≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 この期に及んでもまだ時期総理を人気投票で決めるマスコミ』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

前原氏、トップ維持=次期首相にふさわしい人-時事世論調査
 時事通信社が10~13日に実施した世論調査で「次の首相にふさわしい人」を聞いたところ、前原誠司外相が前回1月調査比0.3ポイント増の8.9%でトップを維持した。民主党の岡田克也幹事長は0.8ポイント、自民党の石破茂政調会長は0.3ポイントそれぞれ減少したものの、いずれも7.2%で同率2位と順位を上げた。
 新党改革の舛添要一代表は1.1ポイント減の7.0%で2位から4位に後退。みんなの党の渡辺喜美党首は0.6ポイント減の6.5%で前回と同じく5位だった。次いで自民党の小泉進次郎衆院議員は0.3ポイント増の4.5%となり、前回の9位から6位に浮上した。
 菅直人首相、民主党の小沢一郎元代表、自民党の谷垣禎一総裁、石原伸晃幹事長はいずれも4.2%で7位に並んだ。菅首相が0.7、小沢氏が1.0ポイント減ったのに対し、谷垣氏は1.4、石原氏は1.0ポイント増加した。
 調査は全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は64.9%だった。 


時事通信は「次の首相にふさわしい人物」の世論調査を頻繁にやっているので、調べてみました。
2010年1月→4月→7月→9月→11月→12月→2011年1月→2月
調査は去年の夏まで3ヶ月の間隔でしたが、それが2ヶ月となり、最近は1ヶ月間隔で調べています。
早く首相を変えましょうという意味なんでしょう。

獲得ポイントの変遷(%)をみてみました。
前原誠司  5.9→6.3→7.9→5.8→10.3→7.2→8.6→8.9%
岡田克也  7.6→5.2→6.6→3.3→6.3→6.3→8.0→7.2%
石破茂   4.7→4.8→4.3→5.5→7.8→8.4→7.5→7.2%
舛添要一  15.3→21.5→8.7→5.4→5.7→8.0→8.1→7.0%
渡辺嘉美  ?→7.9→11.4→7.3→6.7→7.1→7.0→7.1%
小泉進次郎 ?→?→5.2→4.5→4.3→?→4.2→4.5%
菅直人    9.5→7.9→10.8→26.9→8.0→6.9→4.9→4.2%
小沢一郎   ?→2.3→2.7→7.8→4.2→4.2→5.2→4.2%
谷垣禎一   3.4→2.5→3.4→3.4→1.8→3.2→2.8→4.2%

なんかその時々の政治情勢を背景にした人気投票のような気がします。
菅さんは代表選のときがピークで26.9%という最高の期待を持たれましたが、実際首相をやらせたら、どんどん評価が落ちました。
舛添さんは去年春に21.5%も人気を集めたましたが、今はその1/3です。
首相に相応しいと判断したなら、能力がそんな変わるはずがないので、チャンと本質を見抜く目が出来ていないか、見る視点が間違っているかでしょう。
世論が正確とすると、国民に彼らの資質を見抜けない、国民に見る間がない、国民の目は節穴はということだと思います。
恐らく、マスコミの報道の仕方で影響を受けて、グンとポイントが上がったり下がったりするのでしょう。
菅さん、舛添さん以外でも、渡部氏の11.4%、前原氏の10.3%もそうでしょう。
彼らのパフォーマンスや見てくれ・イメージに惑わされているという側面も大きいようです。
小沢さんはこれまでの実績や、ぶれない発言から見て、こんな低い値はおかしい。
政治と金が本当でも資質としては他の誰よりも高く評価できるし、ましてや冤罪と比定していることからも、もっと評価されて当たり前と思います。
一方、議員1年目の小泉進次郎氏が同じくらいあるというのは不思議です。
全く、実績もなく、完全に未知数で、名前が挙がること自体、間違っています。
もうこれは、マスコミへの露出度と、イメージしかありません。
前原氏は、最初威勢は良いが、どれも貫徹したことはなく、他のものがその尻ぬぐいをしています。
国民は彼のイケメン的風貌と強気の発言に惑わされ、肝心の中味を見ていません。

次期首相にふさわしい人の世論調査が頻繁に行われると言うことは、総理の首をすげ替える時期が近付いてきたとマスコミは考えています。
前原氏は、尖閣問題の最初だけ目立ちましたが、それ以降は、なりを潜め、隠れているような感じがします。
一頃、菅さんが、鳩山政権で国家戦略大臣でサボタージュしたり、蔵相のときも目立たなかったりしたのは、今考えると、明らかに次期首相を狙っていたと言えます。
積極的に首相をサポートすると、首相と命運をともにしなくてはならない、共同責任を取らなければならないから、距離を置こうとしているものと考えられます。
前原氏はポスト菅首相を狙っているように思います。

いずれにせよ、総理にふさわしい、総理の器である、総理としての資質があるということで、選んでいないことだけは確かです。
こんな人気調査は全く意味がありません。
やるのなら、人名ではなく総理には何が必要かを問うて、国民によく考えさせるべきです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。