≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「首相には報告だけ、話もない」海江田氏
 海江田経済産業相は4日夕、更迭する次官ら3首脳の後任人事を発表した。
 松永和夫次官(59)の後任には安達健祐・経済産業政策局長(59)を昇格させ、資源エネルギー庁の細野哲弘長官(58)の後任には高原一郎・中小企業庁長官(55)を充てる。原子力安全・保安院の寺坂信昭院長(58)の後任には深野弘行・商務流通審議官(54)を起用する。
 5日の閣議で承認を得て、次官と保安院長は12日付、エネ庁長官は再生エネルギー特別措置法案が審議中のため、今国会が終わった後の9月1日付で就任する。
 海江田経産相は自らの辞任時期について記者団に対し、「しっかり辞令を交付してから、具体的な日付は私に決めさせてもらいたい」と述べ、12日以降になるとの考えを示した。
 海江田経産相は4日、読売新聞の単独インタビューで、首脳3人の更迭人事について、「(菅首相には)報告だけだ。(首相から)『任せる』などの話もない」と述べ、自らの判断で行ったことを明らかにした。経産省に不信感を持つ菅首相が介入したとの見方が出ていたが、これを否定した。
(2011年8月4日20時42分 読売新聞)

後任次官、「指定席」から=安達産政局長が昇格-官僚の順送りに批判も・経産省
 海江田万里経済産業相は4日、更迭する松永和夫事務次官(59)の後任に安達健祐経済産業政策局長(59)が昇格する人事を決めた。5日の閣議了解を経て12日に発令する。東京電力福島第1原発事故をはじめ一連の原子力行政の責任を明らかにするのが狙いだが、経済産業政策局長は「次期次官の指定席」と呼ばれるポスト。海江田経産相は「人心一新」を掲げているが、官僚の順送り人事と批判を浴びる可能性がある
 また、同様に更迭する寺坂信昭原子力安全・保安院長(58)の後任に深野弘行商務流通審議官(54)、細野哲弘資源エネルギー庁長官(58)の後任に高原一郎中小企業庁長官(55)を起用。保安院長の人事も12日付、エネ庁長官人事は再生エネルギー特別措置法案が審議中であるため今国会終了後の9月1日付とする。
 他の主な幹部人事では、安達氏の後任は石黒憲彦商務情報政策局長(54)、深野氏の後任は豊永厚志中小企業庁次長(54)、高原氏の後任は鈴木正徳製造産業局長(56)。上田隆之官房長(54)は製造産業局長に回り、後任は立岡恒良内閣審議官(53)が就く。(2011/08/04-21:07)


海江田大臣は、経産省官僚の言いなりです。
自ら決めたと強調していますが、これまでの人事と何ら変わず、目新しさはありません。
原発事故の責任を受けてと言いますが、原発事故の責任を負える人事というのには、これまでの人事を相も変わらず繰り返しいるだけで、事故を起こさないというような視点が全く欠如しています。
経済産業政策局長から事務次官は指定席ですが総合的な面からすれば説得性はありますが、商務流通審議官が原子力安全・保安院長は全く畑が違いますし、中小企業庁長官から資源エネルギー庁長官も同様、幹部なら誰でもよい誰でも務まる、専門性は要らないと言っているのと同じです。
本当に岩発事故の問題点が、東電と経産省の癒着にあり、事故の責任を取って改革したいと思うのであれば、発送電分離を主張する改革派官僚の古賀氏を事務次官に登用すべきです。
その古賀氏を海江田大臣は、自分の命令として、早期退職勧奨を行いました。
それも、仕事をさぼってテレビに出演していると、名誉を毀損する嘘の情報まで流してです。
自分の命令ではなく、経産省事務次官の命令で、彼の指示で行動しただけです。
今回の人事も自分が行ったと主張していますが、経産省幹部が考えたものを追認しただけです。
経産省幹部は自分たちに掛かる火の粉を払拭したいために、更迭という言葉を使っただけです。
自分たちが身を切ったという印象を与えるために仕組んだものに過ぎません。

海江田大臣の経産省のお人形振りは、目に余ります。
菅首相と相談もせずに、原発の再稼働を要請したりしています。
埋蔵電力についても、自家発電能力の2、3%しかないという、経産省の結果を鵜呑みにしています。
自家発電能力は6000万キロワットあるのに、実際には半分程度しか使われていないことは、経産省に出された資料で明らかになっています。
電力会社が自分たちの発電事業の邪魔になる、自家発電の売電を認めたくないため、カウントしていないのが実情です。
電力会社は施設を持てば持つほど、利益が貰える仕組みですから、他企業が発電事業へ参入することを極度に拒み、或いは高い壁を作って参入させないようにしています。
こういう既得権益によって、高い料金の電気代を払わされ、電気は余って捨てている、まことに非効率的なことが行われています。
既得権益を守るものは温々と濡れ手に泡の生活をし、日本の効率的経済発展を阻害しています。
こういう既得権益のイヌに海江田大臣は成り下がってしまいました。
政権交代は既得権益を解体して、国民に還元するのが目的だったのですが、180度違ったことをしてしました。
何のための政権交代か、全く意味をなさなくなってしまっています。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。