≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<参院予算委>首相「言葉に責任果たす」早期退陣改めて拒否
毎日新聞 6月10日(金)13時38分配信
 菅直人首相は10日午前の参院予算委員会で、与野党から早期退陣要求が出ていることに関連し「(東日本大震災被災者向けの仮設住宅の)ハード面は予定通りいきそうだが、入った時に生活がちゃんとできるか。孤立死の問題なども責任を持って(次の政権に)引き継がなければならず、自分が発した言葉には責任を果たしたい」と述べた。首相は8月中旬のお盆までに希望者全員を入居させるとしており、早期退陣を改めて拒否した。自民党の林芳正氏への答弁。
 一方、民主党代表選への出馬が取りざたされる野田佳彦財務相は10日午前の記者会見で「菅内閣の一員として、職責を全力で果たすこと以外に何もない。(後継報道に)違和感を感じている」と述べ、態度を明らかにしなかった。今後の民主党のあり方については「誰かから脱するとか、誰かを除くという話は不毛だと思っている。一番超えなければいけないのは、怨念(おんねん)の政治だ」と述べ、党内融和の必要性を強調した。
 中間派を中心に推す声が高まっている鹿野道彦農相も「菅内閣の一員として大きな責務を負っているので、私自身は農水省の大きな背負っている責務を日々、懸命に果たしていきたい」と述べるにとどめた。【松尾良、坂井隆之】


菅さんは本当に往生際が悪いです。
本人は最低の首相にならないよう、実績を少しでも残したいのでしょうが、このまま行くと本人の願望とは逆さま、最低の首相になるでしょう。

取り巻きが早期辞任を口にし始めているのに、当人は来年1月を今年8月へと譲歩しました。
その理由が、圧倒的大差で不信任案を否決したと言っていますが、議員総会で鳩山さんが6月いっぱいぐらいの事柄で辞任と言う菅鳩山会談の話しを明かしたから、不信任案賛成派も反対に回ったわけで、我田引水も良いところです。
公債特例法案を通すための戦略として、頑張っているなら分かる気もしますが、いずれにせよ一度辞任を口にしたらもう終わり、辞任時期はどんどん早まります。

原発対応を間違い、SPEEDがありながら、多くの人を被爆させたことは、万死に値し、国民の命を守る首相としては失格、一発レッドカード退場です。
此処まで首相の座にしがみつく菅さんの神経が分かりません。
これだけ粘れる力があるなら、官僚など既得権に擦り寄るのではなく、最初から妥協せずとことん頑張るべきでした。
何処まで行ったも頓珍漢な菅さんです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。