≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


農水省と経産省で出したTPPによる経済評価は、まるっきり正反対の数字です。
お互いの利権で、見方を変えれば、180度異なるというものです。
数字なんて、政府の手に掛かれば、どうでも操作できると言う見本です。
政策を進めるためには、数字を操作できるということに他なりません。
今またゴーサインが出た八ツ場ダムだって、根拠となっている数字は嘘でしょう。
ダムや飛行場、高速道路、原発、皆、利権に群がる人たちばかり、勿論、科学的根拠を示す科学者だって、利権にあやかるため、例外ではなく、須く、利権のために数字を造ってきたと思います。

同じ政府内で数字が割れている、国家の将来目標がないということに他なりません。
それは、政治家が機能していない、官僚任せにしていることを意味します。
官僚は、省庁の中の省庁という財務省といえど、省単位の専門家、国家の展望などを描けるはずもありません。
だから、このように省庁の対立が対立するのです。
だから、いつも対症療法ばかりで、根本治療、抜本的改革ができません。
官僚の上にいるはずの政治家を、官僚達は常に、お飾りにしようとしています。
マスコミも官僚側に立ち、それを応援しているように見えます。
国民も、官僚主導が続いていることに疑問も感じていないようです。
日本は民主主義がないことに気付いていないのです。
官僚を指示するはずの政治家は飾りとなり、その座を占めているのがアメリカです。
国民の代表の政治家が、官僚と一体となってお上となり、実質は官僚が支配しています。
政治家は国民の代表、国民の側に立つべきなのに、民主党も結局自民党と一緒、お上、統治する側に立ってしまいました。
自民党よりひ弱いため、官僚に戦いを挑んで簡単に根を上げて白旗を揚げてしまったことにより、官僚に頭が上がらず、従順になったような気がします。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。