≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3.11には、東方大震災の慰霊祭が被災地だけでなく、各地で行われました。
さらに、世界中でも行われました。
あまり報じられないのが、原発廃止の集会です。
これも、日本だけでなく、世界中で行われました。

野田首相は原発再稼働に先頭になって、地元を説得して進めると言っていました。
さしもの、原子力安全委員会は、科学者の良心から、旧基準による1次のストレステストでは駄目で、大震災を踏まえて第2次ストレステストを踏まえた総合的評価が必要と知っていました。
良心のかけらもない安全保安院が妥当と言っていますが、安全委員会が妥当でないと言っている場合、政府はどうするのでしょうか。
地元とは原発が立地する自治体だけでしょうか。
原発事故で影響の受けるのは、少なくとも30キロ圏、飯舘村なんかを考えると50キロ圏、もっと安全を考えれば80キロ圏の自治体、もっと大きい事故だと何百キロ、日本全体が地元になります。
それら地元の賛同を得ないで進めるのでしょうか。
菅前総理が脱原発を言ったとき、海江田前経産相を始め、閣僚達は反論し、脱原発にブレーキが掛かったと聞きます。
野田民主党は原発推進派と思われます。

ドイツでは原発を廃止することを決断しました。
その理由が、後世に禍根を残したくないと言うことです。
現在の人たちが良い生活をするために、末代まで原発から出た放射性物質を冷やし続けなければならない、半ば永遠に管理しなければならない、子々孫々までに迷惑をかけることになる、それは我々は出来ないということです。
原発の電気で豊かに我々は暮らしているが、使用済みの核燃料は何千年、何万年と、人類がいなくなるまで、管理しなければならない、そんな無責任なことを人類がして良いのでしょうか。

スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。