≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 注水を継続し続けた吉田所長は英雄なのか』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

福島第1原発:東電説明ちぐはぐ 海水注入問題
 東京電力福島第1原発事故で、1号機への海水注入は中断されていなかった。事故原因究明に重要な情報が、事故から2カ月以上たって公表されたのは、国際原子力機関(IAEA)による調査直前だった。これまでの東電や政府が発表したデータの信頼性にも疑問符が付く。つじつまの合わない説明も多く、近く発足する「事故調査・検証委員会」での徹底した解明が求められている。
 ◇初期データ「中断」一転覆る
 「現場が錯綜(さくそう)する中で、事実が違っていたことは申し訳ない。コミュニケーションの悪さがあった」。26日、東電本店で会見した武藤栄副社長は謝罪した。
 二転三転した情報の混乱は、なぜ起きたのか。海水注入継続の事実は、24~25日に東電本店が実施した吉田昌郎・福島第1原発所長らへの聞き取りから明らかになったという。
 東電によると、3月12日午後7時4分ごろから原子炉を冷やすための海水注入が始まったが、午後7時25分ごろに本店と現場とのテレビ会議で、「首相の了解が得られていない」との情報について協議。注水停止で合意したが当時、吉田所長は反論しなかった。ところが、吉田所長は注水をやめていなかった。その理由を「冷却が最優先でどうしても受け入れられなかった」と話しているという。
 東電が過酷事故のため事前に策定していた安全対策(アクシデントマネジメント)では海水注入は発電所長の権限で実施できる。だが実際は、「海水注入は首相が判断する感じがあり、その判断がない中で注入できないという空気を(官邸にいた東電関係者が)伝えてきた」(松本純一原子力・立地本部長代理)という。首相の意向に配慮するあいまいな経緯で、原子炉冷却の鍵となる作業の判断がなされていたことになる。
 注水中断は今月20日の東電の会見で明らかになった。その経緯をめぐって、連日国会で取り上げられ、政府や東電、原子力安全委員会が追及を受けた。27日にはIAEA調査団が同原発を視察する。世界の原発の安全対策が問われる中での調査は、主要8カ国首脳会議(G8サミット)や6月のIAEA閣僚会議にも影響する。
 東電が20日に会見で最初に中断を公表してから聞き取りに乗り出したのは24日。現場からも本店への報告がなかったとみられ、対応が遅れた上に「中断」という事実が覆った背景には、こうした国内外の外圧が影響した可能性がある。吉田所長も聞き取りに「新聞や国会で話題になっているのでもう1回よく考えた。IAEAのインタビューも受ける。正しい事実に基づいて評価されるべきだと考えた」と答えたという。
 一方で、東電は16日に公表した同原発の地震発生時の初期データ報告書で、海水注入の中断を記載している。「社内のメモや緊急対策本部の聞き取りでとりまとめた。吉田所長からは聞いていなかった」と説明した。現場との意思疎通が不十分だったことをうかがわせるが、中断から55分後の3月12日午後8時20分に注水が再開されたと公表してきたことについては、「発電所から出てきた報告」と説明する。東電は「この1件以外、報告しているものと違うものはないと聞いている」と強調するものの、他の公表内容への不信を生んだ。
 二ノ方寿・東京工業大教授(原子炉工学)は「注水を継続した吉田所長の判断は正しかった。だが、現場とのコミュニケーションがうまくいっていないことは心もとなく、心配になる」と話す。【足立旬子、永山悦子】
 ◇政府困惑 批判強める野党
 海水注入を継続していたとの東電の発表に、政府内では26日、困惑が広がった。枝野幸男官房長官は記者会見で「事実関係を正確に把握して報告、伝達していただかないと我々も対応に苦慮するし、国民が疑問、不審に思う」と不快感を示した。
 枝野氏によると東電から訂正の報告があったのは発表直前の午後3時前。東電が訂正するに至った原因について「しっかりした情報共有や意思疎通がないまま発表されたことが原因だろう」と語った。
 ただ、東電が重大事実を訂正したのは、政府発表の信頼性を揺るがす事態だ。政府は東電の報告を基に国会答弁などをしており結果的に誤ったことになる。2日の参院予算委員会では海江田万里経済産業相が「午後7時4分に試験注入を開始し、20分で停止した。重ねて(菅直人)首相から本格的な注水をやれ(と指示した)」と答弁した。注入中断は同日から独り歩きしており、誤った情報を見抜けなかった官邸や経産省の責任が問われる可能性もある。
 政府筋は「政府が促していた海水注入や(原子炉の圧力を下げる)ベントを東電はなかなかやらなかったが、それが東電の意思だったのか、(物理的に)できなかったのかすら分からない」と不信感をあらわにした。
 一方、自民党など野党は「隠蔽(いんぺい)体質があるのではないかという疑惑が広がっている」(谷垣禎一総裁)と批判を強めている。
 自民党は19日の時点で「首相が海水注入を中断させた」という情報をつかんでいた。20日にTBSがこの問題を報じると、安倍晋三元首相は「私も複数の人から聞いている。首相として万死に値するミス」と批判した。
 これに対し、首相は23日の衆院東日本大震災復興特別委員会で谷垣氏の質問に中断の指示を否定。「注入継続」は首相の主張を補強する形となり、民主党の安住淳国対委員長は「野党第1党の党首がメディアに検証もしないで乗っかり首相を攻め立てた。一言おわびがあっていいのではないか」と逆襲した。
 しかし、訂正が繰り返される政府・東電の混乱ぶりは、野党に再び付け入るスキを与えることにも。自民党幹部は「こっちは政府の資料をもとに追及してきた。独自のネタもある」と語り、27日にも野党で対応を協議する考えを示した。【中田卓二、影山哲也】
 東京電力福島第1原発1号機への海水注入問題は、現場の所長が継続していたことが26日、判明した。事故収束にあたる2700人の作業員を束ねる吉田昌郎所長(56)とはどんな人物なのか、東電幹部らの証言から探った。
 ◇「親分肌」本店に過去反論も…注水判断した吉田所長
 大阪府出身。菅直人首相と同じ東京工大で原子核工学を専攻。1979年に東京電力入社。昨年、所長に就任し、第1原発での勤務は4回目となった。
 身長180センチで学生時代はボート部に所属し、社内の評価は「豪快」「親分肌」。免震重要棟の廊下で眠る作業員に「もう帰れ」と声をかける一方、収束に向けた工程表を持ち出して作業を急がせる本店に「作業員の被ばく量をどう考えるのか」と反論することも。
 「発電所のことは自分が一番知っているという自負があるのだろう。それが時には頑固に見える」と元同僚。
 情報の混乱が、新たな物議を醸しているが、東電のある幹部は「大変なご迷惑を掛けていることに違いはないが、事故が今の状況で済んでいるのは吉田の存在も大きい」とかばった。
毎日新聞 2011年5月27日 7時44分(最終更新 5月27日 10時21分)


今回の責任のなすり付け合いのドタバタ劇で、政府、東電、自民党の酷い体質が国民の前に露呈したことが、唯一の成果だったと思います。
何と、日本政府、日本政治、大企業は、救いがたい酷い状態なんでしょう。
多く人々の生活を守り、命を預かるという責任感の欠けらもなく、情報コントロールもコンプライアンスも全く体をなしていません。
リーダーたちは完全にボロボロ、自分たちの身の上を優先し、日本国全体の利益を考える力、その為に先を読む力も無く、ごく当たり前の原理原則に則った判断すら出来ません。


海水注入の事前報告、枝野氏認める
2011.5.25 12:36
 枝野幸男官房長官は25日午前の記者会見で、東京電力福島第1原発1号機への海水注入が菅直人首相の言動を受けて中断したとされる問題で、東電が海水注入の準備を政府側に事前に報告していたことを認めた。
 枝野氏は、3月12日午後6時から首相官邸で開かれた会議について「東電から『海水注入の準備をしているが時間がかかる』という報告を受けた」と指摘。さらに「それに先立って、経済産業省原子力安全・保安院にそのような趣旨の報告があったことは報告を受けている」とも述べた。
 首相はこれまで、東電の海水注入について「報告が上がっていないものを『やめろ』『やめるな』と言うはずがない」と国会で答弁しており、矛盾が明らかになったといえる。
 枝野氏は、首相の言動について「まったく矛盾していない。首相は『実際に水を入れ始めた』という報告をまったく聞いていないということだ」と反論した。


当初、菅総理は海水注入を東電が廃炉になるので渋っていて、東電に怒鳴り込んで、海水注入させたと、自分の業績を自慢していました。
上手く行ったことは自分の成果という、自分自慢が菅首相のパフォーマンスです。
海水注入で再臨界の恐れありとした菅総理の指示で海水注入を止めたと、東電が発表しました。
すると、菅総理は斑目原子力安全委員長が海水中は再臨界の危険性があると行ったからと責任転嫁しました。
失敗は他人の所為という、自分に責任が及ぶと、オール転嫁と言われる菅首相の本領発揮です。
それを聞いて、斑目委員長は再臨界の可能性を聞かれて科学的にゼロでないと答えただけだと否定し、自分の責任を回避しました。
その反論に対して、菅総理は海水注入していること自体聞いていないと話の根底をし覆すようなこと突然、言い出しました。
枝野官房長官は海水注入の準備に入っているという報告を受けているというはぐらかした言い回しをしており、官邸には届いて模様です。
海水注入を聞いていないなら、先に注入中断の話しに疑問を呈するのが当然ですが、中断の話に乗って斑目委員長に責任転嫁したのは辻褄が合わず、海水注入を強力に支持したと自負する菅首相は海水注入には最大の関心があり報告を受けていないということはあり得ず、苦し紛れの大嘘をついているように思います。
追い込まれたら、嘘を言ってでも逃れる、なりふり構わない責任転嫁振りには唖然としました。
それを受けて、東電は官邸にいた東電幹部から、海水注入に首相は賛同していない雰囲気を伝え聞いて、首相の考えを慮って東電は海水注入を吉田原発所長に指示したと変えました。
騒ぎが大きくなっても黙っていたが、IAEAが福島第一原発に来ることになって、吉田所長が東電の指示に逆らって、海水注入を中止することなく続けていたと発表しました。
全く持って、ガバナンスが利いていません。

原発事故の非常事態の責任者は、東電福島第1原発所長の吉田氏ではなく、菅首相です。
それが、海水でも冷却し続けるか、海水で再臨界の可能性で止めるかの、判断は明らかに、海水でも冷却し続けるしないのが当たり前なのに、それすら判断できず、逆に邪魔をする菅首相の誤ったパフォーマンス的リーダーシップは目を覆うばかりです。
自らの責任を問われる事態になれば、斑目委員長の所為といい、追い込まれれば聞いていないの逃げ口上、非常時に全権を委任する一国の総理としては極めて情けない限りです。
そういう実態なのに、公然と海水注入は私の成果と自慢する、成功は自分のお陰、失敗は他人の所為と振る舞う、菅さんがこれほど人間性が悪いのか、恐らく本人も気付いていないから始末が悪く、だから任期まで続けるという天然の発言が出来ると思います

東電幹部はリーダーとして何ら評価するものが無く、もうがらくたと言えます。
冷やし続けることが何より大事という至極当たり前のことすら判断が出来ません。
トップは総理だから、勝手にないかすれば責任を取らされるという、リーダーと言うより指示待ちで重い責任を負いたくない従業員のようです。
部下である所長は上司の指示を守りません。
企業の体をなさず、相当酷いものです。
7000万円を越える報酬に値する人達では全くありません。
所長は正しいことを行いましたが、それは超人的でも、革命的でもなく、官邸や東電幹部のあり得ない誤った判断が異常なだけで、人間としてごく当たり前のことです。
大騒ぎになって国会が無駄に時間を費やすまで、事実を言わなかったか、英雄ではないと思います。
それなら、職を賭して無視してやると言えば良かったし、所長は彼しか出来ない状況なのだから通ったと思います。
ずっと口をつぐんでいて、今頃、開かす話しではありません。

自民党は、これで鬼の首でも取ったように、国会を3日間も費やしました。
震災復興の国会の貴重な時間を自らの政局に費やしました。
原発事故は人災であり、そもそもの原因は自民党政権が政官業学の癒着で、安全を軽視して推進してきたためであり、民主党政権の事故への対応が不味いからと言って、声高に責め立てるのは大きな違和感があります。
先ずは、安全軽視で、原発を推進してきたことを大いに反省すべきで、自分たちの失政を反省していたら、敵失を叩くという無責任なことは出来ないでしょう。
自分たちのために政治ばかりをしていて、国民が自民党から離れるのは無理もありません。

注水を55分中断したところで、既にメルトダウンし、水素爆発をした後で、焼け石に水状態だったと思います。
それより、真水が無くなるのが分かっていて、海水注入が遅れたのかの方が大事です。
海水注入し難い要因が格納容器の圧力が高すぎて、消防用ポンプで注入できないとすれば、万難を排して、圧力を下げるベントをしなかったのかが大事です。
更に言えば、メルトダウンに至るまでの限られた重要な時間のなかで、電源車をヘリで空輸するくらいの、大胆な策を講じなかったのかが不思議です。
指揮官たちが、メルトダウンを避ける最大限の努力をしていなかったのかの方が大事です。

日本のリーダーたちの無責任振り、無能力振りは目を覆うばかりです。
そんなリーダーしか生み出せないのが、日本国民なのですが。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。