≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 菅政権万事休す!小沢系議員16人が会派離脱』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

衆院16人が会派離脱表明=小沢氏系、首相退陣を要求?再可決絶望的・民主
時事通信 2月17日(木)10時45分配信
 民主党の渡辺浩一郎氏ら小沢一郎元代表に近い比例代表選出で当選1、2回の衆院議員16人は17日午前、党執行部が決めた小沢氏処分や菅直人首相の衆院選マニフェスト(政権公約)修正の動きに反発し、衆院の民主党会派からの離脱を党の事務局を通じ岡田克也幹事長に申し入れた。この後、渡辺氏らは衆院議員会館で記者会見し、「無原則に政策修正を繰り返す菅政権に正統性はない」と述べ、事実上菅政権の退陣を求めた。これに対し、執行部は、会派離脱を認めず、党の方針に従うよう説得する考えだ。
 特例公債法案など2011年度予算関連法案の参院での否決が確実視される中、16人が倒閣も辞さず会派離脱の動きに出たことで、衆院で3分の2以上の勢力を確保して再可決・成立させるのは絶望的となり、政権維持を図る首相は一層苦しい立場に立たされた。
 会見で渡辺氏らは、小沢氏を党員資格停止とする執行部の方針を念頭に「菅政権の党運営が問題だと批判。予算関連法案への対応について「中身を精査して判断したい。(民主党と別の投票行動も)あり得る」と述べ、反対の可能性を示唆した。ただ、離党については「想定していない」と明確に否定した。
 渡辺氏らは会見に先立ち、国会内の幹事長室を訪問し、岡田氏宛ての会派離脱願を党職員に提出。16人は新会派「民主党政権交代に責任を持つ会」(会長・渡辺氏)を衆院事務局に届け出た。ただ、新会派の結成には、民主党会派代表の岡田氏の承認が必要のため、現時点では認められない可能性が高い。岡田氏は国会内で記者団に「規約上、離脱はできない。党所属議員なので決まったことを守るのは当然だ」と述べ、会派離脱願を受理しない方針を示した。 


小沢派議員の反撃が始まりました。
倒閣か、あるいは党を二分するか、いずれにせよ、反小沢グループの執行部に好きにさせない動きになるでしょう。
今回の比例単独で当選した議員たちの党内別会派運動はその第一弾でしょう。
個人でなく民主党の名で選ばれた議員なので自ら党を割れない、党内で別会派とはうまい作戦です。
菅政権のままでは、次回総選挙で比例区当選は絶対無理、それなら党の公認を受けられなくても良いから、小沢さんを応援する、仮に執行部が変われば、公認を受けられる、どちらに転んでも役に立つには今しかないということでの蜂起だと思います。
比例単独で当選した人を執行部は多数決要員としか考えていないようですが、一人の議員としては選挙区当選でも同じ価値があり、意見を言う権利がありますが、執行部は無視してきたのでしょう。
今回の行動は、自分たちの権利を効果的に活かした行為と言えるでしょう。
岡田幹事長が認めなければ会派は作れないそうですが、彼らの言い分を聞かなければ、マニフェスト違反の関連法案に欠席する、欠席したら除名、除名なら無所属で自由に活動できるし、新党も作れます。

菅さんは、野党に熟議の国会と言いながら、喧嘩を売って、数合わせに走っています。
党内に向かっては、挙党一致と言いながら、小沢系議員を冷遇し、代表選で均衡する小沢G議員の意見を聞こうともしません。
半数強で半数弱の意見を無視することは、彼が少数政党で悲哀を浴び、少数意見を大事にせよと考えてきたことを自らしている、民主主義に離反する行為です。
党内で熟議を出来ないくせに、他党に熟議なんか出来る訳もありません。
言うことが矛盾しているのに気付いている様子はありません。
今回の菅さんの会派行動が理解できない発言は、自分の論理しか頭に浮かばない、自分に都合良くしか解釈できない人間だと思います。
政治と金を不条理と言ったように、自分に都合の良いことだけで解釈した、野党の与謝野氏を大臣に引き入れるということを不条理に思わないという、もの凄く自分に都合のように解釈する人だ思います。

党内で割れている場合ではないとマスコミは言いますが、割れるように持ってきたのはマスコミです。
そもそも、206対200の僅差で、初心を貫くか、現状に妥協するかで大きく意見が分かれたというのは、些細な問題ではありません。
政権交代のコアの部分を貫くか、なし崩し的に変えてしまうかは、国民生活に直結する大問題で、党内の内紛といった軽い話ではありません。
党内抗争というマスコミの認識、党内抗争する場合ではないという世論誘導は大間違いだと思います。
マスコミは小沢問題を早急に片付け、党内抗争をしている場合ではないというのを訳すれば、小沢さんを切って、小沢派議員も菅さんたちの言うとおりにやれ、官僚やマスコミなど国民主権を凌駕している既得権益に目を潰れ、と言っているようにしか聞こえません。
無責任なマスコミに誘導され、日本の国は沈没するだけです。
マスコミは、政権交代の本当の意味が、官僚、マスコミ、大企業、アメリカから、主権を国民に取り戻すことだという真相を伝えようとはしません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。