≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

モーニングバードでコメンテーターのお一人が(民主党政権だけでなく、政治家、マスコミ、日本国民を含めた日本の政治風土を)馬鹿じゃないのと言いました。
まさに彼女の言うとおりです。
改革派官僚である古賀氏を、既得権益に塗れた官僚たちが自分たちの権益を侵すものとして辞めさせようとしました。
人事権を握る前海江田大臣は官僚の言いなり、次の失言で辞めた名前すら覚えていませんが、その大臣も、さらに民主党幹部の一人である枝の現大臣も、前任者の言うとおりで、実務は官僚に任せると逃げました。
民主党政権は官僚に白旗を振りました。
政治主導、国民主権を謳って、政権交代した民主党が、自ら足下を自ら壊してしまいました。
英紙が有能な官僚は事務次官にスベし、辞めさせるとは信じられないと言っています。
まさにそのとおり、彼女の言うとおりです。
政権交代は140年続いた官僚主導政治に終止符を打つ、平成維新だった筈です。
明治維新に匹敵する価値の転換が求められたはずです。
それなのに、民主党議員は死ぬ気でやっていない、生死をかけていない。
生半可なことで、140年続く官僚の壁は破れません。
大臣になったと喜んで、浮かれている場合ではありません。
それこそ、伏魔殿に乗り込んで、官僚から既得権を奪って、国民の利益を実現するのですから。
民主主義では、官僚は道具で、頭脳は政治家の筈なのですが、日本の偽民主主義では、政治家はお飾りで、官僚は道具ではなく、頭脳を持って生きています。
八ッ場ダム、役人宿舎の復活劇なんかを見ていると、国民が選んだ政治家を無視して、自分たちの論理で行動しています。
幹部官僚を政治登用で、改革派官僚、若しくは民間人に変えれば、官僚主導を変えられたのに、残念ながら、そうしませんでした。
既得権益を奪うのに、協力する官僚幹部は居ません。
マスコミがよく使う、官僚の協力を得る、官僚を使いこなすなんてことは、官僚の既得権益を奪う改革にハイ分かりました協力しますという官僚幹部はゼロに等しく、マスコミの言うことは端から無理で、もっともらしく聞こえますが、嘘と同じです。
改革したいという人に代えるしかないのです。
仕事をしない、情報を伝えない、政治家の悪い情報をリークする、官僚の凄まじい抵抗に民主党政権は屈しました。
うるさい長妻大臣を辞めさせたのも、官僚の力、菅首相もある意味、辞めさせたのは官僚です。
逆に野田首相の政治運動をしたのが財務省だと言われています。
この国は、省庁の中の省庁、財務省に牛耳られていると言っても良いでしょう。
だから、財務省に支えられ、財務省に言いなりの野田首相には、何ら期待できません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。