≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

民主党主流派は迷走しています。
施策仕分け、全く訳が分かりません。
問題点を公開するくらいがメリットだけで、提言だけで拘束力のないことをいくらやっても無意味ですし、拘束力を与えても、こんな少人数で大事な政策を決めること自体がおかしいです。
そもそも、政策は与党である民主党議員たちが外部の有識者の協力を得たりして、喧々諤々の議論をして決めることです。
党と政府の二重構造はおかしいと言って、政府に一本化しようとしたはずです。
特に、大きなことは国家戦略室で決めて、その骨子を省庁がブレイクダウンする仕組みだったはずです。
二重構造に逆戻りして自民党政権と同じ、国家戦略室は看板だけです。
政策の決定の仕方がちゃんとしていれば、自己批判のような政策・事業仕分けは不要で、全くのナンセンス、自己矛盾です。
国会が予算の執行情況を審査するのは当たり前のことです。
与党は国会で指摘を受けないよう、各省庁の予算を適切に執行しているか、決算状況を審査するのが筋です。

民主党はどうやって政策を組み立てて言ったらよいか分からない情況で、政策立案という重要な機能が崩壊し、党としての体を成していないように思います。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。