≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

東電の利益構造「ようやく分かった」=不透明さ批判―枝野経産相
時事通信 5月24日(木)6時1分配信
 枝野幸男経済産業相は23日夜のBSフジの番組で、東京電力<9501>が利益の9割を家庭向けから得ていたことについて「経産省もようやく分かったところだ」と述べ、同社の経営の不透明さを批判した。経産省は東電に対し利益構造の詳細な資料の提出を求めていたが、これまで提出されていなかった。枝野経産相は「大口(の契約者への)優遇策については答えていない。さらに透明性を高めないといけない」と語った。 

電気料金「取れるとこから…」企業向け11円、家庭用22円
JCASTテレビウォッチ2012/5/25 12:40
野田首相が「原発ゼロ状態がこのまま続けば、国民生活や経済活動に大きな支障が出る」と答弁していることについて、司会のみのもんたが「首相は本気で原発再稼働を考えているのでしょうか」とコメンテーターの与良正男(毎日新聞論説委員)に聞いた。
与良は苦笑しながら「何が何でも原発を再稼働させるのだということが顔に書いてある」
販売比率と利益比率逆転
「朝ズバッ!」は大飯原発から半径30キロ圏内にある滋賀県高島市と京都府舞鶴市のそれぞれの住民50人に聞いた。アナウンサーの加藤シルビアは「どちらの市の住民も、半数以上が再稼働には反対でした」と伝える。野田は原発ゼロでは電気料金も大幅に上がって、家計を直撃するというのだが、みのは呆れ顔でこう言う。「東電の年間利益のうち9割が家庭用電気料金。企業向け電気料金による利益はたったの1割ということが明らかになりました」
加藤「年間の電力の販売比率は企業向けが62%、家庭用が38%ですが、利益では逆転しています。企業向け電気料金は1キロワット時11円ですが、家庭用は22円と2倍で、この差が利益を生み出しています」
みの「取れるところから取るということか」
与良「企業向けの電気料金では自由化が進んでいるが、家庭用は自由化されていない。この構造が問題ですよ」
こうした利益構造の問題点は昨秋(2011年)に指摘されており、経済産業省は2000年の電力料金自由化が始まったときから電力会社の利益構造を知っていた。経済ジャーナリストの荻原博子さんは「一般家庭は電力会社を選べません。言い値で買わされる環境に置かれているわけです。今回の問題の元凶はここにあります」と話す。
経団連や大手企業経営者が原発再稼働の尻を叩き、料金値上げに抵抗しているのは、「これまで通りに安い電気を回せ。そのツケは一般家庭と原発に押しつけろ」ということだ。


大口利用者が電気の6割を使用しているにも係わらず、儲けは1割しか負担せず、家庭が4割しか使っていないのに、9割も儲けを負担していたことを、これまで公表せずに黙ってきました。
電気代は大口は安く、家庭は高くして、利益を確保してきた、家庭は大口の犠牲になってきたとも言えます。
東電は極端ですが、他の電力会社は家庭向けが7割負担で、企業向けの収益不足を家庭向けで補っている構図は同じです。

企業は文句を言うし、同じ産業側というお仲間の立場、しわ寄せは大人しい一般消費者となります。
知らぬは馬鹿な国民ばかりです。
原発利権もそう、ダム利権もそう、利権者の間で物事を決め、美味い汁の情報は利権者以外の大衆に隠蔽し、広く浅く負担させる構図は全く同じです。

総括原価方式で、利益が保証されていて、企業向けが自由化で値上げしにくいなら、その差は家庭向けの電気料金で帳尻合わせをするしかありません。
電力会社、経産省では常識だったと思います。
知らぬ存ぜぬは通らないし、嘘です。

そもそも、日本は産業優先で、消費は二の次、電力自由化する前から、企業向けと家庭向けと歴然とした差があったと思います。
消費があるからこそ、産業も振興できるのであって,車の両輪なのに、行政は産業と癒着し、産業ばかり重視します。
未だにその姿勢は変わらず、消費に対応した行政をする気はなく、未だに力を持たせていません。

柏崎刈羽原発が停止し燃料代が高騰したからと東電は意味不明の説明をしています。
本当は上記の通りでしょう。
電気料金は家庭向けが企業向けの2倍以上と言います。
家庭向けはメーターの設置など費用が掛かると言いますが、ちゃんと積算して根拠を示すべきです。

総括原価方式は資産が大きいほど、利益が出る仕組みです。
原発など資産が大きいほど、大量に電気を浪費するほど、利益が出ます。
原発依存・総括原価方式は、重厚長大、大量生産大量消費、使い捨ての20世紀のシステムであり、過去の遺物で、21世紀の省エネ、省資源、資源エネルギーの有効利用に逆行した仕組みです。
節約する方が快適で、儲かるという仕組みにしなくてはいけません。
過去のシステムにしがみついていては、日本の進歩と発展はありません。
過去のシステムにしがみついているから、新たな革新的な技術やシステム、産業が生まれないので、日本は停滞してるのだと思います。
政官業の癒着という巨大な既得権益がそれを阻んでいます。
スポンサーサイト


東電の利益構造「ようやく分かった」=不透明さ批判―枝野経産相時事通信 5月24日(木)6時1分配信 枝野幸男経済産業相は23日夜のBSフジの番組で、東京電力が利益の9割を家庭向けから得ていたことについて「経産省もようやく分かったところだ」と述べ、同社の経営の不透明?... ...
1 :帰社倶楽部φ ★:2012/05/29(火) 12:30:57.95 ID:???0 関西電力の大飯原発を電力不足の夏だけ再稼働させてはどうかという橋下徹・大阪市長の提案について、枝野幸男経済産業相は29日の閣議後会見で、「政... ...

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。