≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1号機「水位40センチ」 格納容器下部に穴 漏水か
2012年5月22日 07時02分
 東京電力福島第一原発1号機には毎時六トン前後の冷却水が注入されているのに、格納容器内の水位はわずか四十センチほどしかない可能性が、原子力安全基盤機構(JNES)の解析で分かった。2号機の水位は約六十センチしかないことが実測で判明しており、格納容器損傷の深刻さをあらためてうかがわせた。 
 解析は、注水量や格納容器への窒素の注入量と、格納容器内の圧力変化の関係を調べ、どこにどれくらいの損傷があれば、変化をうまく説明できるか探る手法を使った。
 その結果、格納容器本体と下部の圧力抑制室をつなぐ配管周辺に直径数センチの穴が開いている▽穴の場所は、格納容器のコンクリート床面から約四十センチの高さで、穴から大量に水が漏れ、水はそれより上にはない-との結論になった。
 漏れた水は、原子炉建屋地下に流れた後、配管やケーブルなどを通す穴を通じ、隣接するタービン建屋地下に流れ込んでいるとみられている。東電は1号機の格納容器の水位は約一・八メートルあると推定しているが、それより大幅に低い。
 格納容器の厚みは三センチほどあるが、穴があるとみられる配管(直径一・七五メートル)の厚みは七・五ミリと四分の一程度しかない。専門家からは、配管は構造的に弱いとの指摘が出ていた。
 溶け落ちた核燃料が完全に水に漬かっていないことも懸念されるが、JNESの担当者は「格納容器内の温度は三〇度程度と高くはない。水に漬かって冷やされているとみられる」と指摘する。
 廃炉を実現するためには、格納容器の損傷部を補修し、圧力容器ごと水没させる水棺にすることが必要。担当者は「解析結果は損傷部の特定に役立つ。今後はカメラによる実測も検討しなければならない」と話した。
(東京新聞)


このニュースは金環日食、東京スカイツリーの陰に隠れて、報道されていません。
ヘッドラインは金環日食の次はスカイツリー、日替わりメニューです。
番組づくりのその時、その時の中心話題を全面に据え、次から次へと飛び移り、新鮮な話題で目先を変え、視聴率を稼ぐことが最優先となっています。
そのため、一つ一つの掘り下げが弱く、話題や事件の本質が殆ど見えません。

どうでも良い話は掘り下げる必要性は低いですが、重要問題は区切りがついた時点で、根本や本質まで掘り下げて、時間を掛けて報道すべきと思います。
上っ面ばかりを報道するから、政府発表の解説のような報道をするから、視聴者は賢くならないのだと思います。
事実に徹底的に迫り、論理的、科学的に分析して、多方面からの視点で解説して欲しいものだと思います。

特に、フクシマ原発事故は最重要問題の一つです。
未だに、燃料棒はどうなったか、水素爆発はどのようにして起きたかなど、系統だった科学的な説明はありません。
循環処理も具体的な説明がありません。
政府からの説明が無ければ、放送局で探求するのも、報道の使命と思います。
政府広報の役割では無く、国民の側の視点に立った報道が求められていると思います。

gensiro_3.jpg

水の深さは2号機が実測で60センチ、1号機は計算で40センチ、2号機は圧力抑制室、1号機は格納容器と圧力抑制室を繋ぐパイプ(ベント菅)が損傷している可能性が高いです。
事故を小さく見せたい東電は、2号機で180センチ、1号機で190センチと、自分たちに有利な数字を発表していました。
恐らく、3号機も同じような事態が生じているのでしょう。
とすると、全ての原子炉の弱点は圧力抑制室とその接合部にあったと言うことになります。
圧力容器で発生した水素がベント菅からもたらされ、圧力抑制室の空気と反応し水素爆発したと思います。
そこは単に他と比べ薄かったから損傷したのか、地震の揺れで既に損傷していたのか、地震の揺れで脆くなっていたところに爆発が起きて損傷したのかもしれません。
何カ所も破損しているかも知れません。
津波の前に、建屋の中は水蒸気に満ちていたという話もあります。

厚い圧力容器を突き抜けた溶けた燃料は、遥かに薄い格納容器を溶かし、コンクリートの床まで落ち、今は床を溶かしていることでしょう。
冷却水は損傷した穴からどんどん漏れ、コンクリートの床へ溜まり、結果的に溶けた燃料を冷やしているのでは無いかと思います。
事故は収束したのではなく、今も進行中です。
結果的に、安定しているだけなのです。
スポンサーサイト


1号機「水位40センチ」 格納容器下部に穴 漏水か2012年5月22日 07時02分 東京電力福島第一原発1号機には毎時六トン前後の冷却水が注入されているのに、格納容器内の水位はわずか四十センチほどしかない可能性が、原子力安全基盤機構(JNES)の解析で分かった。... ...

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。