≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


田首相施政方針演説 自民党元首相の演説を引用も野党からは冷ややかな見方
消費税国会が開幕し、野田首相は施政方針演説で、消費税増税を含む社会保障と税の一体改革の実現への決意を強調した。
「決められない政治からの脱却」などと、自民党の元首相の演説を引用するという奇策に出たが、引用された側は冷ややかな見方をしている。
24日に召集された通常国会。
野田首相は「『決められない政治』から脱却することを目指します」と述べた。
野田首相が施政方針演説で声高に唱えたのは「脱・泥仕合」。
野田首相は「2014年4月より8%へ、2015年10月より10%へ」と、消費税増税への決意を強調し、野党へ協議に応じるよう呼びかけた。
しかし、そう簡単に首を縦に振らないことは百も承知の野田首相は、ある奇策に打って出た。
野田首相は「当時の麻生総理が、この議場でなされた施政方針演説の中の言葉です」と述べ、「遅滞なくかつ段階的に、消費税を含む税制抜本改革を行うため、2011年度までに必要な法制上の措置を講じます。これは社会保障を安心なものにするためです。子や孫に負担を先送りしないためです」と、自民・麻生元首相の施政方針演説の一節を引用した。
さらに福田元首相のものも引用した。
野田首相は「与野党が信頼関係の上に立って、よく話し合い、結論を出し。国政を動かしていくことこそ、国民に対する政治の責任であると私は信じます」と述べた。
この引用に対し、自民・麻生元首相は「いいとこ取りだけされたんで、少々残念でしたね。ボクシングでいえばクリンチっていうんでしょうけど、抱きつかれてきてるような感じがしましたね」と述べた。
また、自民・福田元首相は「(民主党には)ひどいことを言われてね、えらい目に遭いましたよ、あのときは」と述べた。
また野田首相は、原発事故との戦いなど、3つの優先課題を挙げ、震災復興を加速させる決意を示した。
野田首相は「今こそ政局ではなく、大局を見据えようではありませんか」と述べた。
これに対し、自民・谷垣総裁は「極めてしらけた気持ちで、野田さんの本気度を疑いました」と述べた。
みんなの党・渡辺代表は「(演説の言葉は)そっくりそのままブーメランで、頭がポコーンとぶつかるんじゃないですか」と述べた。
与野党間の雪どけには程遠い状況。
国会は26日の代表質問から本格的論戦がスタートする。
(FNNニュース01/25 01:17)


野田首相の福田、麻生元首相の演説引用は究極の抱きつき戦法です。
菅さんが党内小沢派に抱きつき争点を消しましたが、野田首相は自民党に抱きついて争点を消そうとしています。
民主党は自己主張のない、独自性のない、何をしたいか分からない、官僚に言われた当面の課題だけを繕う、自民党と主張が変わらない政党へと変身してしまいました。

マニフェストに書いていることを死に物狂いでやり、書いていないことはやらないと野党時の演説で彼は言っていました。
TPPはマニフェストにないことで該当しますが、消費税増税はマニフェストでやらないと明言しているのですから、公約と真逆のことをしているので、悪質性は極まっており、国民を騙す、選挙や民主主義を覆す、最悪の卑劣な行為です。
総選挙では自民党は消費税5%アップを謳い、民主党は無駄を排除し節約し、消費税5%以上の財源を捻出し、4年間は消費税は上げないと言っていて、1つの争点でした。
任期中に、争点だったことを翻すのは、国民を騙す究極の詐欺行為です。
政策より政局と言っていますが、その大前提の選挙に基づく民主主義を破壊してるのですから、選挙で信を問うのが、民主主義を守るために行うべき第一のことです。
無信任の信用のない政府が、政策が大事と、信任されていない政策をやっても駄目です。

隠れたところでの事前協議は反対です。
開かれた場、国会で自分たちの案を出し合って、議論し、国民に見える形で、まとめるべきです。
一般論はこうですが、こと消費税増税に関しては、マニフェスト通り、法案を出す前に、選挙の洗礼を受けるべきです。
民主主義、選挙制度を踏みにじる行為は許されず、力を合わせて政局より政策をということよりも、選挙の洗礼を優先すべきと思います。

野田首相は実際に消費税を上げるのは、衆議院議員の任期が過ぎてから、在任中は増税を実施しないから、マニフェスト違反ではないと、繰り返しています。
消費税を上げる決定をしたと言うことは、上げたと言うことです。
そんな詭弁を認めるものが国民にいるでしょうか。
そんな陳腐な言い訳、国民を愚弄するのも甚だしいです。

書いていることの真逆をするという、このマニフェスト違反は致命的です。
ほぼマニフェストすべてに違反し、豹変してしまった民主党は解体すべきと思います。
自民党と殆ど一緒で、存在意義があるのでしょうか。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。