういう議論をどういう理由で決まったのか、国民にディスクローズすべきです。
 更に言えば、その決定過程に国民が参画することが民主主義で求められることでしょう。
 安倍麻生紙幣も同じです。どういった方法と理由で1000円5000円10000万円が決まったかを明らかにすべきです。
 国民の人気投票という方法の方が二人の独断より、民主主義的で面白いです。

 フクシマ原発が5年振りとは、成果が出ていないので利用できない、マイナスイメージがつくで、行かなかったのでしょう。利用できなものには無関心、性格の悪さが出ています。
 記者に復興五輪の桜田大臣辞任について、聞かれると、ムッとして、令によって無関係な用意した視察をアピールしていました。
 熊本に行かず、東北被災地に行ったのは、大臣更迭の名誉挽回、帳消しです。下心が見え見えです。真心が全く見えません。考えることは政権維持のため、次の参院選に勝つため、被災地は二の次どころか、五の次、六の次、拉致問題同様、最重要課題は大嘘です。
 不祥事にも支持率を上げる、騙される国民も国民です。

 野党の非力が、安倍政権の支持率が下がらない要因です。駄目の烙印は安倍自民党が吹聴し、マスコミがそれに追随し、擦り込まれている感じです。
 野党が国民の中から出てくるものです。非力な野党は非力な国民を意味します。国民が野党を育てないから、非力になったと言えます。
 安倍独裁を許すのか、野党を育てて、多様性のある社会にするのか、国民に突きつけられていると解釈すべきです。

桜田五輪相更迭、首相「参院選前でなくてまだ良かった」

 安倍政権は、国民の生活が良くなる、日本が良くなるという大きな目的は欠如し、政権を維持することだけに力を注いでいます。
 要するに、選挙に勝てば良い、その為には消費税対策として、赤字国債を出して、ばらまきます。
 改元や譲位、新貨幣、五輪、万博、国民栄誉賞など、あらゆるものを利用しまくり、不規則大臣の辞任等のマイナス要素を消しまくり、プラスイメージに変えて行きます
 。国民は政策でこそ支持率評価すべきなのに、こういうお祭り騒ぎのイメージアップで、支持率アップさせて仕舞う愚かさに気付いていません。

 野党が内輪げんかの体たらくは否めませんが、自民党に乗って、マスコミまでもが野党の非力さを宣伝するものですから、完全に国民の中に浸透しています。
 その為、安倍政権は傲慢さ、驕りが出ても、安心しています。

 小選挙区制、官邸の官僚任命制度で安倍政権は自民党、官僚を完全掌握し、安倍独裁を強いています。省庁幹部は安倍面談の議事録を残さないなど、益々独裁は悪化しています。
 安倍一強で、対抗する人も無く、考えを異にする多様性も無く、自民党は完全に人材は枯渇しています。安倍安泰、安倍しか居ないと思う国民が多くなるのだと思います。

 日本は安倍一強とそれを生み出す法制度によって、益々地盤沈下し、活力を失っていきます。
 それに気付かないのが、薄い氷のような脆弱な安定に満足している日本国民です。

 多くの集団の中には、場を楽しませるこう言った人間がいるものですが、そう言う人は役職に就けません。ましてや責任の伴う国民の代表である国会議員にも不適です。
 被災者を傷つけたから次元が違うと言っていますが、パラオリのことを殆ど知らない、パソコンを知らない、それだけで不適任です。遅きに失したと言えます。

 失言ばかりする大臣だけでなく、五輪の知識の乏しい五輪担当、PCを触ったことすらないサイバーセキュリティ担当、安倍首相の任命責任は大きいです。
 口先だけで、具体的なペナルティを自らに科さない安倍首相に、国民は怒らなければなりません。

 玉川氏の言うとおり、東京オリパラの何処が復興五輪なのでしょうか。復興は刺身のつまに過ぎません。復興は付け足しなので、真実を言う癖のある桜田大臣は、議員の方が大事と思わず口が滑ってしまったのでしょう。
 安倍首相の嘘の政治にもうそろそろ、国民は気付くべきです。


消費税対策、6兆円超の効果は 税率10%まで半年、“成功体験”にできるか

 消費税増税で、税収増5兆円、消費税対策で6兆円、差引税収減1兆円です。事実上の消費税延期どころか減税です。
 消費税対策で恩恵を受けるのは金持ちです。貧乏人ならば、恩恵分は全て消費しますが、金持ちはセーブし、税収は更に増えません。天下の愚策です。
 2度の消費税アップの後、景気後退をしたのことから、今回は絶対したくないのでしょう。
 アベノミクスの失敗の刻印が押されてしまうので、増税を帳消し以上の消費税対策を講じているのです。

 安倍首相の目的は歴史に名を刻むこと、それには結果が出るまで、政権を維持い続けることです。
 政権維持の為には、遠い将来がどうなろうが、根本問題を先送りしても、目先の利益であり、聞き心地の良い嘘の言葉の数々であり、目眩ましのイベント(オリパラ、改元、新紙幣)です。

 パラオリの祭りの後、景気の激しい落ち込みが予想されます。その時には将来世代にツケを回してバラマキするでしょう。
 イベントは麻薬、お祭り騒ぎで経済の基盤が良くならないことに、国民は気付くべきです。トリクルダウンでも経済の好循環が生まれないことにも。

原発新増設、真剣に推進を 経団連が投資停滞に警鐘

 世界に売れないものだから、日本で売る、世界に売れないものを国策にして日本に売る、日本国民を馬鹿にしているとしか思えません。

 先進国はフクシマ原発事故から原発離れが加速していて、大きく自然再生エネルギーに舵を切っています。日本は原発依存で、再生エネルギー開発に大きく後れを取っています。
 スマホが主流になるのに、ガラパゴス携帯にこだわって、世界から取り残されたのを思い出します。
 自己刷新が出来ない結果、一人当たりGDP(国連統計)は最高7位から転落し32位で韓国にも迫られ、もはや一流国ではありません。自己診断をせず、自己称賛ばかりし、問題を覆い隠しています。

 未知の無数の活断層地震を始めとする、災害大国日本は、原発が不適合であることを自覚せず、核のゴミの処理という根本問題すら解決できず、フクシマ原発の事故処理すらままなりません。燃料デブリは取り切れず、チェルノブイリのように石棺化も噂されています。

 経団連の目先の利益を追う姿、それを擁護する政府、生来を見渡し、高所に立って決断できず、先送りすることが、バブル崩壊以後、日本を停滞、衰退させている要因です。

首相「政治家は真実を語らなければ」 塚田氏の辞任受け

 安倍首相は、真実は絶対喋るなと釘を刺しているように聞こえます。
 塚田副大臣は自民党支持者の前だからこそ、本当のことを言いました。国会なら、無難な答で、深層の真実は絶対に言いません。

「襟正し、国民の負託に応える」と首相

 全閣僚、副大臣、政務官は忖度し、首相の為に働けというように聞こえます。

 安倍首相は子供の頃、悪いことをしても、私がやるわけがないを押し通して、成功体験があるのでしょう。真逆のことを言って、逃げ切れることを覚えたのでしょう。
 優しい人間や嘘を付くのが嫌いな人間、真面目な人間なら、全否定や、逆に開き直るなんてことは出来ません。

 安倍首相は、これまでの首相の中で、最悪の人間性です。心根は糞だらけです。誠実とか、真心とか、欠片もありません。両親がこの子は駄目だと言ったそうですが、そのとおりです。

 国民も悪いです。物事を突き詰めることが出来ません。曖昧にされ、短時間で忘れてしまいます。掘り下げて考えることも出来なければ、雰囲気だけで流されてしまいます。
 だから、根本問題は先送りされて、全く解決できていません。同じ敗戦国のドイツとは、大きな差が開きました。日本のお先は真っ暗の状態です。

 安倍首相が独裁者のようにして決めた令和を自分の支持率浮揚に使いました。イチローの国民栄誉賞でも、自分の支持率浮揚に利用しようとしましたが、イチローが辞退し、失敗しました。イチロー格好良いですね。国民栄誉賞を突き抜けています。

 そもそも、受賞基準がハッキリしない国民栄誉賞は受賞者のためと言うより、授ける為政者のため。曖昧な国民栄誉賞は不要です。

辞表提出の塚田氏「国民に謝罪」 記者会見で頭下げる

 参議院2回生で、やらかしてしまった塚田副大臣に、自分の意思で進退を決定することは、官邸は許しません。こうなった以上、塚田副大臣に自己決定権はありません。
 辞めないから、一転して辞めるは、官邸の命「令」です。強気が信条の官邸は辞めさせない→辞めない、としましたが、党内や世論の動向を見て、辞めさせる→辞めるい翻意したものと思います。

 6個あった凍結された連絡橋のうち、唯一安倍麻生道路だけが解凍されたのかの解明が求められます。
 これが進むか否かは国民がどれほど怒るか、国民の世論に限っています。忘れやすい国民、一過性のマスコミ、持続は困難そうです。
 副大臣の権限は田崎氏も認めたとおり、4000万円の調査費くらいは権限があります。工事段階で、大臣認可となる手順だったと思います。利益を受ける者だけで決定する公共事業は最初に動かすこと、国費をつけることが大事で、動き出したら止まりません。副大臣はその重要な役を担ったので、自慢だったのでしょう。思わず、口から、忖度したと漏らしてしまいました。

 重要なのは、安倍麻生道路が経済的に成り立ち、かつ緊急性があるかどうかの検証をし、忖度があったかどうかを明らかにし、数千億円の事業費にブレーキが掛かるかどうかです。

安倍首相、罷免要求重ねて拒否 塚田副大臣の忖度発言

 森友、加計、令和、安倍麻生道路、みんな、安倍独裁が生んだ産物です。
 続投を指示していた強気の安倍首相も、参院選に影響が出ないよう、塚田副大臣を辞めさせました。参院選はまだ先なのに、首切りの早さと前言飜しは異常です。トカゲの尻尾切り、沈静化はことの重大性を秘めているのかも知れません。

 安倍首相が陳情書に名を連ね、参院会長が動き、国交副大臣が予算をつけた。モリカケ同様、状況証拠は揃っています。安倍首相が陳情する、身内関係への利益誘導というあってはならないことも、モリカケ等に同じです。
 財政危機で、連絡橋は福田首相の時に凍結、財政状況は良くなっていないのに、安倍麻生道路だけ、安倍首相が強靱化で、解凍した。モリカケとそっくり。

 副大臣は忖度したという嘘を付いたと述べましたが、何故、塩漬けされた中から、安倍麻生道路だけが解凍したか、説明されていません。

 今朝のモーニングショーでも、2車線の海峡トンネルと6車線の関門海峡大橋とが交通量がほぼ同じことから、交通量の余裕は明らかです。費用便益は1以下でしょう。

 時代が変わったと騒いでいますが、忖度は引き継がれています。時代は変わりません。利益誘導も、安倍首相周辺では引き継がれています。
 令和は3月中頃、最後に急遽、選ばれた最後の候補です。中西進氏は当然、令は候補にもしなかったが、嫌々ながら、知識を全開して探してきたようです。

 自民党憲法案のような、中央集権的な漢字を探すよう安倍官邸に指示されたのでしょう。それが美しい月の令月の令で、官邸が今強調しています。
 しかし、漢字は象形文字、人に人がかしずく姿を現したもの、人がかしずくほど美しいに転移したのであって、通底するものはやはり人がかしずくなのです。

「ワンセグ携帯も義務」確定=NHK受信契約、上告退ける-最高裁

 安倍政権とNHKの癒着振り、凄まじいですね。最高裁も巻き込ませて。最高裁裁判官の15人中14人が安倍内閣の任命です。

 NHKは安倍政権に国民に不利な情報を流さない代わりに、受信料を安定的に得る、これも国民に知られたくない真実です。

 民放を見て、NHKを見ない権利があって良いはずです。テレビ、ワンセグで、NHKを見られない設定を認めるべきです。
 テレビを設置したら、NHKに受信料を払うのは、憲法違反です。NHKを見ない権利を認めるべきです。

 テレビ、ワンセグを見たいなら、NHKに金を払えと云っているのと同じです。国民が知る情報はテレビからが多いのは現実です。国民の知る権利はNHKに金を払わないと得られないことになります。

「令和」最終段階で追加 政府要請で中西氏提出か

 安倍首相は日本の書物から望んでいて、最終段階まで安倍首相の気に入るものがなく、首相の細かい意向を受け、平野氏が万葉集から見つけたのが「令和」だったようだ。
 文化勲章まで貰った人が、「令」を書物から選ぶはずが無いと思っていたが、安倍首相の命令で探したということで納得した。


新元号「令和」を好感73% 西暦との併用45%で最多

 「令」に好感を持つ日本国民の脳みそはあって無きものです。頭を全然使っていません。元号とは、天皇制とは、漢字とは何なのか、何も疑問に持たず、勉強もしません。お上の言うことをただ受け入れるばかりです。

 オレオレ詐欺に引っかかるのも頷けます。
 第2次大戦で、沖縄で地上戦、全国各地の空襲、2個の原爆を落とされても、政府に追随した日本国民。戦争から何も学んでもいません。与えられた民主主義さえも学んではいません。

 元号が代われば、時代が変わり、国も変わる、今はいつの世ですか。政策、方針を大転換しない限り変わりません。
 元号では無く、政策です。イベントでは無く、政治が変わらなければ、変わりません。
 元号、東京オリンピック、大阪万博で、日本のファンディメンタルは変わりません。
 イベントをやって、根本の大問題(少子化・労働力、大借金など)解決を忘れさせて、先送りしていても何も変わらず、問題蓄積で、むしろ奈落の底に落ちて行くばかりです。

 やはり、明治以来の右向け右の教育が災いしています。個より集団、集団より国優先で、多様性、個性を削ぎ、活力を削いでいます。

 令和と聞いて、真っ先に気に命令をイメージし、相応しくないと思ったのは、誰しもが思う感覚です。お上の言う人は両手を挙げて、賛成という人以外で、常識のある人は全部、そう思います。

 ましてや、令和を文献で選んだ人は勿論のこと、識者もそうだと思います。なのに、令和に皆が賛成という発表は嘘か、事実なら忖度が酷すぎます。

 象形文字であり、表意文字である、令は人が人にかしずいている様子を表していることから、令月は月に、令嬢はお嬢様に傅いている発展系であって、2通りの意味はありません。

 万葉集梅の歌の序文「于時初春令月 氣淑風和・・・・・」には他にも漢字があるのに、これまで一度も使わていない、候補も2回だけというレアすぎて、意味が良くない令を選択した、中西進・大阪女子大名誉教授の見識を疑います。
 前漢の張衡が記した帰田賦にある「於是仲春令月,時和氣清」を真似て、万葉集の一分は書かれています。当時ではおしゃれで、博学を意味したものですが、現在ではパクリと言えます。
 出典は国書ですが、その出典は中国の書物です。厳密には出典は中国ではないでしょうか。

 国書より選択は保守では無いと玉川氏は疑問を持っていましtが、安倍一味は保守では無く、国粋主義者です。
 日本本来は八百万の神で、多様性です。安倍一味は明治以降〜戦前までの独裁、全体主義です。
 今日昼の黒鉄ヒロシの誤った解釈は酷かったですね。


 令和のどこから、安倍首相の言うような解釈が出来るのでしょうか。どんな年号をつけても、同じ解釈しか用意していないように思います。
 「お上が強制的に和をつくる」と解釈できます。今回、安倍首相が元号を決定し、マスコミはお祝いを演出する、まさに過程は「令和」です。決定権の無いそれまでの会合は儀式に過ぎません。

 主権在民ならば、元号はオープンに議論し、国民が決定すべきです。裏でこそこそ秘密厳守で、首相という個人が決定するという結論ありきの手法は、反民主主義的で前近代的です。
 祝日の多くが天皇由来も含めて、文化よりも政治性が強く、昔に戻る危うさを感じます。

 元号は飛鳥時代、天皇2文字も奈良時代に、先進の中国に倣ったものです。日本の伝統ではありません。本家の中国や、日本と同じ冊封国の韓国等は、天皇制が無くなった時点で廃止されました。

 令和は日本の万葉集から取った言いますが、その万葉集は漢詩を真似たものです。インテリが漢詩を文字って和歌にしたということで、大本の出典は中国です。
 そもそも、音読みは中国由来、訓読みが日本由来で、純粋日本的にすることは、元号では不可能です。

 象徴天皇が代わって、時代が変わる、新時代になるわけもありません。
 全てに肯定的に騒ぐマスコミ、国民が異常です。異論・反論あって健常です。飽きやすい、忘れやすい国民性、これも一過性なんでしょう。

 権力をチェックする番人であるマスコミ(テレ東、東京新聞を除く)が、権力の恫喝に恐れを成し、マスコミの使命・存在意義を忘れ、権力におもねています。
 日本は本当の意味で、民主主義が根付いていませんね。未だに封建制が残ります。
 その要因は、富国強兵を達成するための管理教育が、個が大事なはずの民主主義になっても、未だに続いていることにあると思います。
 個よりも集団を大切にする、出る杭は打たれる、権力者にとって、本当に都合が良いのです。
 集団より個を尊重する教育に変えないと、本当の民主主義国家にはならないように思います。

 安倍首相が新元号を令和に決めましたが、「令」は気に入りません。命令、法令、中央集権的な匂いがプンプンします。民主主義、多様性に反する時代錯誤の言葉だと思います。
 個人的には、自らは天皇制と共にあった元号を使用しません。元号は複雑で不便、西洋歴で十分、合理的です。

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。