≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 菅首相言いも言ったり!”与謝野氏起用は改革の大義”』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします

<菅首相>与謝野氏起用は改革の大義 参院代表質問
毎日新聞 1月27日(木)11時48分配信
参院本会議で輿石東民主党参院議員会長の政府4演説に対する代表質問に答える菅直人首相=国会内で2011年1月27日、藤井太郎撮影
 菅直人首相の施政方針演説などに対する代表質問は27日午前、野党が過半数を占める参院本会議でも始まった。自民党の中曽根弘文参院議員会長が「昨年秋の臨時国会は『熟議の国会』にはほど遠かった」とただしたのに対し、首相は「与野党互いに反省すべきところは反省して、熟議の国会となるよう努力していくことをお願いする」と協力を求めた。また首相は与謝野馨経済財政担当相の起用について「国民利益のための改革という大義で起用した」と説明した。
 首相は、中曽根氏がマニフェストを見直すならば衆院解散・総選挙を行うべきだと求めたのに対し、「引き続きマニフェストの実現に努力していくことは当然の義務だと考えている。一方で09年衆院選以降の情勢の変化や国民の声に対応する必要もある」と指摘。今夏に検証するマニフェストについて「見直しが必要なら国民に丁寧に説明することで理解を得たい」と述べた。
 同日午後は衆院本会議で、公明党の井上義久幹事長、共産党の志位和夫委員長ら5人が質問する。【大場伸也】


三国志では、蜀の劉備が晴耕雨読の毎日を送る諸葛亮を三顧の礼で持って迎えました。
諸葛亮は任官していない市中の有能な人材だったのです。
菅さんが三顧の礼で迎えた与謝野氏は諸葛亮ではなく、与謝野氏は民主党を痛烈に批判する野党の実力議員で、民主党の政策とは相容れない人です。
鳩山前首相を平成の税金泥棒とののしり、自民党からり離党して作った新党の目的は民主党を倒すこと、民主党の政策を悉く批判してきました。
敵対する魏の将軍を裏切らせ、自国の軍師に寝返りさせたようなものです。
菅首相の例えは、頓珍漢、的外れです。
こんな人を三顧の礼で招き入れるなんて、受け入れる方も受け入れる方だし、入る方も入る方、二人とも変節漢です。
目的のためには禁じ手だった平気、何でもあり、節度も信念も無い人達です。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。