≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


運用担当者、天下り402人=9割が「素人」―厚年基金調査
時事通信 3月28日(水)22時43分配信
 厚生労働省は28日、厚生年金基金の運用体制に関する調査結果を公表した。3月1日時点で資産運用に携わっている国家公務員OBなど天下り役職員は402人に上り、運用担当者全体(2065人)の19%を占めた。また、運用担当者の88%が運用経験がない上、92%が運用に関する資格を持たない「運用の素人」だったことも明らかになった。


AIJ事件で、年金基金に天下りした役人が、運用にド素人の役人が基金を運用していたとは驚きです。
おまけに、基金のコンサルにも天下り役人がいて、AIJに黒い噂があったのに、AIJを基金に紹介していたのですから、ばい菌をまき散らしたような者です。
彼らが基金を危うくしているのに、影響していると思います。

AIJ事件では、厚労省からの天下りだけで無く、厚労省の責任も重いと思います。
企業年金分は自己責任で自業自得ですが、厚生年金の運用部分は企業が倒産したら、他の企業はその分を返さなくてはならず、連鎖倒産してしまいます。
企業収益は問題ないのに、本末転倒の年金倒産です。
予定利回りが高いので、AIJのような収益の高い所に資金を任せたくなると言う構造になっています。
この厚生年金部分の資金運用の仕組みは高度経済成長の遺物ですが、運用ベタの基金にハイリスクのこの仕組みは当時としても間違っていたと思います。
少なくとも、低成長時代には、この仕組みは変えなければならなかったと思います。
年金専門家の厚生官僚はこうなる事態を気付いていたはずです。
消えた年金同様、3号被保険者問題同様、黙って知らんぷりをしていたと思います。
絶対間違わないとする「お上」は自分たちが間違っていたときは、黙って責任回避し、見殺しです。

経済のあらゆる所に、政官業の癒着で、公務員の天下りがいて、中央集権構造が日本社会を支配しています。
それが極めて無駄で、非効率の経済に影響しています。
明治以来のこの悪弊が、深く根を張り、シロアリと化しています。

追いつけ追い越せまでは、護送船団、中央集権、官僚主導は、一定機能したのですが、追いついてからは完全にお荷物になっています。
明治以来の官尊民卑が色濃く反映しています。
官僚の上意下達では、日本を発展できません。
国民の総合力を発揮しなければ、日本は伸びません。
今や、官より民の方が能力が高いと思います。
官の中に民の力をどんどん取り入れなければならないと思います。
官の支配を止め、民を代表する民主主義が生きるようにしなければならないと思います。
その為の政権交代でしたが、民主党は官僚に白旗を揚げ、期待を裏切りました。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。