≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


虚偽引用の報告書、別の上司作成=検察審の議決誘導意図か―処分を検討・小沢氏事件
時事通信 5月5日(土)2時32分配信
 小沢一郎民主党元代表をめぐる政治資金規正法違反事件に絡み、元東京地検特捜部の田代政弘検事(45)が捜査報告書に虚偽の内容を記載した問題で、虚偽内容が引用され、検察審査会に提出された別の捜査報告書を作ったのは、作成者として署名した副部長ではなく、小沢元代表の起訴に積極的だった別の上司だったことが4日、関係者の話で分かった。
 この報告書は元代表の関与を強調する内容で、検察審による起訴議決の根拠の一つとされた。検察当局などは、当時の「積極派」の上司が議決に影響を与える狙いで作成した可能性があるとみて、人事上の処分を検討している。
 上司は事情聴取に、「議決を誘導する意図はなく、引用部分が虚偽だとも知らなかった」と供述しているという。
 田代検事は石川知裕衆院議員を事情聴取した直後に作成した捜査報告書に、同議員が勾留時の供述を維持した理由などについて虚偽の記載をした。
 関係者によると、虚偽内容が引用された副部長名義の報告書は、小沢元代表を石川議員らとの共謀に問えるかについて総合評価する内容で、田代検事作成の報告書などとともに検察審に提出された。共謀成立に否定的な要素も書かれていたが、虚偽内容部分にアンダーラインを引くなど、肯定的な要素が強調されていた。
 検察幹部はこの報告書について、「不起訴の理由を説明するのが本来で、通常とは違う」と指摘している。
 

虚偽の報告書やそれを引用した報告書は、東京地検特捜部が組織ぐるみで、リークにより小沢氏の政治的な力を奪い、証拠が無く起訴出来ないとすると、さらに検察審査会で強制起訴に持ち込める資料を捏造し、裁判で有罪にしようと目論んでいたことを伺わせる証拠です。

村木事件と同じく、東京地検特捜部のやっていたことは、人を冤罪にして陥れようとした卑劣な行為です。
村木事件では上層部は捏造を隠蔽しただけで済みましたが、上層部も捏造に加担しており、より悪質で組織犯罪として、立件し、裁くべきです。
村木事件では組織ぐるみが追及されませんでしたが、検察の謝った体質を暴き、裁いて欲しいものです。
検察が人事上の処分で済ませようとして、自らの汚点を追及する気が無いのならば、これこそ検察審査会に掛けて強制起訴すべき案件です。
そこで問題となるのが証拠で、検察は自分たちが無罪になる証拠しか提出しません。
検察は全ての証拠を公開すべきです。

そもそも、検察は真実を明らかにすることが第一で、立件し被疑者を有罪にすることはその次です。
今の検察は、事件化したら何が何でも有罪にすることを最優先し、その為なら無罪の証拠は見逃し、有罪の証拠を捏造することまでしてしまいます。
真実よりも、自分たちが有罪にするために描く虚像の方を優先しています。
特に、官僚主導政治の打破を標榜し政権交代の中心にいた小沢氏の事件では、官僚主導政治維持のため、小沢氏を陥れ事件までも捏造するということまでやってのけました。
捜査・立件によって権力を振るえるお上とも言える検察は、真実を明らかにするという原点に立ち返るべきです。


厚労省の官僚である村木さんの場合は、マスコミも国民も騒いだのに、腹黒そうに見える政治家、小沢氏の場合はみんなスルーしている。
意図的な国策捜査であり、冤罪事件で、検察の誤った体質から発生したことで、根っこは同じ捏造事件です。
法の上の平等は守られず、マスコミが一体となって進める国民的リンチのように見えます。
日本は法治国家を貫く国ではありません。

小沢氏があのまま代表で総理に就任していたら、参院選で逆転されることも無く、今のこの凄まじい体たらくは少なくとも無かったでしょう。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。