≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


首相、唐突に新指針作成指示…原発再開で
読売新聞 7月6日(水)20時56分配信
 菅首相は6日の衆院予算委員会で、運転停止中の九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)をはじめとする全国各地の原発再稼働について「(安全性確保の)新たなルールを作り、国民が納得できる判断が出るよう、海江田経済産業相と細野原発相に指示を出している」と述べ、再稼働の是非を判断するため、原発の耐久性を調べるストレステスト(耐性検査)を含め、新たな基準やルールの作成を関係閣僚に指示したことを明らかにした。 新ルール策定まで、再稼働の判断を留保する考えを示したものだが、政府の方針転換を意味する首相の唐突な発言に、原発を抱える自治体などでは困惑が広がっている。
 玄海原発を巡っては、海江田氏が6月29日に佐賀県を訪れ、運転再開について「国が責任を持つ」と地元自治体に確約した経緯がある。首相の発言は、政権の迷走ぶりを露呈しただけでなく、「場当たり的で、関係自治体を混乱させる」(民主党中堅)との批判も招いている。7月中旬を予定していた同原発の再稼働決定が遅れるのも必至だ。
 首相は答弁で、原発再稼働について、東京電力福島第一原発事故を踏まえ、「従来のルールなら経産省原子力安全・保安院、経産相の判断で(再稼働を判断)できるが、国民に納得をいただくのは難しい」と指摘。そのうえで、「ストレステストも含め、日本のすべての原発を共通のルールでチェックできるような形を検討してくれと(経産相らに)指示した」と説明した。
最終更新:7月7日(木)1時59分


経産省の既得権益チームが幾ら安全と入っても、誰も信用しません。
彼らが安全と入って、福島原発の事故が起きたのですから。
再稼働のために説明に回る海江田大臣は、経産省のイヌになってしまいました。
原発を推進する大臣が安全という立場にないことくらい、分かっているでしょう。

菅さんの施策は、誰かの入れ知恵やパクリ、思いつき政策を自分の延命に絡めていく政治です。
太陽光パネルは孫さんの電田プロジェクトで、ストレステストは誰の入れ知恵でしょうか。
エネルギーの国家方針があって、脱原発にするか、自然エネルギーにするか、原発の再稼働は、太陽光パネルは、というのが決まってくるのが政策決定の手順です。
いきなり、ディテールから切り出し、より上位の構想ができていないから、根拠も何も根無し草、ハチャメチャになるのは分かりきっています。
それも、大統領令の如く、独裁的にトップダウンでやるから、矛盾だらけの支離滅裂、統治とは民主主義とは何も分かっておられないようです、菅さんは。

ストレステストとなれば、不安な自治体にとって、再稼働の要件になるのは火をみるより明らかです。
欧州のように前提でないと言う経産大臣と違うと総理の判断はと聞かれ、ニュアンスの違いだからと大臣に聞いてくれとは、菅さんは責任逃れも甚だしいです。
そこまで考えて、ストレステスト発言をすべきであり、内閣の不一致は首相の責任で判断を示すべきでしょう。
良いところは自分の手柄、嫌なことは他人に、これほど人格の欠けらもない人だとは思いませんでした。

ストレステストの基準はどうするのでしょうか。
完全に行き当たりばったりです。
福島原発の事故原因が解明され、かつ、既得権益と癒着の安全保安院を解体して、原子力ムラの人達を排除した第三者機関が基準作りをして、ストレステストをするというのが手順です。
物事の道筋を描けなくて、断片だけを推し進める、政治家でもリーダーでもありません。
再稼動を容認していて、再稼働を煙に巻くようなことを言う、これはもう単に遅らせるだけ、延命利用としか考えられません。

本当に、既得権益を壊したいなら、経産省の事務次官に古賀氏を任命したらどうか、それぐらいやってみろと言いたいですね。
彼なら、国民負担は最少に、東電・経産官僚・御用学者等の既得権者の負担は最大にしてくれ、発送電分離して、国民の利益が最大限の電力環境を実践してくれることでしょう。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。