≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エネルギー政策 白紙から見直し 首相
2011年8月9日 夕刊
 菅直人首相は九日午前、長崎市で開かれた原爆犠牲者慰霊平和祈念式典であいさつし、「原発への依存度を引き下げ、『原発に依存しない社会』を目指していく」と述べた。
 六日に広島市で開かれた原爆死没者慰霊式・平和祈念式でのあいさつに続き、「脱・原発依存」を目指す菅首相の強い意向で、エネルギー政策を見直す方針を盛り込んだ。
 首相は、福島第一原発事故について「放射性物質の放出を引き起こし、わが国はもとより世界各国に大きな不安を与えた」と指摘。事故を受けて、日本のエネルギー政策について「白紙からの見直しを進めている」と強調した。


菅さんが脱原発を政府の方針としたい、心底からそれを願望しているなら、行動で示して貰いたいです。
先ずは、脱原発に反対する閣僚を更迭することです。
それは経産省の言いなりに杜撰な基準で再稼働に走った海江田大臣を脱原発の人に代えることです。
もう一つ、原発権益に塗れた経産省を変えるため、事務次官以下トップ3官僚を古賀氏を始め、改革派官僚或いは民間人に変えることです。
そして経産省・金融機関が作った東電を救済する賠償法案を今後、改めることです。
それぐらいやれば、菅さんの脱原発宣言を信じることができます。
どうせやめるなら、そのぐらいの置き土産ぐらい、罪滅ぼしでやっても良いでしょう。
これまでの行動をみると、それはできないでしょう。
どうも、会期末に主要法案が通っていれば、主要閣僚が一斉に辞める方向で、決着が付きそうな状況になってきているみたいです。

スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。