≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 ”10キロ圏内、遺体収容できず"、隠しても結果はこれ』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします

10キロ圏内、遺体収容できず=福島第1原発、放射線量高く―警察庁
時事通信 3月28日(月)19時6分配信
 警察庁は28日、東京電力福島第1原発の半径10キロ圏内の福島県大熊町で見つかった男性の遺体収容を断念したと明らかにした。遺体から検出された放射線量が高く、搬送できないと判断した。圏内には他にも収容されていない遺体が残されている可能性があり、同庁は「対応策を検討したい」としている。
 同庁によると、遺体は27日午前、通報を受けた福島県警の機動隊員らが、同原発から5~6キロ離れた屋外にある作業所敷地で発見した。
 遺体表面から全身除染が必要とされる「10万CPM(1分間当たりの放射線検出回数)以上」の放射線量を計測。搬送者が放射線を浴びる恐れがあるほか、搬送先にも広がる可能性があることなどから、収容を断念した。遺体は、収納袋に入れて近くの建物の中に一時的に安置したという。

20キロ圏に数百~千の遺体か 「死亡後に被ばくの疑い」
2011年3月31日 14時38分
 福島第1原発事故で、政府が避難指示を出している原発から約20キロの圏内に、東日本大震災で亡くなった人の遺体が数百~千体あると推定されることが31日、警察当局への取材で分かった。27日には、原発から約5キロの福島県大熊町で見つかった遺体から高い放射線量を測定しており、警察関係者は「死亡後に放射性物質を浴びて被ばくした遺体もある」と指摘。警察当局は警察官が二次被ばくせずに遺体を収容する方法などの検討を始めた。当初は20キロ圏外に遺体を移して検視することも念頭に置いていたが、見直しを迫られそうだ。
 警察当局によると、高線量の放射線を浴びた遺体を収容する際、作業する部隊の隊員が二次被ばくする可能性がある。収容先となる遺体安置所などでも検視する警察官や医師、訪問する遺族らに被ばくの恐れが生じる。
 遺体は最終的に遺族か各市町村に引き渡すことになるが、火葬すると放射性物質を含んだ煙が拡散する恐れがあり、土葬の場合も土中や周辺に広がる状況が懸念される。
 警察当局は現場での除染や検視も検討しているが、関係者は「時間が経過して遺体が傷んでいるケースは、洗うことでさらに損傷が激しくなり問題だ」と指摘している。
 身元確認のため、遺体から爪だけを採取してDNA鑑定する方法もあるが、爪も除染する必要があり、かなりの手間と時間がかかるという。
 27日に、大熊町で見つかった遺体は、除染が必要な基準の一つである10万cpm(cpmは放射線量の単位)まで計ることができる測量計の針が、振り切れる状態だったという。このため福島県警の部隊は遺体の収容を断念している。
(共同)


原発から5キロ離れた作業所で見つかった遺体はガイガーカウンターの針が振り切れて計測不能だと言います。
室内で、それ程の汚染としたら、もうそこには住めないでしょう。
文科省発表のデータを見ると、20キロ圏外しかなく、計れないのか、測って公表すれば、酷いことになると思ったからではないでしょうか。

20キロ圏内で、数百から千の遺体があって、被爆していると言います。
1000年に一度の天災ならともかく、原発事故という人災で、遺体するら弔えないとすると、被害者及び遺族に、二重の苦しみを与えています。
陸海空の放射能による汚染は、長期化すればするほど、深刻となり、多大な損害と精神的ストレスを与えることになります。
東電は責任を持って、償うべきです。
人災に国民の税金は使って欲しくありません。

津波5mの福島原発に対して、津波10mを想定し15mの高台に作った女川原発では、大震災で重要な事故は発生しませんでした。
福島原発事故の要因は、原発推進者だけで作る想定範囲がお手盛りであったことが要因です。
原発の安全に警鐘を鳴らす人達から、想定が甘いという指摘が何度もあったのに、それらを全て無視してきました。
諫早湾、八ッ場ダムなどと同様、建設して直接利益を受ける人達(業者、官僚、政治家=政官業)だけで進められるため、ブレーキを掛ける声が入ることもなく、安全が軽視されたのです。
政官業の癒着、さらに学も加わって、今回の大事故が生まれる原因になったと思います。
政治は自民党長期政権、官僚は経産省や原子力安全・保安院、原子力安全委員会、業は電力会社、東芝、三菱、日立と言った原発産業、学は業界から研究費を貰う御用学者たちです。
彼らに猛反省を促したいです。

今、大連立が叫ばれ、谷垣総裁を首相にという声があります。
自民党政権は政官業学の癒着で安全を軽視して原発を推進した来た当事者たちであり、原発事故の責任を負う側の人達です。
彼らが、猛省もなく、政権の座に変えることは絶対に許されません。
彼らに委ねれば、同じような過ちを繰り返すことでしょう。
震災復興することには全党賛成ですが、具体の中味については意見が対立するだろうし、それ以外のことは基本政策を異にしてきたからこそ、政権交代が国民から歓迎されました。
大政翼賛会となる大連立は大反対です。

高度経済成長の供給側を優先する発展途上国型のシステムが、先進国の仲間入りをしバブルが始めた20年前に賞味期限どころか消費期限が切れてしまっていたのです。
企業や生産者を重視するやり方は、省庁益の肥大、至る所に飛行場など、非効率で無駄をいっぱい作り出し、巨額の借金をつくりました。
消費者や生活者という需要側の視点を入れるべきだったのですが、既得権益が肥大化し、自ら変わることが出来なくて、政権交代に期待したのですが、それも出来ませんでした。

スパモニは今日、18年の幕を下ろしました。
置き土産として、期待していて震災で放送延期となっていた、ちょっと待った総研を放送してくれました。
オーストラリアで財政再建に成功したのは、需要側・供給側、使用者側・労働者側など、各界代表を集め、深刻な状況と痛みを共有し、首相のリーダーシップで、少人数で、歳出削減を決めたことです。
省庁の削減を決め、省庁は自分たちに優先順位を決めたということです。
公務員改革は幹部職員を公募制にし、官僚主導を打破しました。
あとは行政機能の民営化を行ったということでした。
感じたことは、需要側の視点を入れた国民主権をやり抜く熱意があるかないかです。

超現実主義の菅さんには最初からやる気が全くなかった、民主党議員も与党、大臣になって、舞い上がり、原点を忘れてしまいました。
唯一の可能性は小沢さんくらいしかない、その小沢さんが検察官僚とマスコミに嵌められて失墜しているところに、国民の馬鹿さ加減、日本の不運があります。
残念ながら、鳥越さんが日本は一方向に暴走すると言ったように、反省し改めることなく、どん詰まり、瀬戸際まで来てしまい、今回の大事故を起こしてしまいました。
せめて、今回の大事故を契機に、国民一人一人が日本の問題点と窮状を自覚し、国民の命・生活が大事の政治に向けて、自ら変わって欲しいと思います。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。