≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

敦賀の活断層 全原発で見直すべきだ
中日新聞 2012年4月26日
 日本原電敦賀原発(福井県)の真下に、おびただしい活断層。そんな疑いが原子力安全・保安院の調査で浮上した。日本は世界有数の地震国である。全原発立地地であらためてよく調べるべきだ。
 断層とは地面の奥がずれて動いた跡。このうち将来再び動く恐れがあるのが活断層だ。つまり地震の巣。政府が定めた指針では、約十三万年前までに動いたことを否定できない地層が活断層とされており、その真上には、原子炉を設置できない。
 敦賀原発の直下を含む敷地内には、破砕帯と呼ばれる古くてもろい断層が、少なくとも約百六十本走っているのが知られていた。さらに、敷地内には活断層の「浦底断層」が通っている。浦底断層が起こす地震に、破砕帯が連動する恐れがあることは、以前から知られていた。しかし、原電は設計上の考慮に入れていない。
 ところが東日本大震災が、風向きを変えつつある。動かないはずの断層が動いたからだ。
 保安院は震災後、原発から五キロ以上離れた断層の連動も考慮に入れて、原子炉を襲う最も大きな地震による揺れの想定(基準地震動)を見直すよう電力事業者に指示していた。その結果、北海道電力泊原発、中国電力島根原発、敦賀原発、そして高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)の四カ所を、見直しの必要ありとした。
 東海、東南海、南海の連動による南海トラフ巨大地震の影響は、関東から九州に及ぶという。
 地中深くに何があるかは、まだよく分かっていない。二〇〇七年の新潟県中越沖地震を起こした海底断層が柏崎刈羽原発の直下まで延びていることも、その余震を分析してみて初めて分かった。津波、電源だけでなく、巨大地震の揺れへの配慮が必要なのは、中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)だけではない。
 保安院から指摘を受けた四原発のうち、泊1、2号機と敦賀2号機が安全評価(ストレステスト)を保安院に提出し、再稼働を求めている。だが敦賀の結果を見れば、活断層の詳細な実地調査と連動の影響評価がすむまでは、泊や敦賀、渦中の大飯原発などに限らず、どの原発も再稼働を許すべきではない。全原発で詳細に調査し直して、結果を公表すべきである。
 連動を考慮に入れれば、敦賀原発は活断層の真上にあるといえるだろう。ルール上、1、2号機ともに廃炉は免れない。


日本原電の敦賀原発が活断層の真上にあることが、科学者の調査で分かりました。
法律では活断層の上では、原子炉の地盤が断層で大きなズレを生じ、建物自体が大きな影響を受けることから、原発は立地できないことになっています。
事実が正しければ、廃炉しかありません。
しかも、敦賀原発1号機は稼働42年を迎える、設計耐用年数40年を超える原子炉です。

これまで、日本原電は断層の存在を知っていましたが、動かないからOKだとして、稼動させていました。
敦賀の断層が動くとしていた学者も居たはずで、日本原電は安全側でなく、建設側の論理で原発を立地、国もそれに加担しました。
見直しの発端は東日本大震災で、動かないとされていた断層が余震で動いたので、敦賀原発の断層の再調査でこの事実が判明しました。
かつて、火山は死火山、休火山、死火山という分類でしたが、死火山と呼ばれていた木曽御岳山が爆発したことを機に、すべてが噴火の可能性がある火山という一つのくくりになりました。
断層もそうで、活断層ではないと思っていた断層が動いたのですから、言わば、断層は全て活断層と言えます。
周期の長い断層も、偶々動いていないだけで、今がその何万年目に当たるかも知れません。

富士山西側の断層がもっと長いことが判明しました。
断層は次から次へと発見されています。
未知の断層がいっぱいあるのです。
日本は太平洋、ユーラシア、北アメリカ、フィリピン海の4つのプレートが丁度、押し合っているなかにあります。
その為、プレート境界ではプレート間地震、プレート内で直下型地震が多発します。
日本は世界有数の地震大国なのです。

保安院は、北海道電力泊原発、中国電力島根原発、敦賀原発、そして高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)の四カ所を再調査するとしています。
浜岡原発は3連動地震を引き起こす地震震源域の真上にあり、伊方原発は中央構造線の間近にあり、ともに南海トラフの見直しによる多大な影響を受けます。
保安院でなく第三者の目で見れば、他の原発にも問題があるかも知れませんし、さらに未知の断層などの問題があるかも知れません。
東日本大震災を機に、地震が多発し、地震の活動期に入った模様で、さらに危険度が増したように思われます。

若狭湾沿岸には、敦賀発電所に2基、美浜発電所に3基、大飯発電所に4基、高浜発電所に4基、もんじゅに1基、計14機の原子力発電所が集中し、原発銀座と呼ばれています。
それらは5キロから10キロの間隔で並んでいます。
ひとたび、その一つでも事故を起こすと、全ての原発が放射能で立ち入れなくなり、とんでもないことになります。
さらに、風下になる琵琶湖は近畿の水瓶、京阪神の人たちの飲み水、汚染されれば関西圏は息の根を止められます。
若狭湾は敦賀原発に見られるように断層が多数あると言われています。
若狭湾も原発が不向きで、ましてや近接しての立地は危険すぎます。
このような状況での大飯原発の再稼働は、仮に進めたいとしても慎重が上にも慎重であるべきで、再稼働ありきの政府の進め方は国民の命より経済界を優先した、異常な政治としか映りません。

地震大国日本には、原子力発電所は極めて危険で、立地は困難です。
唯一の放射能の被爆国日本には、原子力発電所は受容できません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。