≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

大飯問題で関西連合「暫定的安全前提に判断を」
 関西広域連合(連合長・井戸敏三兵庫県知事)は30日、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に関する声明を発表した。
 新たな原子力規制機関が発足していないことを踏まえ、「再稼働については、政府の暫定的な安全判断であることを前提に、限定的なものとして適切な判断をされるよう強く求める」としている。

(2012年5月30日18時30分 読売新聞)
大飯再稼働、近く最終決断=首相「私の責任で」-福井に理解求める・政府
 政府は30日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向け、野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚の会合を首相官邸で開催した。野田首相は再稼働について、関西広域連合などを念頭に「関係自治体の一定の理解は得られつつある」との認識を表明。その上で「福井県、おおい町の判断が得られれば、関係閣僚会合で議論し、最終的に私の責任で判断する」と述べ、地元の判断を受けて再稼働を最終決定することを示唆した。
 首相は、東京電力福島第1原発のような事故を繰り返さないために、安全対策が整っていると説明。「再稼働ありきではなく、あくまで安全性ありきだ」と安全面を重視する考えを改めて表明。さらに「社会全体の発展のため、原発は引き続き重要だ」として、地元の判断を促す姿勢を示した。枝野経産相も「福井県とおおい町の理解を得るべく全力を挙げる」と強調した。(2012/05/30-23:30)

橋下氏「政権打倒」を撤回…安全基準暫定容認で
 大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は1日、関西電力大飯原子力発電所(福井県おおい町)3、4号機の再稼働を巡り、「民主党政権を倒す」としていた自らの発言を撤回する考えを明らかにした。大阪市役所で記者団に語った。細野原発相が5月30日の関西広域連合の会合で、橋下氏が主張する「再稼働を判断した安全基準は暫定的なもの」との見解を受け入れたためで、橋下氏は「(倒そうとする)前提事実がなくなった」と述べた。
 橋下氏は「『倒閣』は人生で1回使うかどうかのフレーズ。今後は慎重に使う」とも語った。ただ、引き続き夏場限定の稼働論を主張しており、野田政権の対応次第では再び対決姿勢を鮮明にするとみられる。
(2012年6月2日 読売新聞)


小沢氏の検察役弁護人の控訴に引き続き、脱力感でいっぱいです。
関西広域連合の首長たち、偉そうに言いながら、実はへたればっかりでした。
臨時的再稼働を口にした橋下知事がきっかけで、当初のシナリオが行けると踏んだ政府は渡りに船と、一気に単純シナリオを薦めることを決断しました。
彼が白旗を振り、政府の再稼働を後押しした張本人で,一級戦犯です。
こんな体たらくで、彼が日本の官僚を使いこなすことは不可能だと感じました。
やはり、財界の支援も欲しい彼には、、既得権益は壊せないと思います。

事故前と同様、政府のシナリオは利権者だけで決定し、再稼働のゴーサインを出すことです。
そこで、唯一ブレーキとなったのが、立地自治体で無いが、同等に被害を受けることになる周辺自治体の理解でした。
周辺自治体を含む、関西広域連合が安全で無いとして再稼働に反対し続ければ、出来たはずです。

政府からもの凄い圧力があったというなら、それを逐次、全て公表すれば良いのです。
議会の再稼働反対の決定をしても良いし、住民投票を行って、住民の意思を顕在化すれば、如何に政府が決断と言っても、それを無視できないはずです。

フクシマで学んだことは、想定外にも対応できるよう事故後対応を含めた万全の対策を講じないと、原発は動かしてはいけないことです。
暫定基準といえども安全は満たされておらず、期間限定といえども安全不十分なままでの稼働は、事故前と一緒です。
東北大震災並みの大津波が来ても、原子炉は大丈夫、これはフクシマ事故前の想定を置いているのと同じ論理です。
今の段階で考え得る安全対策を全部講じるのが、誰が考えても適切な安全基準だと思うのですが。
それを全て講じるまでは安全とは言えず、原発を動かしてはいけないというのが原発事故からの教訓の筈です。

暫定基準だから夏だけの暫定的再稼働と、橋下市長、情けないことに嘉田知事までも言っていますが、その担保は無く、官房長官は即座に否定しています。
新基準だと言ってきた政府は、暫定基準と認めましたが、政府内の規制庁が出来て新基準までと言っていますが、原発ムラ出身者が暫定基準をひきつぐ可能性すらあります。
目的は原発無しで夏を乗り切れることがばれないよう、原発を維持し続けることが目的なので、夏限定にする気など無いでしょう。
既にストレステストが終わった原発が目白押しに控えており、次々と原発を再稼働させることでしょう。

国民世論は、政府の原発の安全基準は安全では無い、この夏は再稼働無く節電で頑張るという意見が圧倒的です。
再稼働せず、原発無しで乗り切りたいと大半の国民は考えています。
何故日本は、国民の意志が反映しない政治にならないのでしょうか。
日本には民主主義は存在しない,脱力感でいっぱいです。
国民の意志がどうであろうと、こういう政官業の癒着で、国民は蚊帳の外、三者の中で決定し、官僚がその中心にいて、日本を動かしています。
政官業、誰も責任をとらない、原発事故を見ても明らかです。
こう言う政官業癒着政治、既得権益者だけで進める政治、その要になるのが官僚主導政治、これらを壊そうと期待したのが政権交代の民主党、その民主党は豹変し、政官業癒着の政の中にずっぽり組み込まれ,ミイラ取りがミイラになっています。
日本の前途は真っ暗です。


野田首相は責任を持って消費税の政治生命をかけると同様、決断すると言っていますが、もし事故が起これば、野田首相が自殺して責任をとって貰っても、その程度で、国民は責任をとったとは思わないでしょう。
勿論、そんな気概は無いでしょう。
スポンサーサイト


大飯問題で関西連合「暫定的安全前提に判断を」 関西広域連合(連合長・井戸敏三兵庫県知事)は30日、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に関する声明を発表した。 新たな原子力規制機関が発足していないことを踏まえ、「再稼働については... ...

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。