≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『偏西風にのって スッカラカンは「脱・脱官僚宣言」だと(笑)』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

政治主導、反省・行き過ぎ… 菅首相「脱・脱官僚宣言」
2011年1月21日11時7分
 菅直人首相は21日午前、内閣改造を受け各省事務次官らを首相官邸に集めて訓示し、民主党が掲げる政治主導について「現実の政治運営の中で反省なり、行き過ぎなり、不十分なり、いろいろな問題があった」「いい形の協力関係をお願いしたい」と述べた。
 事務次官会議の廃止や政務三役中心の政策決定といった政権運営のスタイルは変更しないものの、政策決定などで官僚を排除するのでなく、協力や協調を求める「脱・脱官僚」宣言と言える。
 首相は訓示で「(官僚と)政治家との関係は試行錯誤があった。政治家も、『自分たちだけで大丈夫』では物事が進まないことを理解してきている」と発言。首相の言葉に、うなずく次官もいた。
 菅政権は鳩山前政権に比べて官僚と共存する姿勢を強めており、昨年末には仙谷由人前官房長官が、政務三役会議に次官や官房長が同席するよう求めている。


菅さんの無節操というか、超現実主義というか、これでも政治家かと、驚きます。
夢や理想を何が何でも押し通せとは言いませんが、夢や理想が無くなったらお終いです。
いや、夢や理想をを貫こうとすることの方が変に妥協するよりは、遙かにこの日本の閉塞感が打開できるはずです。
政治主導は、総選挙で4年間掛けて政治主導を貫きますと国民に約束したはずです。
いとも簡単に、約束を破る、開いた口が塞がりません。
総選挙で約束した、ありとあらゆることが、破られています。
それも平気な顔で。
まともな神経、まともな人間ではないですね。
恐らく、自分に甘すぎる人間だから、当然と考え、悪いことをしてるとは考えていないのだろうと思います。
やるやる詐欺にあったようなもので、プロの詐欺師は自分をも騙すと言うから、根っから信じ込んでいるから始末に悪い、最悪ですね。
約束を破っても平気、理念もない、背負って立つ拠り所もない、こんなの政治家ではありません。
そういえば、自民党政権では口先ばかりの政治家ばかりでしたが、自民党政権の時代のように選挙前に言ったことと選挙後にやることが全く違う、元に戻ったみたいです。
結局、アメリカに負け、官僚に負け、マスコミに負け、大企業に負け、国民を蔑ろにする自民党政治と変わらなくなってしまいました。
根性が無くなった分、より傀儡度が増えたように思います。
国民の生活が第一が消えてしまい、平成維新は立ち消えて逆戻りし、政権交代の意義が消滅しました。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。