≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大飯原発:再稼働、関電が工程表を提出
毎日新聞 2012年04月09日 11時35分(最終更新 04月09日 12時52分)
 定期検査で停止中の関西電力大飯原発15件3、4号機(福井県おおい町)について、関西電力の八木誠社長は9日午前、再稼働の条件となる中長期の安全対策の実施計画(工程表15件)を枝野幸男経済産業相に提出した。関電は工程表15件で東京電力福島第1原発のような「過酷事故」の際に現場の対策拠点となる免震事務棟の工事完了時期を従来より1年前倒しして2015年度としたほか、「未定」としていた原子炉内の圧力を下げる際、外部へ出す放射性物質を減らすフィルター付きベント(排気)設備の設置時期も15年度と明示した。

安全基準に「適合」=政府、再稼働判断へ―大飯原発3、4号機
時事通信 4月10日(火)0時25分配信
 野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら3閣僚は9日午後、原発再稼働に関する4回目の関係閣僚会合を首相官邸で開催した。関西電力大飯3、4号機(福井県おおい町)の安全対策については「(再稼働の)基準とおおむね適合している」と判断した。週内にも開く次回会合で安全性を最終確認、関電管内の電力需給状況を見極めた上で、再稼働の必要性を判断、地元の理解を求める手続きに入る見通しだ。
 再稼働の安全性については、関電が同日提出した中長期対策の工程表や、経産省原子力安全・保安院の検証結果を協議した。今回、安全性が最終確認できなかった理由について、会見した枝野経産相は「(全体として)本当に安全なのかは念入りに議論すべきだということになった」と説明した。


保安安全院が作ったストレステストを関電が実施し、その結果を安全院が妥当と評価し、原子力安全委員会はテストは妥当だが、2次テストが必要と言ったが、地元説明で立地自治体が暫定の安全基準が必要というと、関電も認め、政府は暫定基準を作ること決め、保安院が暫定基準を作り、政府が新安全基準として決定、関電が工程表を出し、4閣僚が概ね安全と宣言しました。
何と手回しが良いことでしょう。
これは、原発利権者の中で仕組まれた出来レースとしか考えられません。

安全基準に適応して安全というなら分かりますが、「新安全基準に概ね適応」という表現は、概ね安全と言っているようなもの、そんな曖昧な表現で、恐ろしい原発事故を起こす原発を再稼働しても良いのでしょうか。
直ぐに出来ない施設は今後作ることを約束する,その部分が概ねなんでしょう。
科学的には、概ね安全なんてことは無く、安全か安全で無いのどちらかです。
これは明らかに文化系の表現です。
経産省のトップ、安全保安院のトップも文化系です。
概ねの中に,今後の逃げを含ませておく、まさに官僚的表現です。

原子力安全委員会だけが、科学者としての良心から異を唱えたので、仲間から外してしまいました。
本来なら,経産省が作った暫定基準をチェックするのが,科学者である安全委員会の役目です。
直ぐに作れない施設(事故後対策施設など)は後回しで良いとする政府は、2次テスト(事故後対策)が必要という安全委員会を嫌ったのでしょう。
今のところ、安全委員会は発言していないので、黙らせているのかも知れません。

原発事故の検証結果を踏まえたものが安全基準の筈ですが、経産省の考える暫定基準を安全基準にしてしまいました。
他の原発も次々と再稼働させるためには、暫定ではいけないという意識が働いたものでしょう。
此処にも、お上は正しい,絶対的だという思考が根底にあります。
原発事故の検証結果で地震の影響で原子炉が損傷したというような、新安全基準と食い違う結果が出たらどうするつもりなんでしょう。
それでも暫定で無く新安全基準で安全と言い切ってしまう、お上(神)は科学よりも正しいということなんでしょう。

これだけ急ぐという事は、何が何でも原発ゼロ稼動にはしたくない、原発ゼロでも行けると言うことを国民に気付かせたくないということでしょう。
だから、電力不足は強調しますが、根拠となる詳細データは絶対公表しません。
大飯原発の再稼働に引き続いて,新安全基準で次々と、40年を過ぎた原発も含め、停止中の原発をすべて再稼働させるでしょう。
電力会社は安泰、原発産業は安泰、原発利権は安泰、脱原発は阻止できると考えているのでしょう。


枝野大臣は、100mの津波が来たら原発は全部駄目、だから今回の対策ぐらいが妥当と言っていますが、ひょっとして100mの津波も考えられるところなので、事故により未曽有の災害をもたらす原発については、日本での立地は不適当と考えるべきなのです。
枝野経産大臣に、原発は何が何でも必要という考えが前提にあるからでしょう。
唯一の被爆国、日本では原爆だけでなく、地震大国、日本では原発も不要と考えるのが、フクシマ原発事故で学ぶべきことだと思います。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。