≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山田前農相のコメント「参加表明でない」を聞いて、思わずずっこけ、脱力感でいっぱいです。
この人達の脳みそはどうなっているのでしょう。
野田総理の「事前協議への参加」は誰が聞いても、TPPへの参加にしかきこえません。
事前協議して各国の了解が得られたら晴れて参加の手順になるだけで、作業手順の言葉に置き換えただけのことです。
こんな作業スタッフが言うようなセリフで誤魔化す野田首相も民主主義を無視しているので、一国の首相が高らかに参加と言えないのも酷いですが、それを聞いて参加していないと受け取る慎重派も酷いです。
どちらも腐っています。
こんな腑抜けばかりだから、何もできない、何も変えられません。
自分たちだけで、自分たちは頑張ったと自画自賛する、全く国民目線にない、どうしようもない人たちです。
慎重派の人たちに対して、今後も期待できません。
PTでは、圧倒的多数がTPPに反対若しくは慎重で、賛成は少数、よって民主主義のルールにより、PTの結論はTPP参加表明はしない、そうしないと、離党届を出す、それぐらいの覚悟がなければ、執行部を止めることは出来ません。
結局は、山田前農相たちは我が身が大事の利己主義者達なんだなと思います。

野田総理は千葉県議時代、農業の自由化反対に反対と唯一反対した人です。
根っからの自由貿易主義者です。
ましてや、TPP推進を曲げれば、自分の求心力は著しく低下するので、絶対に変えない筈です。
慎重派の人は甘すぎます。
TPPで総理に逆らうと言うことは、突き詰めれば、総理を変えるということで、その覚悟が求められているのでしたが。

野田総理も、最初からTPP参加のくせに、与党内、野党意見、全て出てから判断するという汚い手を使って、議論を封じたのは、議会軽視であり、国民軽視であり、民主主義軽視です。
首相が最後に判断するなら議会は入りませんし、国民の議論も入りません。
民主党という名が恥ずかしい。
ドジョウに、日本の大事な命運を独断で決めるのを許した覚えはありません。

日本農業は守る、皆保険は守ると野田総理は言いましたが、その根拠、その担保はあるのでしょうか。
TPPは自由化することが目的で、例外規定=自由化障壁を容認することが目的ではないの、保護主義的のことをどうやって守るのか、聞かせて欲しいものです。
対策をとるにしても、その財源はどうするのか、教えて欲しいものです。
TPP推進のための、大嘘のような気がしてなりません。
嘘でないというなら、国民を説得できる根拠ある説明をして欲しいものです。
TPPについて、メリットはメリットと言ったのですが、デメリットをデメリットと言わずに懸念と、軽く表現したところに、野田首相達の本質が見えてきます。
原発事故の時の発表と一緒です。

野田総理は松下政経塾出身です。
民主党には野田総理以下、樽床氏、玄葉氏、原口氏、山井氏、前原氏など、いっぱいいます。
松下政経塾出身の多くは、財界の代弁者のようです。
おまけに、新自由主義者と来ています。
今回、民主党の主流派とみんなの党が新自由主義者であることが分かりました。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。