≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 世論調査によると、期待の閣僚は枝野氏だと!(笑)』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

期待の閣僚 枝野氏トップ 本社・FNN合同世論調査
産経新聞 1月18日(火)7時57分配信
 産経新聞社とFNNが実施した合同世論調査で、菅第2次改造内閣で「最も期待する閣僚」を尋ねたところ、史上最年少で官房長官に就任した枝野幸男氏(46)が12・1%で1位となった。2位は前原誠司外相(48)、3位は蓮舫行政刷新担当相(43)と、40代の閣僚の期待値が高かった
 与謝野馨経済財政担当相は72歳だが、蓮舫氏と並んで3位だった。与謝野氏の起用に対しては、調査でも「期待しない」が「期待する」を上回ったが、政界きっての「政策通」だけに、期待値はそれなりに高かったようだ。
 5位の海江田万里経済産業相(2・0%)以下はいずれも低率の争いだった。
 前原氏とともに「ポスト菅」の一人に挙げられる野田佳彦財務相は0・4%で11位タイ。前原氏らに次いで党を担う人材とされる玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)も13位タイで、予想外に低かった。


若いだけで、期待値が大きい、それに加えて、お口が上手で、パフォーマンスがお得意、テレビに頻繁に出ている、それが共通点のように思います。
年寄り、口べた、コツコツ型は、評価が低いようです。
それと脳科学者の茂木健一郎さんが小沢さんは損をしていると言っていたように、見てくれも大きな要素です。
日本国民はイメージ優先、雰囲気で捉え、理屈で考えるのが苦手な国民です。
だから、マスコミの影響を極めて受けやすいように思います。

今さら反省? 「政治主導とうかつなこと言った」民主・枝野氏
2010.11.14 17:44
 民主党の枝野幸男幹事長代理は14日午後、さいたま市内の講演で、菅政権の支持率が低迷している状況について、「与党になって、こんなに忙しいとは思わなかった。『政治主導』とうかつなことを言い大変なことになった。今、何よりも欲しいのは、ゆっくり考える時間と相談する時間だ。ゆっくり考え相談して、皆さんの声に応えないといけない」と釈明した。
 枝野氏は「(菅)政権は拍手喝采(かっさい)してもらえる状況ではない。今の状況は、本当におわび申し上げたい」と陳謝。
 その上で、「この政権がどこに向かっているのか分からない。漠然とした不安が不信につながっている。政権が国民意識とずれていると受け止められているのは、かなり深刻だ」と危機感をあらわにした。
 政権浮揚の打開策については「何かをすればよくなるということではない」と指摘した上で、「国民の意識と違う部分は丁寧に説明して、理解してもらうことを地道に積み重ねてるしかない」と述べた


枝野官房長官は、幹事長で参院選に惨敗した、これだけでも期待はありません。
おまけに「政治主導とうかつなことを言い大変なことになった。」という政権交代の理念である政治主導を否定している発言を聞くと、幹部に値しない人材であることは明らかです。
前原氏は、偽メールで失脚し、尖閣で漁船逮捕で失敗し、八ッ場ダムも最初威勢はよいが尻切れトンボ、高速道路料金も先送り、全く実績が無く、既に期待できないという結論が出ているのではないでしょうか。

民主党閣僚、特に反小沢派の閣僚には期待できないのが正解でしょう、
与謝野さんが3位に入っていますが、税と社会保障の考え方が、民主党とかなり距離があるのに、何が期待できるのでしょう。
政策通と呼ばれているが、調整役は大の苦手で、自民党の橋渡し役なんかも土台無理です。
菅内閣の閣僚に期待する人はいないというのが実情でしょう。
アンケートの設計により、ある程度結果を誘導することが出来ます。
政権交代をして、閣僚になった人は殆どが省庁に取り込まれ、官僚の代弁者になってしまいました。
無駄を無くす、予算を組み替えると言うことには、非協力的でした。
政権交代の狙い、政治主導をどの官僚も出来ず、結局、政権交代前の自公政権同様、官僚に踊らされています。
期待する閣僚はいないという項目があれば、それが圧倒的でしょう。

茂木さんが小沢さんの政治と金の問題は、国が取り扱う問題として、せいぜい0.1%の価値しかない、どうでも良いことと言ったように、国民が論理的に、科学的に物事を考えるようにならないとこの国は良くならず、いつまで経っても国民主権は叶わず、官僚とマスコミ、大企業、アメリカの支配から抜け出せないでしょう。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。