≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


政府:検査中の原発の運転再開可否は1次評価で判断-統一見解(2)
  7月11日(ブルームバーグ):政府は11日、原子力発電所の安全性確認をめぐる統一見解を文書で発表、欧州のストレステストを参考に新たな安全評価を実施する方針を明らかにした。定期検査中の原発は順次、設計上の想定を超える事象に対する「安全裕度」の評価を実施し、運転再開の可否はこの1次評価で判断するという。これに加え、全原発を対象にした総合的な安全評価を2次評価として実施する。
  「我が国原子力発電所の安全性の確認について」という文書は枝野幸男官房長官、海江田万里経済産業相、細野豪志原発担当相の連名。枝野氏は午前の会見で、菅直人首相も了解したことを明らかにした。
  枝野氏は会見で、定期検査中の原発再起動について「起動準備の整った原発を対象に順次、行う。安全性に対する安心、信頼を得るために今後政府としてはこうした追加的な評価、確認により運転再開、再起動の可否を判断したい」と述べ、1次評価による安全性確認が前提となるとの認識を示した。
  運転再開時期の見通しについては「今回の政府方針のポイントは独立性の高い原子力安全委員会の専門家の評価を事実上関与させることに一つの大きな意味ある。あらかじめ期限を切っていつまでに結論出してもらわないと困るということで安全委員会を縛るということは今回の趣旨に反する」と述べるにとどめた。
  具体的な評価基準については原子力安全・保安院で「日単位」で早急に案を策定し、原子力安全委に提示したい考えも示した。
  また、九州電力玄海原子力発電所の再起動をめぐる混乱について「政府の方針が明確でないことで立地地域等に混乱を招いたという指摘を受けている。真摯(しんし)に受け止め、また反省すべき点もあったと考えており、今後、立地地域の自治体等に新たな安全評価の趣旨や内容について丁寧に説明したい」と語った。
原子力安全委
  文書は定期検査後の原発の再起動をめぐる問題として、「原子力安全・保安院による安全性の確認について、国民・住民の方々に十分な理解が得られているとは言い難い状況にある」ことを指摘。その上で、「安心・信頼の確保のため、欧州諸国で導入されたストレステストを参考に新たな手続き、ルールに基づく安全評価を実施する」方針を打ち出している。
  具体的な評価項目・評価実施計画は、現行法では安全性確認評価に関与が求められていない原子力安全委員会による確認の下で国(原子力安全・保安院)が作成し、これに沿って事業者が安全性を評価。その結果を保安院が確認し、さらに安全委員会がその妥当性を確認するという。
混乱
  海江田経産相は6月18日の会見で、全国の電力会社が取った原発の緊急安全対策は適正との判断を下し、「停止中の原発の再稼働は可能」との見解を表明していた。しかし7月に入って菅直人首相が、すべての原発についてストレステストを含めて共通のルールでチェックできる体制を整備するとの方針を表明、原発の再稼働のタイミングと安全検査の完了との関係で政府の対応に混乱を生じていた。
  これに関連し、枝野官房長官は11日午後の記者会見で、菅首相が近く記者会見を開き、原発の安全性確認をめぐる政府見解などについて説明する考えであることを明らかにした。
  枝野氏は首相の意向について「海江田経産相をはじめ関係閣僚に苦労をかけている、きちんと自分の言葉でも国民に説明をしなければいけないと思うという趣旨のことを言っている」と紹介。会見の日時については調整中という。


菅政権は原発事故以前は、地球温暖化を考慮し、原発を50%以上まで高め、原発依存することにしたのではなかったかと思います。
菅さんが脱原発を元来求めていた政策なら、原発のこれほどの依存は否定するだろうし、自然エネルギーへの傾斜はもっと深めるエネルギー政策を打ち出した筈だと思います。
その時はそれで上手く収まる、その方が政権維持にはよいと考えていたに違いなく、脱原発・自然エネルギーの実現に熱心なら、50%以上もの原発依存はあり得ず、完全に言行不一致です。
その場凌ぎの良いとこ取り、延命のツールにしか見えません。

メルケル独首相、国内原発の稼働延長を凍結 福島原発事故を受け
2011年03月15日 16:41 発信地:ベルリン/ドイツ
【3月15日 AFP】(一部更新)ドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相は14日、福島第1原発の事故を受け、同国の原発の稼働年数を2030年代半ばまで延長する計画を3か月間凍結すると発表した。この発表は、1970年代半ばから稼働していた原発の閉鎖を意味するとみられている。
 メルケル首相はベルリン(Berlin)で会見し、「日本で起こった出来事は、これまで絶対ないと考えられてきたリスクが絶対ないとは言えないという事実を教えてくれている。たんにこれまで通り、このまま進めることはできない」と述べた。
 この発表は、ドイツで1970年代半に稼働開始した原発の閉鎖を意味するとみられている。メルケル首相は15日、関係閣僚と原発がある州の首相らとドイツの原子力政策をめぐる協議を行う。
 ドイツ南西部シュツットガルト(Stuttgart)近郊のネッカーヴェストハイム1号機(Neckarwestheim 1)は、前年、メルケル首相が世論の反対を押し切って稼働年数を延長していなければすでに閉鎖されていたはずだった。他にもフランクフルト(Frankfurt)南部のビブリスA号機(Biblis A)やバイエルン(Bavaria)州のイザール1号機(Isar I)なども直ちに閉鎖される可能性がある。
■国民の反対根強い原発
 ドイツでは、ゲアハルト・シュレーダー(Gerhard Schroeder)前政権が2002年、国内に17ある原発の運転を2020年までに停止する脱原発法を制定。だが09年に再選されたメルケル首相は2010年、原発の稼働年数を延長する決定を下した。理由については、「グリーンテクノロジーは原子力エネルギー廃止の穴埋めをできるほど発達していない」と説明していた。
 環境意識の高いドイツでは、放射性廃棄物の持ち込みに対し抗議デモが頻発するなど、核エネルギーに対する反発は根強い。原発の稼働年数延長についても、各種世論調査では有権者の大多数が反対している。稼働年数の延長は環境よりはエネルギー会社の利益を優先したものだとの意見も多い。
 独テレビ局ARDが909人を対象に実施し、15日に発表した調査では、回答者の53%がすべての原発を迅速に閉鎖させるべきだと回答した。また、回答者の70%が、日本で起きた事故と同様の事故がドイツでも起こりえると考え、80%がメルケル首相に稼働年数延長の撤回を求めた。
 環境保護活動家らは14日、連邦首相府前などドイツ各地で反核デモを行った。(c)AFP/Simon Sturdee


ドイツのメルケル首相はフクシマ原発事故の僅か4日後、3月15日に原発の稼動延長を凍結しました。
その1ヶ月後には原発を全廃する決定を下し、3ヶ月後には法案化しました。

将来的に「脱原発」賛成74% 朝日新聞世論調査
2011年6月13日23時46分
原発に関する意識
 朝日新聞社が11、12の両日実施した定例の全国世論調査(電話)によると、「原子力発電を段階的に減らして将来はやめる」ことに74%が賛成と答えた。反対は14%だった。東日本大震災の後、「脱原発」にかかわる意識をこうした形で聞いたのは初めて。
 原子力発電の利用に賛成という人(全体の37%)でも、そのうち6割あまりが「段階的に減らして将来はやめる」ことに賛成と答えた。
 定期検査で運転停止している原発に関して、「国が求める安全対策が達成されれば」という条件を掲げて、再開の賛否を聞いた。その結果、再開に賛成51%、反対35%だった。原発のある13道県では、再開反対が全体よりやや多い。


菅さんはストレステストの結果を見て、脱原発の議論をしようといっていますが、遅すぎます。
事故を起こしていないドイツが真剣に考えて脱原発に踏み出しているのに対し、事故の当事国が原発が安全か安全でないかを調べてから考えるでは、余りに悠長すぎます。
ディテールから大枠ではなく、大枠からディテールへ、手順が逆です。
如何に国民の安全を考えていないかが分かります。
地震大国日本にとって、安全な原発などあり得ないとして、即座に脱原発を表明すべきだったと思います。
自分にリーダーシップがあるというなら、真っ先に脱原発宣言すべきです。
マスコミの世論調査では原発全廃と縮小で3/4にも達し、国民は脱原発に異議はなく、脱原発宣言を支持したと思います。

事故を起こした連中(東電・安全保安院・安全委員会)で行うストレステストはする意味がありません。
行うとすれば、テストの内容も含めて、第三者の専門家、国民の命を最優先に考える反原発の学者や、利害関係にない海外の専門家が最適だと思います。
点検中原子炉の1次評価は再稼働のための別枠であり、これらもいずれ総合的な検査をする2次評価を行わなければ成らず、安全には2種類あるなんて、ナンセンスです。
点検中原子炉も2次評価で行うべきです。

既得権益を壊して、国民生活が第一にする政治を期待しましたが、既得権益を温存して、国民生活は二の次へと逆戻りしています。
時々、既得権益を壊すような動きも見せ、どっちなのか、意味不明、支離滅裂です。
ポーズだけ示して、見せかけだけして、幻惑し、延命しようとしているとしか考えられません。
既得権益打破はそんな生半可なことでは太刀打ちできず、必死で戦いを挑まなくては、既得権益側の出血は当然、致命傷も止む無しという対応をしなくては、既得権益は打破できない、それが全く分かっていません。
既得権益側が抵抗する限り、荒療治はあっても、軟着陸はありません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。