≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

プロメテウスの罠 無主物の責任(1)朝日新聞(2011/11/24)
放射能はだれのものか。この夏、それが裁判所で争われた。
8月、福島第一原発から約45km離れた、二本松市の 「サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部」 が東京電力に、汚染の除去を求めて仮処分を東京地裁に申し立てた。
――事故のあと、ゴルフコースからは毎時2~3マイクロシーベルトの高い放射線量が検出されるようになり、営業に障害がでている。責任者の東電が除染をすべきである。
対する東電は、こう主張した。
――原発から飛び散った放射性物質は東電の所有物ではない。したがって東電は除染に責任をもたない。
答弁書で東電は放射能物質を「もともと無主物であったと考えるのが実態に即している」としている。 無主物とは、ただよう霧や、海で泳ぐ魚のように、だれのものでもない、という意味だ。つまり、東電としては、飛び散った放射性物質を所有しているとは考えていない。したがって検出された放射性物質は責任者がいない、と主張する。
さらに答弁書は続ける。
「所有権を観念し得るとしても、 既にその放射性物質はゴルフ場の土地に附合しているはずである。つまり、債務者 (東電) が放射性物質を所有しているわけではない」
飛び散ってしまった放射性物質は、もう他人の土地にくっついたのだから、自分たちのものではない。そんな主張だ。


電気料金の値上げは権利だと言ったのも、唖然としたが、自分たちがまき散らした放射性物質は東電の所有物ではないと言い出したのには、まさしく開いた口が塞がりません。
日本は無責任社会と思っていたが、此処までだったとは、驚愕します。
驚愕の論理を持ち出して、責任を回避しようとする東電の姿勢は、法人の名に値しません。
発電所、送電網などを一切合切、売却し、それらを賠償費用に充て、東電は倒産させるべきです。
こんな東電を支える金融機関も債権放棄すべきです。

狂った論理を持ち出して、東電の責任を回避するのに、協力した東電側の弁護団は梅野晴一郎、荒井紀充、柳澤宏輝、須藤希祥、井上聡各弁護士です。
この論理に従えば、東電は賠償責任はないのではないだでしょうか。
被告を弁護する権利は誰もがあり、少しは軽くしたいのは分かるが、無実を表明する、この論理は余りにも酷すぎます。
東電のためにどれほど多くの人が苦しんでいるという事実を受け付けようとはしない姿勢には怒りがこみ上げてきます。
恥を知れといいたいです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。