≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 や巨大地震、一夜明けての被災地は地獄絵図だった』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

菅さんの記者発表で、私がという言葉やヘリでの現地視察に、こんなときでも自分の成果を示したい、パフォーマンスが出てくる人だなと感じました。
復興のために金が要ると言うことで、この期に乗じて消費税増税を一気にやってしまおうと自民党は民主党に提案しており、政府もこのときなら有無を言わさずに出来ると考えているようです。

原子力の安全神話という言葉、その言葉通り、安全というのは神話だったことが実証されました。
東北電力の女川原発が正常で、東京電力の福島原発が予備電源の故障で、緊急事態を生んでいるというのは、想定範囲外という言葉では片付けられないように思います。
神話にしないためには、想定外以上のこと、予備電源に、別のシステムを加えるとか、10mを越える高さの津波に対処するとか、やるべきだったと思います。
原子力安全院の説明は、よく分からず、どうも危機管理が出来ていない、機能していない組織のように思います。
原発のアクセルとブレーキを両方担う組織で、産業側の要請を受けて、常にアクセル側に行動するから、責任回避のために被害を小さく言うきらいがあるように思います。
素人の官房長官が応えるのも要領を得ません。
三者が揃う場で、一番、精通する東電が応えるべきと思います。
このことは最近漸く実現しました。
情報を加工せずに、正確に情報を伝えて欲しいものです。
最悪の事態も応えようとしません。

東電の対応が後手後手です。
1号機、3号機、2号機と後を追うように事態が進行しています。
同じ型の軽水炉で、同じような事態や事故が繰り返すことは容易に想定出来ます。
次に繰り返されることが分かっているのに、何故、先回りして対策がとれないのでしょうか。
更に言えば、対処療法で対処しても、事態の根本は改善されず、根本を解消する対策、最終段階を想定したとどのつまりの対策を講じられないのでしょうか。
何故、全てに最初から海水を入れないのか、不思議に思います。
海水を入れると原子炉は没になるから、それを恐れていると勘ぐってしまいます。
プレート近くの原発は要注意ですし、戦争になり原発が攻撃されれば、それはもう恐ろしいです。
東海沖、東南海沖、南海沖が一緒に動く巨大地震に対して、浜岡原発は大丈夫でしょうか。
若狭湾の原発の想定津波の高さはこれほどのものは想定していないと聞きます。
原発の安全の見直しだけでなく、原発そのもの見直しも必至です。
放射能という見えない魔物と半永久的に付き合う覚悟はありません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。