≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 ”東日本大震災は日本に対する天罰”、都知事の神経逆なで発言』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

石原知事、東日本大震災は「日本に対する天罰」
スポーツ報知 3月15日(火)8時1分配信
 東京都の石原慎太郎知事(78)が14日午後、都内で記者団に対し、東日本大震災への国民の対応について問われ、「この津波をうまく利用して、(日本人の)我欲を1回洗い落とす必要がある。積年たまった日本人の心のアカをね。これはやっぱり天罰だと思う。被災者の方々はかわいそうですよ」などと発言した。被災者への配慮を欠いた発言として問題となりそうだ。
 石原氏はこの日、都内で蓮舫節電啓発担当相と会談し、節電への協力要請を受けた。その後、記者団から東日本大震災の国民の対応について聞かれ、「やっぱり天罰なんです」などと述べた。
 石原氏はその前段で、「日本人のアイデンティティーは我欲になっちゃった。アメリカのアイデンティティーは自由。フランスは自由と博愛と平等だ。日本はそんなものない。我欲だよ。外国だよ。物欲、金銭欲」などと語っていた。最後は「被災者の方々はかわいそうですよ」とも付け加えたが、被災者感情を逆なでする発言と批判も出そうだ。
 石原氏はその後、都庁で神奈川県の松沢成文知事(52)、埼玉県の上田清司知事(62)と会見。石原氏は、記者団から発言の真意を聞かれ、「日本に対する天罰だ。大きな反省の一つのよすがになるんじゃないですか。それしなかったら犠牲者たちは浮かばれない」などと釈明したが、発言の撤回、謝罪はしなかった。
 「天罰」について発言した際、「『被災された人は非常に耳障りな言葉に聞こえるかもしれないが』と言葉を添えた」とも述べたが、実際には言及していなかった。
 同席した松沢氏は石原氏の4選出馬はないとして、都知事選出馬を表明していたが、この日、撤回。都知事選と同日告示、投開票される神奈川県知事選にも出馬せず、引退することを表明した。
 松沢氏は3選以上の多選禁止を条例として制定しており、都知事になっても同様の公約を掲げていた。石原氏は4選目となり、松沢氏の指摘する多選に該当するが、石原氏は「多選? 全く同感ですね。(ほかの候補者が当選して)万が一ということがあって、間違った行政が東京で行われて、東京を失うわけにはいかないと思った。苦渋の決断だった」とも述べた。


日本人が我欲というならば、大名行列宜しく海外へ視察旅行に言ったり、勝てもしないオリンピック招致に挑んだり、だだ漏りの新銀行東京に都民の血税を注ぎ込んだり、石原都知事は我欲そのものです。
天罰というものがあるなら、大震災の被災者よりも石原都知事の方に天罰が下っていた筈です。
石原知事に天罰が下らないことは、天罰なんて存在しないことを意味しています。
1000年貯まっていたプレートのエネルギーが放出したのであって、日本人がどうあろうが、指導者がどんなに愚か者であろうが、天罰でも何でもありません。
こう言う非科学的なことを言う知事がトップにいることが信じられません。
文学で都政をやられたら、えらい迷惑です。

日本に天罰と言う、いったいあなたは何者なんでしょうか。
都知事は日本の首都である東京の責任者であり、それまでも長く国会議員を務めてきた、国民の代表です。
上から目線で、評論家気取りで良く言えたものです。
こう言う視線、姿勢だから、市民の目線に立てないないのです。
石原知事のような市民から遠く離れた上から目線が、原発事故への対応を初めすべてが後手後手に回り、窮地に追い込まれて、より多くの国民を危険に晒しているのです。

日本に天罰と言うことは、被災者にはもっと多くの天罰を下ったということを意味しています。
使いたくない言葉ですが、死人に鞭打つ言葉です。
弱者を思いやる気持ちの欠けらもありません。
彼らが福島原発から電気の供給を受けている都民より、どんな悪いことをしたのでしょうか。
放って置いても最終の結果責任を国民は受けるのですから、最大の責任者はリーダーたち、知事にあるのです。

こんな人を知事に当選させる都民も大いに問題ありと言わざるを得ません。
多選は悪いと言いながら、究極の後出しジャンケンをしました。
こんな人を4選させることこそ、東日本が潰れるのではないでしょうか。
危機ではないのに付和雷同して買いだめに走り、被災地を困らせる人達を見ているとそれもありなんと思ってしまいます。
東京都民も賢くなって、次の都知事選には天罰を下して欲しいものです。

菅政権も、市民の目線、生活者の目線に立てませんでした。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。