≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スパモニのそもそも総研で、これまでの実績で見ると、原発は低コストは嘘で、高コストと放送していました。

「原子力は安い」の大ウソ!原発10・68円、 火力9・9円、水力7・26円
2011/5/12 16:06
玉川徹レポーターの「そもそも総研」コーナーで、「原子力発電は安いのか」と多くの人が感じている疑問にストレートに切り込んだ。
電気事業連合会が出している発電コストの比較では、1KW当たり原子力5・3円、火力6・2円、水力11・9円で、原子力が一番安い。これがこれまでの原子力発電推進の基本になっていた。だが、これに異を唱える人は結構いる。まず京大原子炉実験所の小出裕章助教。 原子力の専門家でありながら、原発に反対している。
六ヶ所村や敦賀に巨額交付金
小出助教は「原子力エネルギーに夢を託してこの道に入ったが、事実に反することがわかった。なおこの仕事にいるのは、反対する人間が必要だと思うからだ」と話し始めた。そして、電事連の数字を「旧通産省や経済産業省がモデルを作って出したイカサマ計算。原子力は安くない」という。
立命館大の大島堅一教授は別のコスト計算をしていた。
「政府の審議会は計算に一定のモデルを使う。発電所建設がいくらか、何十年使うか、燃料はいくらかなどを仮定して計算すると、原子力が一番安いと出ている。私がやったのは仮定ではなく実績をもとにした計算。国民が負担した費用はいくらだったか。それを得られた発電量で割ってみました」
40年間の実績(有価証券報告書)から割り出したところ、火力9・8円、原子力8・64円、水力7・08円。原子力がいちばん安くはない。
大島教授はさらに、国民負担という点から「税金負担分」をこれに加えた。税金は原発に多く使われているので、「原子力は(ほかの発電より税投入が)2円くらい高くなる」
結果は、原子力10・68円、 火力9・9円、水力7・26円 で、一番高いのは原子力発電だ。大島教授は「再処理をいれると高コスト事業なんです。国民の合意が得られるかどうかは微妙だ」という。
原発に注ぎ込まれている税金とは何か。電源開発促進税というもので、1KWにつき37・5銭。東京電力管内の一般家庭で毎月約108円が上乗せ徴収されているという。その税金が何に使われたかというと、たとえば「青森・六ヶ所村の文化交流プラザ」の総事業費約32億8000万円の交付金として31億9000万円。「福井・敦賀市のきらめき温泉リラポート」の総事業費約35億9000万円の交付金24億3000万円といった具合だ。
赤江珠緒キャスター「原発事故があって、その補償などにお金がかかるから高いといわれていますど、そうじゃなくて、そもそもはじめから高かったということですよね(続く)


経産省はモデル計算で原発は低コストだと言っています。
●1KW当たり原子の単価 力5・3円、火力6・2円、水力11・9円
根拠となるデータを経産省は電力会社の側に立って、企業秘密を理由に非公開にしています。
電力会社は地域独占であり、競争相手がいないのに何を秘密にする必要があるのか、大いに疑問で、隠蔽するための口実に過ぎないと思います。
むしろ公表して、原発が低コストであることをアピールすべきであり、ライバル関係にないのだから、電力各社が情報を共有して、互いに活かせる方が国民にとっても有意義なはずであり、隠す理由など見当たりません。

立命館大の大島堅一教授によると、40年間の実績では、火力、原子力、水力の順番です。
●1KW当たりの単価 火力9・8円、原子力8・64円、水力7・08円

地元へ迷惑料となる交付金(電気料金に組み込む)、核廃棄物処理費を含めば、原発、火力、水力の順番で、原子力が一番高くつきます。
●1KW当たりの単価 原子力10・68円、 火力9・9円、水力7・26円

さらに、原子力の補助金、原発の優先的稼働率、送電費用、今回の賠償費用を上積みすれば、飛び抜けて原発は高いはずです。
原子力の補助金は毎年5000億円も投入されている。
原発1基が3000億円とすると、1年で2基くらいただで作れる勘定になります。
原発の稼働率は高く、火力の稼働率は低く、原発が安いという計算の一因になっていますが、原発は調整することが出来ないので、年間、昼夜一定に発電するので、発電のベースとし、出力を調整しやすい火力は調整用に使われ、意図的に稼働率を下げています。
揚水力発電は夜間に上の池に電気ポンプで水をあげて、電力需要の高い昼間に下の池に落として発電する、電池のようなものと言います。
湛水池を上下に作ることから、水力発電より高コストになります。
揚水力発電は夜中に出来る電気、つまり原子力の電気を利用したものです。
揚水力発電も合わせて考えると、原子力はまた高コストとなります。
福島原発が東北電力の管内にあるように、消費地から遠距離に送電され、送電コストも含めば、かなり割高です。
廃炉にしたときの、廃炉にするまでの管理費用、解体費用は膨大です。
また、原発から出る核廃棄物は恒久的に管理しなければならず、原発が増えれば増えるほど、動かせば動かすほど、核廃棄物は増え続け、そのコストは膨大です。
国の借金は数世代に負担させることになりますが、核のゴミは子孫の末代に渡って、負担しなければなりません。
ひとたび、放射能漏れ事故を起こすと、数兆円の賠償金が発生します。
ここまで言うと、原子力が如何に高コストであるかが分かると思います。
自然エネルギーは高いと言いますが、一旦漏れたときのことや未来永劫管理しないといけないことを考えれば、原子力の優位性は虚像と言えるでしょう。


こんなに高くつくものをエネルギーの基盤に添えようとしているのは、特定の被害者を生まない、国民が万遍なく、浅く損をする構造で、原発利権に預かる人達が儲かってきた、止められない酒、アルコール中毒みたいなものでしょう。
掛かったお金は全部、料金として利用者に負担させればよいし、原発は安全、原発は低コストと嘘の宣伝をして、税金を原発に湯水の如く使うことが出来た、こんな上手い仕組みは手放したくなかったでしょう。
それと大きいのが、核爆弾を作る可能性を残しておきたいという、裏の意図があると思います。


負担する国民には都合の悪いことを隠す、もっと酷いことには嘘を付いて、原発利権者が利益を得る構図は許せません。
自民党政権時代の利権癒着の構造はあらゆる場面で行われ、必要なところに金を回せず、これが日本の非効率を生み、日本の没落を招きました。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。