≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 今日のとくダネ、原発作業員の環境は劣悪だと』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

テレビでは、鳥越さんのように異論を言う人を番組に出さなくなって、大本営発表のように一方向に流れていくのを危惧します。
政権交代し良い方向に向かうのかなと期待していましたが、逆の方向に進んでいるようで、最悪です。

モーニングバードの司会はボケ二人で上手く行きますでしょうか。
ちょっと待った総研の玉川さんが残っているのが唯一の救いです。
他も内容は似たり寄ったりで、どこを見ても変わり映えはしません。
何処まで行っても横並び、ドングリの背比べなんですね、日本のテレビは、本当に個性がありません。

メシ最悪、雑魚寝、被曝…原発作業員「日当40万円」の過酷労働
2011.03.29
 東京電力福島第1原発の事故で、復旧に携わる東電の協力会社は高い賃金を“エサ”に作業員をかき集めているという。なかには「日当40万円」を提示された男性も。ただ、高給につられて現地へ赴いても、待っているのは被曝の恐怖と、1日2食で雑魚寝しか許されない過酷な労働環境だ。
 29日の東京新聞によると、さいたま市に避難している作業員の男性(27)は、原発メンテナンス業者から「日当40万円出すからこないか」と誘われた。この男性はすぐに断ったが、50代以上の作業員は高給に魅力を感じ、次々と現場へ戻っているという。
 原発の敷地内は放射線量が高いため、作業員は「頻繁に交代している」(東電関係者)。仮に1週間限定の作業でも、日当40万円なら280万円。不況下では簡単に手に入らない、まとまったカネではある。
 しかし、いくら賃金がよくても、作業環境は極めて悪い。現地に滞在していた原子力安全・保安院福島第1原子力保安検査官事務所の横田一磨所長(39)が、その実態を明かした。
 全作業員は免震重要棟と呼ばれる建物で寝泊まりする。朝6時に起床し、朝食は非常用クラッカーと、野菜ジュース1パック(180ミリリットル)。昼食は抜きで、各持ち場の作業に打ち込む。午後5時に作業が終わり、夕食は「マジックライス」と呼ばれる非常用乾燥米と、鶏肉や魚の缶詰1缶。放射線量の関係で、物資の運搬に小型のバスしか使えないため、補給が限られているのだという。
 睡眠は会議室や廊下での雑魚寝。被曝防止の鉛入りシートを床に敷き、毛布にくるまる。
 劣悪な食事などについて、保安院の横田所長は「協力したいが基本的には事業者(東電)の問題」と話した。決死隊を強力にサポートせず、政府はいったい何をしているのか。


日本の運命を握っているとも言える、福島原発の労働者の待遇のあまりのひどさに唖然とします。
原発という危険産業に従事するのは下請け会社社員が殆どです。
だから、東電側の差別的な考えから、下請けの労働者の環境は低くても良いと考えているのでしょう。
これで日本を救えるのでしょうか。
やるからには、日本を救うに相応しい労働環境、待遇を担保し、思う存分、事に当たって欲しいと思います。
現場の人達に比べて、東電の責任者の対応はあまりにも酷すぎます。
責任から、逃げることばかりを考え、だから、やることなすことが後手後手、被害を拡大させています。
日本は労働者は優秀だが、経営者は三流と言いますが、東電もそのとおりです。
悲しいことに、労働者は全体を見る力はなく、与えられた仕事は必死で頑張るというだけ、単に歯車として優秀なだけなんですが。

ソフトバンク孫社長 「自然エネルギー財団」設立へ 科学者100人集めて政府に提言
産経新聞 4月20日(水)17時49分配信
 ソフトバンクの孫正義社長は20日、太陽電池など環境エネルギーの普及を促進するため、「自然エネルギー財団」を設置すると発表した。世界中の科学者ら約100人に参加を促し、政府への政策提言などを行うという。
 同日午後、開かれた民主党の復興ビジョン会合で明らかにした。
 孫社長は福島第1原発の事故を受け、自然エネルギーへの転換を主張。東日本大震災の被災地域を中心に「東日本ソーラーベルト」を作る構想などを提案したほか、普及促進策として自然エネルギーで発電された電力の全量買い取り制度の導入も求めた。
 孫社長は「太陽電池の輸出国として世界最大のソーラーベルトを作ろう。もう一度日は昇る。希望あふれるビジョンを作ろう」と語った。


ソフトバンクの孫さんは100億円を寄付し、原発依存から自然エネルギー転換を促すため、「自然エネルギー財団」設立へ 科学者100人集めて政府に提言しようとしています。
在日の孫さん(勿論、日本国籍を取得していますので、紛れもなく日本人です。)の行動は尊敬に値します。
残念ながら、このぐらい気概のある他の日本人経営者はいないようです。

福島原発労働者の被曝線量を100キロか250キロシーベルトに政府は変えました。
飲み水などの飲食料品の放射線の暫定基準値を国民の命を守る安全側でなく、緩い方向の危険側に変えました。
集まった義援金の避難者への一次分配が遅い、東電の原発事故被害者への一次賠償が遅すぎます。
これらは、皆、国民の生活が第一ではなく、政府としての統治が優先しているものと思います。
国民の命を最優先するなら、原発の冷却機能が失われたなら、大爆発の最悪を考え、避難範囲を3キロから10キロ、20キロ、30キロと徐々に拡大せずに、最初から50キロとすると思います。
自分たちの責任を考える役人根性丸出しの政府です。

政権交代の国民生活が第一の理念は裏切られ、今の菅政権は反対の方向「お上政治」に走っています。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。