≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 消費税増税に向けて財務省の誘導が始まった』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーしま

<財政状況試算>14年度には100兆円の大台を突破
毎日新聞 1月26日(水)2時30分配信
 財務省が今国会に提出する14年度までの財政状況の試算が25日、明らかになった。それによると、11年度予算案に盛り込んだ事業や、税制が継続されると仮定すると、14年度の一般会計総額は100.9兆円と初めて100兆円の大台を突破、財源を手当てするための新規国債発行額は54.2兆円と11年度(44.3兆円)から約10兆円も増える見通しだ。年金や医療など社会保障費膨張が主因。
 国債発行の大幅な増加は長期金利上昇など深刻な弊害を招く懸念がある。財務省の試算は、政府の目指す税と社会保障の一体改革の必要性を強調する結果になっている。
 試算は、名目成長率が14年度まで年1.0~1.5%で推移すると仮定。11年度に28.7兆円だった社会保障費は、高齢化に伴って毎年1兆円前後増えていき、14年度には31.5兆円まで拡大する見込みだ。国債の元利払い費も、国債発行残高の増加で11年度の21.5兆円から27.1兆円に膨張。この結果、11年度は92.4兆円だった一般会計総額が、14年度には初めて100兆円を突破する。
 一方で、低成長が続くため、14年度の税収は43.1兆円(11年度は40.9兆円)と小幅な回復にとどまり、日銀の納付金など税外収入を加えても54.2兆円の歳入不足が発生。新規国債発行額は50兆円を大きく上回る規模に膨らむ、としている。
 財務省は、政府が目標とする名目3%成長を達成するケースも試算。この場合、14年度に税収が45兆円に上振れするが、景気回復に伴う金利.物価の上昇で歳出も増加。歳入不足は53.3兆円に達し、新規国債の発行額は名目1.5%成長の場合とあまり変わらないとしている。【坂井隆之】


菅政権と財務省は完全に一体化しました。
官僚政治は永遠に不滅ですね。
消費税のアップを菅首相が言い、財務省が裏付けの数字を出す、踊り手と黒子が上手く噛み合っています。

マニフェストにあるように目玉施策を行うために、2010年度で7.1兆円、2011年度で5.5兆円の財源を無駄の排除と他の予算の組み替えで捻出すると約束して、出来なくて方針転換するなら、出来なかった説明とその謝罪、さらに方針転換するなら、解散・総選挙をするのが筋です。

この試算はマニフェストを一部しか実行していない2011年度事業前提にしていることから、マニフェストの遂行断念を前提にしているようです。
公務員の人件費2割カットや、特別会計の全面見直しなどを前提にすれば変わってくるはずです。
景気が良くなっても、財政不足は変わらないというのは嘘くさく、正しい前提では無さそうで、信じられません。
何が何でも、消費税を上げたいという官僚達の意志を感じます。
自分たちの既得権益は絶対に離さないという意志を感じます。
それほど、消費税をアップしたいのなら、試算すべきです。
消費は落ち込み、景気も落ち込み、税収は上がらず、歳入不足はより深刻化するのではないかと思います。
それを試算しないのは、財務省の意志を感じます。

マニフェストの実行断念するなら、政権交代の1年前に起こったリーマンショックを言い訳にせず、政権交代のために大風呂敷を広げたと国民に詫びるべきです。
そうしたくないなら、もっと必死になって、官僚等の既得権益と戦って、マニフェストの実現に努めるべきです。
これまでのやり方を踏襲すれば、同じ結果、官僚主導政治が続くだけです。
やり方をがらっと変えなければ、新しい政治は出来ないと思います。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。