≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


原発反対「人間の鎖」世界つなぐ 
中日新聞 2012年3月12日 14時45分
 【ベルリン=弓削雅人】ドイツ北部のニーダーザクセン州のブラウンシュワイクなどで11日夜、市民らがたいまつを手に80キロ近い「人間の鎖」をつくり、脱原発などを訴えた。
 同州ザルツギッターにある放射性廃棄物処分場では、数千人がたいまつに火をつけて同処分場を取り囲み、一刻も早い原発停止を求めた。今回の反原発イベントには約2万4千人(主催者発表)が参加したとされる。
 ドイツは福島第1原発事故を受け、2022年末までに原発稼働を停止する予定だ。地元紙などによると、ザルツギッターの処分場は、鉱山跡地に建設され、低レベルの放射性廃棄物の最終貯蔵所になるという。周辺では4カ所の核関連施設で「人間の鎖」がつくられた。
(中日新聞)
 【パリ、ニューヨーク、ロサンゼルス=共同】電力の約75%を原発に依存するフランスの南部でも、環境政党ヨーロッパエコロジー・緑の党や環境保護団体が脱原発を訴えて「人間の鎖」をつくるイベントを行い、主催者発表で約6万人(警察発表で約3万人)が集まった。
 「鎖」をつくったのは、原子炉十数基が集中する南部リヨンとアビニョンの間約230キロ。参加者は「原子力にノン」と気勢を上げた。
 米カリフォルニア州南部のサンオノフレ原発付近では、脱原発を訴える周辺住民ら約200人の集会があり、宮城県の被災者らも参加。ニューヨークの脱原発集会には100人以上が加わり、市内をデモ行進した。サンオノフレ原発の集会では仙台市の主婦、菅沢享子さん(39)が「私たち母親は子どもが実験対象にされているようで、心配でたまらない」と涙ながらに訴えた。


世界の国の多くが、フクシマ原発事故に学んで、原発について考え、原発を見直そうとしています。
欧州では当事国の日本よりも早くストレステストを行いより厳しい基準で安全確認をし、ドイツでは脱原発に舵を切りました。
なのに、当事者の日本では、原発事故を受けた安全基準に基づかない、事故前の基準をベースにしたストレステストを行い、安全と言い、原発の再起動を行おうとしています。
原発事故を受けた安全基準で、原発をチェックしなければ、安全とは言えないというのが自明の理なのに、誰が考えても、分かる理屈を政府は無視しようとしています。
それも、首相自ら再稼働の先頭に立ち、地元を説得しようと言うのです。
ただ何となく、電力不足だからと言う理由だけで、根拠のある、論理的な、筋の通った説明はありません。
経済界や官僚の言うとおり進んでおり、政官業の癒着そのままを断行しようとしています。
国民の安全よりも、日本を支配する政官業「お上」の利益を優先しようという姿勢は変わりません。
民主党政権は政官業の癒着・既得権益を打破してくれるという政権交代の期待を裏切り続けています。
安全よりも何よりも経済活動が大事という論理なら、ちゃんとそれを国民に正々堂々と言い、電力需給を電力会社のデータではなく、第三者の立場で、詳細な根拠を示して、逃げずに説明すべきです。
去年の夏、東電のデータを用いた政府発表では9%不足と言っていましたが、未発表の民間チームのデータでは6%の余裕となり、節電の必要はありませんでした。
原発2基だけで、大した節電もなく、この冬を乗り切りました。
我々は今年の夏も、他の電力源を総動員すれば、原発無しで行けるのではないかと感じています。

日本をもっと良い国にするために、原発事故という不幸を未来に活かすべきなのですが、日本、日本政府は原発事故の教訓を活かそうとはしません。
第二次世界大戦のことも、自らからの総括もなく、民主主義だってアメリカから与えられたもの、反省すること無く、誰かが責任をとること無く、ケジメを付けること無く、ただ何となく、ずるずると来ています。
その理由は、お上は間違わない、常に正しいというのが、根っこがあるのではないかと思います。
だから、反省しない、謝らない、責任をとらない、だから不幸を活かして、未来を良く出来ません。
原発の安全神話、原発事故の処理とも似ています。
根本を考えないで、枝葉ばかり付け加える政策とも同根と思います。
政権交代の根源は、お上から公僕へ、官僚主導政治から国民主権政治へでしたが、その期待も裏切られています。

ドイツの脱原発の根底は、現在の人間の利便のために、未来の人間を犠牲にしてはならないということだそうです。
我々が豊かにするため、子々孫々を不幸に陥れることは出来ないと言うことです。
原発の放射能は何万年も出続け、人類が無くなってしまう以上に、管理しなければならない代物です。
ドイツの判断はもの凄く明快で、人権意識に基づいています。
日本も、こういう根源的なことを国民が考えて、原発の処し方を決定していくべきと思います。
その為には、良い情報だけで無く、悪い情報も公開して、国民を誘導するなんて考えずに、全部さらけ出して、国民と一緒になって考えていくことが、極めて大事なことだと思います。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。