≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 東電、統制不能になってフランスに泣きつく』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

東電“白旗”仏に泣きついた…「統制不能」原発先進国へ支援要請
スポーツ報知 3月29日(火)8時2分配信
 東日本大震災による福島第1原発の事故で、復旧に苦慮している東京電力が、フランス電力(EDF)や核燃料会社アレバ、原子力庁などフランスの原子力関連企業・機関に支援を要請したことが28日、分かった。ベッソン産業・エネルギー・デジタル経済担当相が明かしたもので、事故の統制不能に陥ったもの、と現地では深刻視されている。また、東電は同日深夜、同原発の敷地内の土壌からプルトニウムを検出したと発表。一部は今回の事故で放出されたとみられ、事態は一層深刻になった。
 事態収束に展望が開けない東電がとった手段は、フランスへの支援要請だった。29日付のフランス有力紙、ル・モンドによると、アレバは事故発生直後から東電側と連絡を取り合ってきたが、26日ごろに緊急要請を受けたという。ル・モンドは「東電が原発事故の統御不能に陥った可能性」との見出しを掲げ、当事者の東電が“白旗”を掲げた事態を深刻視している。
 ベッソン担当相は「東電からの(フランス各機関に対する)支援要請は(事故発生後)初めて」と話した。EDFは18日、専門家の派遣、原発事故に対応するロボットを含む資材130トンの搬送など独自の救援計画を発表。が、ル・モンド紙によると日本側はこれを拒否したという。
 フランスは日本の原子力業界と関係が深い。アレバは日本の電力会社の委託でプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料の加工を請け負っている。福島第1原発3号機で現在使われているMOX燃料は1999年にフランスから運ばれたものだ。
 フランス原子力安全局のラコスト局長は28日の記者会見で、今回の事故状況などから「30キロ圏外に汚染が広がり、農作物などにも影響が出ていることは明らか。汚染が100キロ圏に広がったとしても全く驚かない」とした上で、「(汚染除去などで)状況が管理できるまでに数年から数十年を要する」と警告している。


全てが後手後手です。
今頃、政府、東電の白旗は遅すぎます。
国民への被害を出来るだけ押さえるよう、最初から最悪を想定して、最善の出来ることは何でもする体制で臨むべきでした。
国民の命・健康・生活が大事、そのため国民への被害を食い止めるという、それが最優先の目標なのですが、その思考が全くなく、被害を拡大させています。
国民を守ることが最優先で、メンツに拘ることではなく、原発先進国であるアメリカやフランスの申し出を断ったのは、国民の命の軽視に繋がる判断ミスでした。

なんか統治する、治めている、そんな姿勢ばかりが目立っています。
国民と一緒に悩み、苦しみ、進むという、国民と一体の姿勢が感じられません。
その為には、良いことも、悪いことも全部を出して、国民と情報を共有しなければなりません。
やたら、安心を言って、直ちに健康への影響はないと言って、国民をコントロールする姿ばかりが感じられます。
菅政権は、政府のあり方というものを思い違いをしているように思います。
国民の代表として、国民を守るために同じ目線でともに歩むことが必要なのに、上から目線の統治ばかりしようとしています。
だから統治者として都合良い情報ばかりを出しています。

東電や経産省安全保安院、原発学者は原発推進者で既得権益者です。
現状を悪く言うことは自らを否定すること、彼らは現状を良くは言っても悪く言うことはありません。
政府が、政官業学の癒着関係者の意見を聞いて、ことに当たること自体が間違っています。
国民の側に立っていません。
それが後手後手に回る要因です。

フランスは原発大国で主力の輸出産業、原発産業の危機、サルコジのパフォーマンスのため、来日しました。
菅政権も自分がやっているところを見せるためのパフォーマンスで、両者の利益が一致しての来日で、会談内容を見ると電話で十分だった思います。
防災服も各省庁バラバラだったので、印象が悪いから、オールジャパンと見せかけるため、統一するのでしょう。
防災服は被災地で活動するための服で、東京にいてビルの中で守られて着る必要なんてありません。
記者会見でも、着ているのは彼らだけで、もの凄い違和感です。
菅政権は、政治を何でもパフォーマンスで対処できると勘違いしているのではないでしょうか。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。