≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東日本大震災:福島第1原発事故 「年内にも冷温停止」 参院委で首相
 菅直人首相は17日の参院東日本大震災復興特別委員会で、福島第1原発事故を巡り、原子炉の安定時期について「今日明日にも循環型の冷却(水のサイクル)が動き出すので、比較的早い時期に原子炉の温度が下がるのは間違いない」との見通しを示した。その上で「ステップ2の(当初目標の)1月を待たず、冷温停止状態になりうる条件が出てきている」と述べ、年内にも冷温停止を実現できるとの見方を示した。
 菅首相は福島第1原発1~4号機の廃炉を含めた作業について「今の法体系では将来に責任が持てないのでは。特別な法体系で最後まで責任を持つ態勢作りが必要か、検討を始めた」と表明。廃炉に向けた国の関与を明確にするため、法整備の検討に入ったことを明らかにした。【松尾良】


菅首相は参議院で、循環冷却システムができたから、工程表の来年1月から前倒しで、年内にも冷温停止になり得ると見通しをしました。

厚さ15センチの圧力容器の底を2800度の溶融した燃料が溶かして通過し、政府の公表通り、そこに留まって貯まっている水で冷やされているわけはなく、下の格納容器の厚さは僅か3センチ、格納容器の底も溶かし、コンクリートの床に落下していて、今はそれを溶かしていることでしょう。
コンクリートの中に埋没している状況で、循環冷却システムで圧力容器に冷水を注いでも、効果は極めて薄いです。
溶融した燃料が潜り込んでいけば、循環冷却システムで水は冷やされるが、一向に燃料は冷やされない状態が続くことでしょう。
そうしている間に、地下水に放射能が漏れ出し、汚染していくでしょう。
10万トンの汚染水の放射能の量はチェルノブイリの比ではありません。

スリーマイル島の原発事故では、コンクリートを溶かし、岩盤の一歩手前で止まったそうで、岩盤をも貫くチャイナシンドロームにはならなかったそうです。
福島も岩盤までは貫かないとしたら、岩盤を底に、4基の原子炉と周りの土壌全部を囲む放射能を閉じ込める容器を設けるしかありません。
原子炉の周辺土壌から汚染水が外に漏れないよう、絶対漏れない深さ20mのコンクリートの壁、あるいはゼオライトの濠を作るしかありません。
先ずは地下水の汚染、海洋の汚染を防ぐために、汚染水を閉じ込めることを最優先に取り組むべきです。
地面の中を地下水で飽和状態にしておいて、ゆっくり冷やすしかないのでしょう。

当初の段階からメルトダウンを知っていたくせに、国民を騙してきました。
恐らく、菅さんも東電も、核燃料が床スラブに落っこちて、冷却システムも効果ないと知ってるのでしょう。
どこまで、総理の座にしがみつくために、嘘を突き通す、国民を騙し続けるのでしょう。

汚染水処理5時間で停止
想定より早く線量基準に
東京電力は18日、福島第1原発で稼働させた高濃度汚染水の浄化システムのうち、セシウム吸着装置の放射線量が想定よりも早く交換基準に達したとして、稼働から約5時間でシステムの運転を停止させ、運転再開に向け原因究明を続けた。東電は、浄化後の水を原子炉に戻して燃料を冷やす「循環注水冷却」を同日中にも開始する予定だったが、松本純一原子力・立地本部長代理は吸着装置と合わ せ「時期的な見通しは立っていないが、想定している原因であれば、汚染水の移送先がいっぱいになる1週間後までに解決できる」と述べた。循環注水冷却が順調に進むかどうかは、7月中旬をめどに原子炉の安定的な冷却を始める工程表の「ステップ1」達成への鍵にもなっている。松本本部長代理は「全体への影響はない」との見方を示した。東電は浄化システムを、17日午後8時に本格稼働。システムの一部であるセシウム吸着装置には、線量計が備えられているほか、セシウムなどを吸着する鉱物ゼオライトを詰めた機器が中に複数個入っている。線量が毎時4ミリシーベルトになった段階でゼオライトを詰めた機器を交換することにしていたが、予定より早く基準値を超える4・7ミリシーベルトに達したため、18日午前0時54分に停止した。今回、セシウム吸着装置内の最初の機器で高線量となったため、汚染水に含まれる高線量の汚泥が付着したか、周辺にある配管内の汚染水から出る放射線も線量計が検出した可能性があるという。この部分の機器の交換は1カ月に1回程度と想定していた。汚染水の漏えいなどのトラブルは確認されていないという。循環注水冷却は、米キュリオン、フランス・アレバ両社の放射性物質除去装置と、油や塩分を除去する装置を組み合わせたシステムで汚染水を浄化。これをタンクにためた後、再び炉の冷却に使う計画だ。
2011年06月18日47NEWS


菅さんが冷温停止、前倒しの根拠となった、頼みの綱の(本当は殆ど利かない)冷却システムが、たった5時間で止まってしまった。
セシウム吸着装置が1ヶ月は持つと考えられたものが、たった5時間で、放射線量の吸着容量に達し、交換しなくてはならなくなったということです。
再開のめどは立たないと言います。
小出裕章 (京大助教) さんが、放射能の濃度が濃すぎて、吸着剤を直ぐに交換しなくてはならず、浄化は容易でないと言っていましたが、正にそのとおりになりました。
膨大な吸着剤が出ると言うことは、膨大な高濃度の核のゴミと出来てくると言うことになります。
高い放射線を発する吸着剤をどうするのでしょうか。
処理システム自体、高濃度で汚染されるが、これも問題です。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。