≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がれき溶融まず6トン 島田市が本格開始
中日新聞 2012年5月24日
 岩手県山田町の震災がれき処理で二十三日、島田市は本格受け入れの第一弾として、同市伊太のごみ処理施設田代環境プラザで木材チップ約十トンの焼却(溶融)を開始。静岡市も同市葵区の西ケ谷清掃工場で、木材チップ二十九トンの試験焼却を始めた。
 島田市のがれき焼却は、東北地方以外では東京都に次いで全国二例目。静岡市の試験焼却は島田市、裾野市に続いて静岡県内で三例目となる。
 島田市では、木材チップにコンクリート片や石が混じっているのが見つかり、市は作業を中断して県や地元自治会と協議。原因が究明されるまで焼却を延期することを決めた。県は山田町に職員を派遣して現地の作業工程を確認する。
 木材チップはコンテナ五基分。午後三時ごろから、ごみピットで順次焼却。三基分計約六トンを投入後、放射能濃度を測定するため、四基目のコンテナからサンプルを採取していてコンクリート片を発見。四、五基目から計六個の石も見つかった。
 関係者の協議で、残り計約四トンの焼却を延期し、施設内に一時仮置きすることを決めた。約六トンは二十四日中に焼却を終え、二十五日に同市阪本の最終処分場に埋める予定。
◆静岡市は試験焼却
 一方、静岡市では木材チップを二百六十一トンの一般ごみと混ぜて焼却、二十四日午前十時に終了の見通し。
 田辺信宏市長や地元の安倍口学区自治会連合会役員らが立ち会い、がれき周辺の空間線量率を計測。搬入前と変わらない毎時〇・〇五~〇・〇六マイクロシーベルトの数値を確認した後、ごみピットに投入した。
 市は六月中旬、岩手県大槌町のがれき三十トンを沼上清掃工場(同市葵区)で試験焼却。二回の結果を踏まえ、八月中旬に本格受け入れの是非を決定する。


コンクリート片や石が混じっているというニュースですが、疑問に感じたのは被災地から静岡に運んでいた木材チップに引っかかりました。
木材チップは恐らく、地震や大津波で倒壊したり住めなくなった木造家屋の木材からできたものです。
木材チップはゴミでは無く、資源で,再利用できるはずです。

木材チップはとても軽いです。
ゴミとして、価値が無い扱いをして、燃焼と処分にお金を掛けて、遠方に運ぶことで更にお金を掛けて、それも軽いからコスト高、そんな高いものを焼却してしまう。
資源として再利用できるのに、非常に勿体ない話しです。

震災の被災地では瓦礫が復興を阻害していることも事実です。
被災地で処理しきれないので、広域処理が必要なのも分かります。
しかし、木材チップは資源であり、再利用できるもので、被災地の復興に役立てるはずです。
木材は自然からできたもの、土から出来たものです。
被災地の埋め立てや防災林の盛り土など、十分使えるはずです。
わざわざ化石燃料を使って(=二酸化炭素を排出して)、遠くまで運び、燃焼させて閉じ込めていた二酸化炭素を出すなんて、時代に逆行しています。
できるだけ、近くで被災地のために再利用することが望ましいです。
スポンサーサイト


がれき溶融まず6トン 島田市が本格開始中日新聞 2012年5月24日 岩手県山田町の震災がれき処理で二十三日、島田市は本格受け入れの第一弾として、同市伊太のごみ処理施設田代環境プラザで木材チップ約十トンの焼却(溶融)を開始。静岡市も同市葵区の西ケ谷清掃工場で?... ...

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。