≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひるまぬ首相「民主党は政治改革家の集団だ」
読売新聞 12月30日(金)11時10分配信
 野田首相は29日夜の民主党税制調査会の合同総会で自ら消費税増税反対派の説得にあたった。
 首相は持論の財政健全化にかける執念を前面に打ち出すことで、辛うじて目標とする年内決着にこぎつけた。
 「民主党は政治家の集団ではない。政治改革家の集団だと示そう」
 午後3時過ぎからの合同総会が始まって約3時間半。休憩を経て再開された総会に姿を見せた首相は、15分間にわたって熱弁をふるった。
 首相は増税の前提として、国会議員の定数削減、公務員給与の削減など行政改革、日本経済の成長のための日本銀行との連携強化などに取り組む考えを強調。
 増税反対派が増税の是非だけでなく、「(消費増税を理由に)離党した議員たちの思いもくみ取ってほしい」「仲間を大切にしない組織はダメだ。冷たい」などと追及しても、首相は「仲間は大切にしている。(消費税率引き上げ関連法案提出の)お尻は3月と決まっている」と切り返した。
 政府内には総会への首相出席に慎重論もあった。「反対派の突き上げで火だるまになるのではないか」(首相周辺)との懸念からだ。執行部には年内の意見集約は見送るべきだとの声も強かったが、首相はひるまなかった。
最終更新:12月30日(金)11時10分


確かに、政権を取る前の野党時代は、政治改革を目指していました。
しかし、与党になると一変、角はなくなり、牙はとれてしまいました。
官僚の協力を得ないと、立ち行かなくなり、官僚に白旗、国民との約束を悉く、覆してしまいました。
どこを探せば、政治改革という文字が見つかるのでしょうか。

野田ドジョウ総理が、民主党は政治改革家の集団だと、呆れてものが言えません。
国民は誰もそう思ってはいません。
自民党より軟弱な分だけ、官僚に依存し、政治改革は出来ない集団だと国民に思われています。
国民は民主党に散々裏切られ、誰一人と言って良いほど、期待していません。
この言葉を聞くと、それを本当に感じ取っているのか疑問で、その感覚に耳を疑います。
菅さんもそうでしたが、野田さんも国民と意識が全くかけ離れています。
官僚(財務省)依存の人は、こんな風に官僚的考え方になるのでしょう。

政治改革家とは、日本を巣くってきた政官業の鉄のトライアングル(癒着)、既得権益の大きな壁(非効率・無駄遣い)を取り払うことに、我が身のことは顧みず、情熱を傾けて、実現に努力する人のことを言います。
既得権益のメンバーが集まって決めていても、自公政権と同じ結果になるのは火を見るより明らか、自公政権と全く変わりません。
いの一番に、仕組みを変えなきゃ、人を変えなきゃ、それさえ分からない人に政治改革なんかできるわけがありません。

要は政治主導か、官僚主導かが問われ、官僚主導である限り、政治家集団ではありません。
少なくとも、官僚主導の執行部に造反して辞めた人は、その可能性は多少あるかもしれません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。