≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<生活保護費>支給水準引き下げを検討 小宮山厚労相
毎日新聞 5月25日(金)21時17分配信
 小宮山洋子厚生労働相は25日の衆院社会保障と税の一体改革特別委員会で、生活保護費の支給水準引き下げを検討する考えを示した。また、生活保護受給者の親族らが受給者を扶養できる場合、親族らに保護費の返還を求める考えも示した。
 生活保護をめぐっては、人気お笑いコンビ、「次長課長」の河本準一さんが同日の記者会見で、自分の母親の受給について「適切でなかった」と謝罪した。生活保護受給者は209万人(今年2月時点)と過去最多を更新し続けているが、親族の扶養義務が徹底されていない点も一因とされており、永岡桂子氏(自民)が小宮山氏の見解をただした。
 厚労相の諮問機関、社会保障審議会は現在、生活保護費の支給水準を検証中。都市部では保護費の方が基礎年金より高く、自民党は「生活保護の給付水準の10%引き下げ」を掲げている。保護費カットへの対応について小宮山氏は「御党の提案も参考にしながら検討したい」と述べた。
 また、受給者の親族に一定の所得などがある場合について「一般的には、高額収入があり十分扶養できるのに仕送りしないケースは制度の信頼を失う」と批判し、「明らかに扶養可能と思われる場合は家庭裁判所への調停手続きを積極活用する」と語った。【坂口裕彦】


この期に乗じて,生活得保護費の1割カットを自民党が要請し、小宮山大臣も、厚労省・財務省が渡りに船を検討するとしています。
生活保護問題は複雑で、深い問題なので、バッシングの風潮をそのまま受けて,短絡的に進めるのは如何なものかと思います。

生活保護は国民年金と比べ高く、医療扶助など手厚いものがあり、そのバランスが崩れているという問題もあります。
また、国民年金だけで、生活は困難という別の問題もあります。
年金が少ないため、将来が不安で、貯蓄に励み、消費に回らず、景気が良くなりにくいということに繋がります。
だから、労働ばかりで、人生をエンジョイする考えにもなりません。

生活保護世帯の急増は,小泉自民党政権による新自由主義の導入で、OPECでアメリカに次いで2番目の貧困率という問題もあります。
格差を容認する自民党的な、更に困窮を増やす生活保護費の総量カットで無く、根っこである貧困率の解消の方が重要であるのは言うまでもありません。

下々同志がバッシングし合うという今の社会風潮も大きな問題です。
お上は自分たちや社会の仕組みに目が行かず、内部抗争に勤しんでいるのをほくそ笑んでいます。
大人しい国民は社会のあり方に目を向けず、格差を受け入れてしまい、かつての身分制度の如く、上と闘わずに、より下がいるからマシ、不満の捌け口としてより下を叩くとなっているのかも知れません。
生活保護費のずるはいけませんが、お上がシロアリとなって,甘い汁を吸い続けるのは、もっといけません。

生活保護を貰い得と考えている輩が増えてきているのは確かです。
厳重な取り締まりは、役人の数や予算の関係で十分には行えそうにもありません。
ズルをするというのは、彼らだけではありません。
シロアリ化している官僚のように、上から下まで、そういう風潮にあります・
それを正さない限り、無くならないでしょう。
この利益ばかりを追求していくと、こう言う社会になります。
自分の損得だけで無く、他の損得、社会全体の損得を考えられる人たちを多数にしていくと、こう言う不正は格段に減るのでは無いかと思います。

憲法の「国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とあります。
国民は健康で文化的な最低限度の生活とはどんなものか、生活保護世帯はそれより上か下か、年金生活者は最低限は守れているのか、最低賃金で最低限度の生活はできるのか、など様々な矛盾が露呈し、放置されたままになっています。
格差社会、バッシング社会ではなく、脱落者や落伍者を無くす社会に向けて、セーフティネットのあり方を含め、社会のシステムや仕組みを考え直す時期に来ていると思います。
スポンサーサイト


<生活保護費>支給水準引き下げを検討 小宮山厚労相毎日新聞 5月25日(金)21時17分配信 小宮山洋子厚生労働相は25日の衆院社会保障と税の一体改革特別委員会で、生活保護費の支給水準引き下げを検討する考えを示した。また、生活保護受給者の親族らが受給者を扶養でき... ...

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。