≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日曜日の朝の関口宏の番組では、毎日新聞の岸井氏を除いて、TPPには、反対若しくは、もっと議論が必要という意見が多かったです。
朝ズバでは、貿易立国だから、韓国に負けるから、TPP参加というのとは、大違いでまともでした。

野田首相は議論をして、早急に決めると、相矛盾することを平気で言っています。
執行部の前のめり振りを見ると、既にアメリカに約束しているように思います。

議論をするなら、時間を十分とって、議論をし尽くし、議論の結果、国民の反対が多ければ、変えるというのが、民主的なやり方です。
しかし、日本では議論する前に、既に決まっていて、議論は通過儀礼、反対派のガス抜きとしか考えていないように思います。
民主主義的ば法案の作り方としては、方向付けの段階で国民に全ての情報を出して、国民の世論を見ながら、成案をまとめるのが一つのやり方。
或いは、法案として叩き台を出して、国民の世論を喚起し、時間を掛けて意見を集約して、法案を没にしたり、次の国会で大きく変更したりするのがもう一つのやり方だと思います。

説明するというのも同じです。
結果を強引に押しつけるのと何ら変わりはありません。
沖縄の辺野古も、丁寧に説明するの一点張り。
結論を押しつけるだけで、変える気すらありません。

国民に考えさせない、お任せ政治が今も続いています。
これでは、国民はいつまで経っても政治的に未熟なままです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。